塚正 泰之

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/31 15:01
 
アバター
研究者氏名
塚正 泰之
 
ツカマサ ヤスユキ
URL
http://suisanriyouken.sakura.ne.jp/riyo/top.htm
所属
近畿大学
部署
農学部 水産学科
職名
教授
学位
博士(農学)(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
現在
近畿大学 農学部 教授
 
2002年4月
 - 
2008年3月
近畿大学 農学部 准教授
 
2001年
 - 
2002年
 近畿大学農学部 助教授
 
1997年
 - 
2001年
 近畿大学農学部 講師
 
1979年
 - 
1997年
 丸大食品(株) 研究員
 

学歴

 
 
 - 
1979年
大阪大学 工学部 醗酵工学
 

論文

 
OM-X, a Fermented Vegetables Extract, Facilitates Muscle Endurance Capacity in Swimming Exercise Mice
Tomohiro Itoh, Yasuyoshi Miyake, Takayuki Yamaguchi, Shota Tsukaguchi, Rena Mitarai, Miyuki Enomoto, Seiya Ensho, Yoshie Shimomiya, Yuki Nakamura, Masashi Ando, Yasuyuki Tsukamasa, Muneaki Takahata
Natural Product Communications   12 111-114   2017年   [査読有り]
Inhibitory Effects of Echinochrome A, Isolated from Shell of the Sea Urchin Anthocidaris crassispina, on Antigen-Stimulated Degranulation in Rat Basophilic Leukemia RBL-2H3 Cells through Duppression of Lyn Activation
Tomohiro Itoh, Azusa Fujiwara, Masayuki Ninomiya, Toshimichi Maeda, Masashi Ando, Yasuyuki Tsukamasa, Mamoru Koketsu
Natural Product Communications   11 1303-1306   2016年   [査読有り]
OM-X®, Fermented Vegetables Extract Suppresses Antigen-Stimulated Degranulation in Rat Basophilic Leukemia RBL-2H3 Cells and Passive Cutaneous Anaphylaxis Reaction in Mice
Tomohiro Itoh, Yasuyoshi Miyake,Takuya Kasashimaa, Yoshie Shimomiya, Yuki Nakamura, Masashi Ando, Yasuyuki Tsukamasa, Muneaki Takahata.
Natural Product Communications   10 1597-1601   2015年   [査読有り]
A synthesized nostocionone derivative potentiates programmed cell death in human T-cell leukemia Jurkat cells through mitochondria via the release of endonuclease G
Tomohiro Itoh, Yuji Muramatsu, Masayo Masu, Ayaka Tsuge, Masaki Taniguchi, Masayuki Ninomiya, Masashi Ando, Yasuyuki Tsukamasa, Mamoru Koketsu
Nutrition and Cancer   66 1414-1423   2014年   [査読有り]
Regulation of the differentiation of osteoblast and osteoclast by a hot-water extracts of adzuki beans (Vigna angularis)
Tomohiro Itoh, Masahiro Nakamura, Hirohisa Nakamichi, Masashi Ando, Yasuyuki Tsukamasa, Yukio Furuichi
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   78 92-99   2014年   [査読有り]

Misc

 
氷温貯蔵によるマサバ筋肉の軟化現象の遅延効果
氷温科学   5, 8-14    2002年

書籍等出版物

 
食品加工・保蔵学
塚正 泰之 (担当:分担執筆)
講談社   2017年7月   
クロマグロ完全養殖
塚正 泰之 (担当:分担執筆)
成山堂書店   2010年3月   
生鮮マグロ類の高品質管理
塚正 泰之 (担当:分担執筆, 範囲:養殖技術改良によるマグロ類肉質の劣化防止)
恒星社厚生閣   2010年1月   
水産物の安全性-生鮮品から加工食品まで-
恒星社厚生閣   2001年   
食品学各論
講談社サイエンティフィク   2001年   

講演・口頭発表等

 
魚類筋肉における過冷却保存の試み
安藤 正史, 岡田空太, 塚正 泰之, 他2名
平成15 年度氷温学会大会(米子)   2003年9月   平成15 年度氷温学会大会(米子)
魚肉を過冷却保存した際の品質保持効果について検討した。
絶食による養殖マグロ普通筋の品質改良に関する研究Ⅰ
熊井 英水, 安藤 正史, 瀬岡 学, 澤田 好史, 宮下 盛, 塚正 泰之, 岡田 貴彦
2006年3月   
絶食による養殖マグロ普通筋の品質改良に関する研究Ⅱ
熊井 英水, 塚正 泰之, 安藤 正史, 瀬岡 学, 澤田 好史, 宮下 盛, 川﨑 賢一, 岡田 貴彦
2006年3月   

競争的資金等の研究課題

 
冷凍中のNAD分解による魚肉の変色遅延効果
文部科学省: 科学研究費助成事業(基盤研究C)
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 塚正 泰之
培養細胞を利用した養殖クロマグロ品質改善システムの構築
文部科学省: 科学研究費助成事業(基盤研究C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 塚正 泰之
水産食品の品質に関する研究
研究期間: 2001年 - 2010年

特許

 
特許第4615481号 : 旨味調味料およびその製造法
川崎 賢一, 塚正 泰之, 安藤 正史, 村上 哲男