関口 清俊

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/25 00:00
 
アバター
研究者氏名
関口 清俊
 
セキグチ キヨトシ
所属
大阪大学
部署
蛋白質研究所
職名
教授
学位
理学博士

研究分野

 
 

委員歴

 
1991年
   
 
日本生化学会  評議員
 
1992年
   
 
日本細胞生物学会  評議員
 
1997年
   
 
日本組織工学会  理事
 
1998年
   
 
日本結合組織学会  評議員
 

受賞

 
1997年
JB論文賞
 

Misc

 
がん細胞とフィブロネクチン
「細胞認識と動物レクチン」, 講談社サイエンティフィク   194    1982年
がん細胞の膜生物学
「化学(増刊)細胞の認識応答と膜」, 化学同人      1983年
Fibronectin, laminin, and other extracellular matrix glycoproteins.
In Extra- cellular Matrix Biochemistry (Piez, K.A., & Reddi, A. H., eds.), Elsevier Science Publishing Co. Inc.      1984年
Engineering of cell adhesive proteins by isertion of the Arg-Gly-Asp-Ser tetrapeptide.
n Protein Engineering: Protein Design in Basic Research, Medicine, and Industry (Ikehara, M., ed.), Japan Scientific Societies Press      1990年
基質糖蛋白質の異常と予後
「がんの予後因子」, 協和企画通信   61    1990年

書籍等出版物

 
細胞-基質間接着の分子機構とシグナル伝達
多細胞体の構築と細胞接着システム(共立出版)   2001年   

Works

 
基底膜結合型インテグリンを介するシグナル伝達と活性制御の分子機構
2004年
細胞外基質因子による腫瘍血管新生の制御機構の解析
2004年
基底膜による上皮の形成および機能分化の制御機構
2004年
細胞外マトリックスのカスタマイゼーションとその細胞識別機構
2006年
細胞による基底膜識別機構とそれに共役した細胞内情報伝達機構の解析
2006年

競争的資金等の研究課題

 
細胞接着分子の生化学的研究
人工細胞外環境の設計