水垣 共雄

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/17 03:00
 
アバター
研究者氏名
水垣 共雄
 
ミズガキ トモオ
所属
大阪大学
部署
基礎工学研究科 物質創成専攻
職名
准教授
学位
工学修士(大阪大学), 博士(工学)(大阪大学)
その他の所属
大阪大学

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
   
 
- 大阪大学大学院基礎工学研究科 助教
 

学歴

 
 
 - 
1999年
大阪大学 基礎工学研究科 化学
 
 
 - 
1993年
大阪大学 基礎工学部 化学工学
 

受賞

 
2007年
平成18年度触媒学会奨励賞
 
2008年
平成19年度大阪大学教育・研究功績賞
 

論文

 
固定化水相触媒
KANEDA Kiyotomi, MIZUGAKI Tomoo
触媒   38(1) 49-50   1996年4月
Catalysis by Polymer-Bound Rh Clusters. Selective Hydrogenation of α, β-Unsaturated Aldehydes to Allylic Alcohols in the Presence of H2 and CO
KANEDA Kiyotomi, MIZUGAKI Tomoo
Organometallics      1996年7月
Highly Chemoselective Reduction of Aldehyde Function Catalyzed by Polymer-Bound Rh6 Cluster Complex under Water-Gas Shift Reaction Conditions
MIZUGAKI Tomoo,EBITANI Kohki,KANEDA Kiyotomi
Tetrahedron Letters      1997年4月
Catalysis by Polymer-Bound Rh6 Carbonyl Clusters. Selective Hydrogenation of Carbonyl Compounds in the Presence of CO and H2O
MIZUGAKI Tomoo,EBITANI Kohki,KANEDA Kiyotomi
Applied Surface Science      1997年11月
Chemoselective Transfer Hydrogenation of α, β-Unsaturated Aldehydes to Allylic Alcohols Using Formic Acid Catalyzed by Polymer-Bound Rh Carbonyl Clusters
MIZUGAKI Tomoo,KANAYAMA Yoshinori,EBITANI Kohki,KANEDA Kiyotomi
Journal of Organic Chemistry      1998年4月

Misc

 
グリーンケミストリーの実現に向けての触媒設計
生産と技術   51(3) 5   1999年
MIZUGAKI T, EBITANI K, KANEDA K
Applied Surface Science   121/122 360-365   1997年
MIZUGAKI T, KANAYAMA Y, EBITANI K, KANEDA K
Journal of Organic Chemistry   63(7) 2378-2381   1998年

Works

 
Bio-Inspiredナノケミカルファクトリーの創成(基礎工学部 未来ラボ)
2004年

競争的資金等の研究課題

 
高分子固定化金属錯体の触媒設計に関する研究
金属ナノ粒子触媒の開発
環境調和型触媒反応の開発