中山 亨

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:16
 
アバター
研究者氏名
中山 亨
 
ナカヤマ トオル
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/2404ee01e454dfc6db01bd478262c241.html
所属
東北大学
部署
大学院工学研究科 バイオ工学専攻 応用生命化学講座
職名
教授
学位
農学博士(京都大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2009年
 - 
2013年
加藤記念バイオサイエンス研究振興財団 選考委員
 
2017年
   
 
- 公益社団法人ビタミン・バイオファクター協会 参与
 
2016年
   
 
- 京都大学生存圏研究所 全国国際共同利用専門委員会 委員
 
2015年
   
 
- 日本技術者教育認定機構(JABEE) 認定会議 分野選任委員
 
2015年
   
 
- 公益財団法人 発酵研究所 選考委員
 

受賞

 
2001年
日本生物工学会第37回斎藤賞
 
2001年
日本化学会年会ポスター賞
 
2001年
第4回生体触媒化学シンポジウム ポスター賞
 
2002年
酵素応用シンポジウム 第3回研究奨励賞
 

Misc

 
A UDP-glucose:isoflavone 7-O-glucosyltransferase from the roots of soybean (Glycine max) seedlings: PURIFICATION, GENECLONING, PHYLOGENETICS, AND AN IMPLICASTION FOR AN ALTERNATIVE STRATEGY OF ENZYME CATALYSIS
Akio Noguchi, Atsushi Saito, Yu Homma, Masahiro Nakao, Nobuhiro Sasaki, Tokuzo Nishino, Seiji Takahashi, and Toru Nakayama
The Journal of Biological Chemistry   282 23581-23590   2007年
Structural and Mutational Studies of Anthocyanin Malonyltransferases Establish the Features of BAHD Enzyme Catalysis
Hideaki Unno, Fumiko Ichimaida, Hirokazu Suzuki, Seiji Takahashi, Yoshikazu Tanaka, Atsushi Saito, Tokuzo Nishino, Masami Kusunoki, and Toru Nakayama
The Journal of Biological Chemistry   282 15812-15822   2007年
Molecular Breeding of Novel Yellow Flowers by Engineering the Aurone Biosynthetic Pathway
Eiichiro Ono, Toru Nakayama
Transgenic Plant Journal   1 66-80   2007年
An Isoflavone Conjugate-hydrolyzing beta-Glucosidase from the Roots of Soybean (Glycine max) Seedlings: PURIFICATION, GENE CLONING, PHYLOGENETICS, AND CELLULAR LOCALIZATION
Hirokazu Suzuki, Seiji Takahashi, Ryoko Watanabe, Yusuke Fukushima, Naoki Fujita, Akio Noguchi, Ryusuke Yokoyama, Kazuhiko Nishitani, Tokuzo Nishino, and Toru Nakayama
The Journal of Biological Chemistry   281 30251-30259   2006年
Yellow flowers generated by expression of the aurone biosynthetic pathway
Eiichiro Ono, Masako Fukuchi-Mizutani, Noriko Nakamura, Yuko Fukui, Keiko Yonekura-Sakakibara, Masaatsu Yamaguchi, Toru Nakayama, Takaharu Tanaka, Takaaki Kusumi, and Yoshikazu Tanaka
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   103 11075-11080   2006年

書籍等出版物

 
構造生物学 —ポストゲノム時代のタンパク質研究—
共立出版   2007年   
タンパク質科学
化学同人   2005年   
新版 ライフサイエンス系の高分子化学
2010年   
酵素 利用技術体系 -基礎・解析から改変・高機能化・産業利用まで-
2010年   ISBN:978-4-86043-271-3
植物色素研究法(III章 色素生合成および遺伝子解析)
2004年   

講演・口頭発表等

 
ヒト消化管常在微生物のエタノール代謝と発がん
第89回日本生化学会大会 in 仙台(シンポジウム3S07 多様な微生物のユニークな酵素・代謝・機能とその応用)   2016年   
Protein–protein interactions of isoflavonoid biosynthetic enzymes with 2-hydroxyisoflavanone synthase (isoflavone synthase, IFS) in soybean (OA-22)
The Fifth International Conference on Cofactors (ICC-05) and Active Enzyme Molecule 2016 (AEM 2016) ICC05-AEM2016   2016年   
実験実習2 生物発光を用いた講義と実験 〜ゲンジボタル・ウミホタル・オワンクラゲ〜
第39回教師のための化学教育講座(日本化学会東北支部化学教育協議会)   2016年   
アルコール依存症患者の大腸内菌叢構造の再解析
第444回ビタミンB研究協議会   2016年   
習慣的多量飲酒と大腸発がんリスク: 微生物アルコール代謝から眺めたヒトと腸内細菌の相互作用
日本農芸化学会2016年度大会 大会シンポジウム 「微生物メタボリズム研究の最前線」(3SY09)   2016年   

Works

 
微生物活用技術の研究
2015年
酵素の工学的応用に関する研究助成金
2014年
酵素の工学的応用に関する研究助成金
2014年
酵素の工学的応用に関する研究助成金
2013年
セサミノールの量産化技術の開発
2013年 - 2015年

競争的資金等の研究課題

 
新規な生化学反応の探索と応用
研究期間: 1994年   
酵素の構造解析と分子デザイン
基礎科学研究
研究期間: 1997年   
高等植物における代謝調節と細胞内情報伝達の機構解明
研究期間: 2005年 - 2005年
環境微生物学および応用酵素学
科学研究費補助金
研究期間: 1994年   

特許

 
有機性廃棄物の堆肥化プロセス
特開2009-137799
有機廃棄物の堆肥化方法
3592174
新規耐熱性シュクロオリゴ糖生成酵素およびその用途
3427984
脂肪族アシル基転移活性を有する蛋白質をコードする遺伝子
特開2002-233381
新規脂肪族アシル基転移酵素遺伝子
WO01/92536(国際公開番号)