小川 芳樹

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:17
 
アバター
研究者氏名
小川 芳樹
 
オガワ ヨシキ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/ad227ace27757b4020ac60cb15a49fad.html
所属
東北大学
部署
大学院情報科学研究科 人間社会情報科学専攻 人間情報学講座 言語テキスト解析論分野
職名
教授,研究科長補佐
学位
博士(文学)(東北大学), 修士(文学)(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1997年
 - 
2000年
日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2000年
 - 
2001年
東北大学大学院文学研究科 助手
 
2000年
 - 
2001年
山形大学人文学部 非常勤講師
 
2001年
 - 
2004年
北見工業大学工学部 助教授
 
2004年
 - 
2007年
東北大学大学院情報科学研究科 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1997年
東北大学 文学研究科 英語学
 
 
 - 
1991年
東北大学 文学部 英語学
 

委員歴

 
2008年
   
 
日本英語学会「English Linguistics」編集委員会  外部査読員
 
2015年
 - 
2016年
日本英語学会  大会運営委員会委員長
 
2013年
 - 
2016年
日本英語学会  大会運営委員
 
2014年
 - 
2015年
日本英語学会  大会運営委員会副委員長
 
2012年
   
 
日本英文学会  編集委員会委員長
 

受賞

 
2002年
第36回市河賞
 

Misc

 
複合語内の他動詞のふるまいに見る言語普遍性
小川芳樹
言語学出版社フォーラム コトバの本の出版社の会      2009年
容認性の世代間差が示す言語変化の様相:主格属格交替の場合
新国佳祐, 和田裕一, 小川芳樹
認知科学   24(3)    2017年
日英語の等位同格構文と同格複合語の統語構造と構文化についての共時的・通時的考察
小川芳樹
コーパスからわかる言語変化・変異と言語理論   284-306   2016年
概観:言語変化・変異の研究とコーパス
小川芳樹・長野明子・菊地朗
コーパスからわかる言語変化・変異と言語理論   1-28   2016年
cub構文のQBNP分析と統語的構文化
小川芳樹
言語学の現在(いま)を知る26考      2016年

書籍等出版物

 
コーパスからわかる言語変化・変異と言語理論(共編著)
開拓社   2016年   ISBN:9784758922326 C3080
チョムスキー理論辞典(増補版)(中村捷・金子義明(編))
研究社   2016年   
Japanese-Ogawa-Corpus
TalkBank, Pittsburgh, PA.   2016年   ISBN:978-1-59642-87
言語学の現在を知る26考(菊地朗他(編))
研究社   2016年   ISBN:9784327332099 C3082
語彙意味論の新たな可能性を探って(由本陽子・小野尚之(編))
開拓社   2015年   ISBN:9784758922210 C3080

講演・口頭発表等

 
ガ-ノ交替の容認性を規定する諸要因―Web質問調査に基づく世代間比較―
言語変化・変異研究ユニット主催・第3回ワークショップ「内省判断では得られない言語変化・変異の事実と言語理論」   2016年   
属格主語を含む関係節・形式名詞節の通時的な状態化と語彙化について
言語変化・変異研究ユニット主催・第3回ワークショップ「内省判断では得られない言語変化・変異の事実と言語理論」   2016年   
形式名詞補部に生じる属格主語に関する統語論的考察
日本言語学会第151回全国大会   2015年   
等位同格構文と同格複合語の統語構造と構文化についての一考察
言語変化・変異研究ユニット主催・第2回ワークショップ『コーパスからわかる言語の普遍性と可変性』   2015年   
複合語形成における合成性と構文化ーー幼児の発話データからの考察
言語変化・変異研究ユニット主催・第1回ワークショップ「コーパスからわかる言語変化と言語理論」   2014年   

Works

 
語彙範疇の脱範疇化についての統語論的研究
2009年
日本語のV-V複合語の構造と機能についての統語論的再構築
2008年

競争的資金等の研究課題

 
日本語における主格属格交替現象の通時的変化と統語的説明
科学研究費補助金
研究期間: 2015年   
日本語のV+V複合語の意味と統語についての研究
科学研究費補助金
研究期間: 2007年   
N-N複合語の統語と意味
科学研究費補助金
研究期間: 2014年   
語彙範疇の脱範疇化についての統語論的研究
その他の研究制度
研究期間: 2008年   
テンスとアスペクトの統語論的研究に基づく普遍文法の解明
科学研究費補助金
研究期間: 2004年