土屋 文

J-GLOBALへ         更新日: 10/04/22 00:00
 
アバター
研究者氏名
土屋 文
 
ツチヤ ブン
URL
http://www-lab.imr.tohoku.ac.jp/~wshikama/
所属
名城大学
部署
理工学部 教養教育
職名
助教
学位
工学博士(名古屋大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
2003年
 - 
2006年
日本原子力学会  「核燃焼炉におけるプラズマ・壁相互作用」研究専門委員
 
2005年
 - 
2006年
日本原子力学会  材料部会・庶務幹事
 

受賞

 
2005年
The Best Poster Presentation Award
 

Misc

 
Re-Emission of Hydrogen Implanted into Graphite by Helium Ion Bombardment
Journal of Nuclear Materials   (313-316) 274-278   2003年
TSUCHIYA B, NAGATA S, SHIKAMA T, KONASHI K, YAMAWAKI M
Journal of Alloys and Compounds   356/357 223-226   2003年
Oxygen ion-induced detrapping of hydrogen retained in graphite
Nuclear Instruments & Methods in Physics Research B   212 426-430   2003年
TSUCHIYA B, MORITA K
Journal of Nuclear Science and Technology   31(12) 1301-1307   1994年
Energy Dependence of MeV He+ Ion-Induced Detrapping of Hydrogen Trapped Graphite
John Wiley & Sous   ,108-111    1994年

Works

 
イオンビーム法を用いた水素化物中の水素濃度分析の開発
2001年 - 2001年
黒鉛にイオン注入された水素のヘリウムイオン衝撃再放出
2002年 - 2002年
プロトン伝導性酸化物の電気伝導度における水素濃度および温度依存性
2002年 - 2002年
中性子照射されたプロトン伝導性酸化物の熱および電気特性
2002年 - 2002年
反跳粒子検出法を用いた水素化物-酸化物界面の水素移動速度測定
2003年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
放射線化学反応法を利用した燃料電池用固体電解質材料の開発
先端技術開発研究
研究期間: 2006年   
アクチノイド水素化合物による長寿命放射性廃棄物の消滅処理研究
原子力関係研究
研究期間: 1998年 - 2000年
高速炉水素化物中性子吸収材の開発
原子力関係研究
研究期間: 2006年   
ペロブスカイト型酸化物セラミックス中の水素の照射誘起拡散についての研究
原子力関係研究
研究期間: 2002年   
反跳粒子検出法を用いた原子力材料における水素の捕捉と再放出の同位体効果に関する研究
原子力関係研究
研究期間: 2001年