澤井 大輔

J-GLOBALへ         更新日: 08/01/11 00:00
 
アバター
研究者氏名
澤井 大輔
 
サワイ ダイスケ
所属
東京理科大学
学位
理学博士(東京理科大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1999年
 - 
2001年
日本学術振興会 特別研究員
 
2001年
 - 
2007年
東京理科大学理学部応用化学科 助手
 
2007年
   
 
-   東京理科大学理学部応用化学科 助教
 

学歴

 
 
 - 
2001年
東京理科大学 理学研究科 化学専攻
 
 
 - 
1996年
東京理科大学 理学部 応用化学科
 

委員歴

 
2002年
 - 
2002年
繊維学会  繊維学会夏期セミナー実行委員
 
2005年
 - 
2006年
繊維学会  平成18年度繊維学会年次大会実行委員およびセッションオーガナイザー(繊維とフィルムの物理)
 
2003年
 - 
2008年
日本レオロジー学会  高分子加工技術討論会実行委員
 
2006年
 - 
2008年
繊維学会  企画委員
 
2006年
 - 
2008年
繊維学会  関東支部役員(会計)
 

受賞

 
2007年
繊維学会 人材育成事業賞(若手研究助成)
 

Misc

 
Mechanical Oproperties and Changes in Chemical Structure
Yokoyama S., Enomoto T., Sawai D., Kanamoto T.
高分子論文集   64 387-393   2007年
Sawai D., Higuchi N., Kanamoto, T., Hyon, S. H.
SEN-I GAKKAISHI   63(3) 53-59   2007年
ゼロエミッションを目指した廃棄物系バイオマス由来高分子の高性能化
澤井大輔
平成17年度東京理科大学自然とともにある特別研究助成金報告書   83-85   2006年
高分子重合体粉の超延伸法:環境に優しいプロセス
金元 哲夫、澤井 大輔
マテリアルインテグレーション   15(3) 11-13   2002年
遠田 順, 澤井 大輔, 金元 哲夫, 伊藤 眞義
SENI GAKKAISHI   58(7) 262-267   2002年

書籍等出版物

 
固相押出法により作製されたポリフッ化ビニリデンβ型フィルムの特異な構造と物性
高分子加工 Vol.53(1)   2004年   
高分子固体の極限構造制御と極限物性
全国繊維科学研究要覧   2004年   
若手特集企画「繊維学会の思い出」
繊維学会誌60周年記念号   2004年   
高分子材料・技術総覧
(株)産業技術サービスセンター   2004年   
マテルアルインテグレーション 特集 21世紀に開花するニューマテリアルとそのテクノロジーへの招待  解説タイトル:高分子重合体粉末の超延伸法:環境に優しいプロセス
(株)ティー・アイ・シィー   2002年   

講演・口頭発表等

 
SPMナノスクラッチにより評価したポリ乳酸フィルム表面の構造と物性
SIIナノテクノロジー 走査型プローブ顕微鏡セミナー2007   2007年   
環境循環型バイオ, プラスチックの高性能高機能化技術開発
イノベーション・ジャパン2007   2007年   
結晶構造の異なるポリ乳酸の結晶弾性率
第19回高分子加工技術討論会   2007年   
ポリL-乳酸/ポリD-乳酸ブレンドの延伸による物性と構造変化
第56回高分子討論会   2007年   
ナノコンポジットおよび立体相補的会合化を利用した高耐熱性ポリ乳酸の開発
第16回ポリマー材料フォーラム   2007年   

競争的資金等の研究課題

 
高分子の構造と物性
固体高分子の構造と物性を制御し、要求物性を発現させる。