永福 智志

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/09 02:57
 
アバター
研究者氏名
永福 智志
 
エイフク サトシ
所属
福島県立医科大学
部署
医学部 医学科
職名
主任教授,その他
学位
博士(医学)(富山医科薬科大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1994年
 - 
2005年
:富山医科薬科大学 医学部 生理学 (第2) 講座 
 
 
   
 
助手
 
1994年
 - 
1997年
:US : アメリカ合衆国 米国 国立衛生研究所 国立眼研究所 感覚運動研究室
 
 
   
 
客員研究員
 
2005年
 - 
2005年
:富山医科薬科大学 医学部 生理学 (第2) 講座 
 

学歴

 
 
 - 
1994年
富山医科薬科大学 医学研究科 生理系専攻
 
 
 - 
1990年
富山医科薬科大学 医学部 
 

委員歴

 
2011年4月
   
 
国際意識科学会  
 
1995年4月
   
 
北米神経科学会  
 
1990年9月
   
 
日本神経科学会  
 
1990年9月
   
 
日本生理学会  
 
2015年1月
   
 
日本生理学会  生理学エデュケーター
 

Misc

 
An exhaustive search and stability of sparse estimation for feature selection problem
Nagata K, Kitazono J, Nakajima S, Eifuku S, Tamura R, Okada M
情報処理学会論文誌・数理モデル化と応用   8 23-30   2015年
相貌認知の生理学
永福智志
Clinical Neuroscience   32 149-152   2014年
Neural representations of perceptual and semantic identities of individuals in the anterior ventral inferior temporal cortex of monkeys.
Eifuku S
Japanese Psychological Research   56 58-75   2014年
Effects of tilted orientations and face-like configurations on visual search asymmetry in macaques.
Nakata R, Eifuku S, Tamura R
Animal Cognition   17 67-76   2014年
新学術領域「学際的研究による顔認知メカニズムの解明」に参画して
山口真美,永福智志
基礎心理学研究   32 152-155   2013年

書籍等出版物

 
第4版 カールソン神経科学テキスト 脳と行動
丸善   2013年   
顔を科学する
東京大学出版会   2013年   
第3版 カールソン神経科学テキスト 脳と行動
丸善   2010年   
第2版 カールソン神経科学テキスト 脳と行動
丸善   2007年   
カールソン神経科学テキスト 脳と行動
丸善   2006年   

講演・口頭発表等

 
A comparison between the firing activities of rat basolateral amygdala neurons in a socially interactive situation and in a novel environment
International Symposium "Vision, Memory, Thought: How Cognition Emerges from Neural Network"   2014年   
注意セット転換課題遂行中のラットにおける前頭前皮質腹内側部ニューロンの多様な応答性
第37回位 日本神経科学大会   2014年   
青斑核ノルアドレナリンニューロン除去マウスにおける覚醒状態の変化
第91回 日本生理学会   2014年   
青斑核ノルアドレナリンニューロン除去マウスにおける覚醒状態の変化
第90回日本生理学会大会   2014年   
青斑核ノルアドレナリンニューロンの選択的破壊時の音刺激に対する反応
第45回 東北生理談話会   2013年   

競争的資金等の研究課題

 
1. 社会的認知・行動の神経機構に関する研究 2. 視覚認知・記憶の神経機構に関する研究 3. 統合失調症モデル動物における異常行動発現メカニズムに関する研究 4. 睡眠・覚醒の神経性調節機構に関する研究