田中 重人

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/06 04:18
 
アバター
研究者氏名
田中 重人
 
タナカ シゲト
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/4d02c52c59ed86136d1d74f631d8226a.html
所属
東北大学
部署
大学院文学研究科 言語科学専攻 日本語教育学講座 日本語教育学分野
職名
准教授
学位
修士(人間科学)(大阪大学), 博士(人間科学)(大阪大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2001年
 - 
2002年
日本家族社会学会  データベース委員(2001-2002)
 
2003年
   
 
日本家族社会学会  全国家族調査委員会委員
 
2001年
 - 
2012年
日本社会学会  データベース委員会委員
 

受賞

 
2003年
東北大学男女共同参画奨励賞 (沢柳賞)
 

Misc

 
「妊娠・出産に関する正しい知識」が意味するもの: プロパガンダのための科学?
田中 重人
生活経済政策   230 13-18   2016年
Gender gap in equivalent household income after divorce
TANAKA Sigeto
A Quantitative Picture of Contemporary Japanese Families: Tradition and Modernity in the 21st Century   321-350   2013年
The Family and Women's Economic Disadvantage: A Micro-macro Problem for Distributive Justice
TANAKA Sigeto
Gender Equality in Multicultural Societies   215-234   2010年
Principal Earner and Accommodator in Household: An illustration of gender stratification process in contemporary Japan
Tanaka Sigeto
Gender Law and Policy Annual Review   1 25-48   2004年
ライフスタイル中立的な平等政策へ: 両立政策は正当化できるか
田中 重人
ジェンダー法・政策研究叢書12 男女共同参画推進のために: 政策提言      2008年

書籍等出版物

 
A Quantitative Picture of Contemporary Japanese Families: Tradition and Modernity in the 21st Century
Tohoku University Press   2013年   ISBN:978-4-86163-226-6
雇用・社会保障とジェンダー (ジェンダー法・政策研究叢書 第9巻)
東北大学出版会   2007年   
Reconciling Work and Family: issues and policies in Japan (Conditions of Work and Employment Series No. 5)
International Labour Office   2003年   
性別分業の分析: その実態と変容の条件
関西学院大学出版会   2000年   
吹田市民のコミュニティ・ネットワークに関する調査報告書
大阪大学大学院人間科学研究科社会環境学講座先進経験社会学研究分野   2001年   

講演・口頭発表等

 
The Scope of Altruism: patriarchy and the modern family under Japanese law and norms
Annual conference, International Association for Feminist Economics   2006年   

Works

 
吹田市民のコミュニティ・ネットワークに関する調査
1999年
全国家族調査
1998年 - 2000年
吹田市民のコミュニティ・ネットワークに関する調査
1999年 - 2000年
現代日本の社会階層に関する全国調査研究
1994年 - 1997年

競争的資金等の研究課題

 
階層論の枠組による性別格差と平等政策の研究
科学研究費補助金
研究期間: 1998年   
社会学文献情報データベースを基盤とした研究者コミュニティの再創造
科学研究費補助金
研究期間: 2011年   
少子高齢化社会の家族変動: ミクロデータ分析によるアプローチ
共同研究
研究期間: 2008年 - 2012年
複雑な構造を持つ社会調査データ分析のための汎用プログラムの開発
経常研究
研究期間: 1993年   
社会調査における非回収および無効回答の研究
科学研究費補助金
研究期間: 2000年