吉村 仁

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/30 02:55
 
アバター
研究者氏名
吉村 仁
 
ヨシムラ ジン
URL
http://www.sys.eng.shizuoka.ac.jp/~jin/
所属
静岡大学
部署
創造科学技術研究部 - 環境サイエンス部門
職名
教授
学位
学術博士(PH.D.)(ニューヨ)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1989年
ニューヨーク州立大学環境科学林学校大学院 環境及び森林生物学研究科 環境および森林生物学専攻
 
 
 - 
1978年
千葉大学 理学部 生物学科
 

委員歴

 
1997年
   
 
数理生物学懇談会  ニュースレター編集委員,事務局員
 

受賞

 
2010年3月
学生セッション学生奨励賞 (課題名:ソフトウェア科学・工学 「数理モデルとシミュレーション」学生セッション 学生奨励賞「2種生物共生系のモンテカルロ・シミュレーション」  比嘉慎一郎 (岩田繁英、向坂喜雄、吉村仁、泰中啓一)(2010.3))
 
2012年3月
創造科学技術大学院長賞 (課題名:創造科学技術大学院長賞)
 
2006年8月
教育啓蒙賞 (課題名:「『素数ゼミの謎』の出版とそれに関連した教育啓蒙活動」)
 
2001年3月
日本生態学会Ecological Research誌論文賞(塩見正衛氏と共著論文) (課題名:Measures of spatial heterogeneity for plant occurrence or disease incidence with finite-count. Ecological Research 15: 13-20.)
 
2013年3月
口頭発表賞
 

Misc

 
Speciation by sexual selection in hybridizing populations without viability selection
EVOLUTIONARY ECOLOGY RESEARCH   2 897-909   2000年
Spatial heterogeneity in grassland community : analysis by beta-binomial distribution and power low
JOURNAL OF VEGETATION SCIENCE   11 627-632   2000年
How supplemental food may induce abnormality in wild Japanese macaque populations
EVOLUTIONARY ECOLOGY RESEARCH   5 1103-1109   2003年
脱・環境ホルモンの社会
三学出版      2002年
JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   72(4) 956-961   2003年

書籍等出版物

 
Proceedings of Two Symposia on Ecology and Evolution in VIII INTECOL
J. Yoshimura,N Nakagiri,W. M Shields 他多数 (担当:編者)
Sangaku Publisher   2002年1月   
恐竜は虹色だったか?たけしの「最新科学教室」
ビートたけし,吉村仁,ほか9名 (担当:共著)
新潮社   2008年3月   
爆笑問題のニッポンの教養:生き残りの条件≠強さ 数理生態学
太田光,田中裕二,吉村仁 (担当:共著)
講談社   2008年3月   
素数ゼミの謎(韓国語)
吉村仁
BookSea Publishing   2007年5月   
素数ゼミの謎(中国語)
吉村仁
遠流出版   2007年8月   

講演・口頭発表等

 
偏った性比による絶滅回避
伊東 啓,上原隆司,守田 智,泰中啓一,吉村 仁
日本進化学会第14回東京大会   2012年8月   
周期ゼミの新種Magicicade neotredecimの起源における遺伝子浸透仮説の検証
梅村芳隆,成相有紀子,守田智,泰中啓一,吉村仁
日本進化学会大会   2010年8月   
利己者と利他者の絶滅回避をめぐる適応動態
日本進化学会第12回東京公演   2010年8月   
生態学の将来と人間社会,地球温暖化問題と生態系
静岡大学グリーン科学技術招待シンポジジウム   2011年3月   
周期的一斉開花植物における非対称種間交雑モデル
柿嶋 聡,守田 智,吉村 仁,邑田 仁
日本進化学会第14回東京大会、   2012年8月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
短期的利益と長期的利益間の絶滅回避を巡る適応動態
基盤研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月
周期ゼミの進化プロセス
基盤研究(C)
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月
種分化のメカニズム
基盤研究(C)
研究期間: 1999年4月 - 2003年3月
種分化における近緑種の共存問題
基盤研究(C)
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月
周期ゼミの進化史とそのメカニズム
基盤研究(A)
研究期間: 2010年4月 - 2015年3月