小熊 猛

J-GLOBALへ         更新日: 12/07/02 18:28
 
アバター
研究者氏名
小熊 猛
 
コグマ タケシ
所属
宮崎大学
部署
教育文化学部 学校教育課程
職名
准教授
学位
修士(教育学)(金沢大学), 博士(文学)(金沢大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
宮崎大学 教育文化学部 准教授
 
2011年4月
 - 
2012年3月
石川工業高等専門学校 一般教育科 教授
 
2010年4月
 - 
2011年3月
富山高等専門学校 一般教養科 准教授
 
2007年4月
 - 
2010年3月
石川工業高等専門学校 准教授
 
2001年4月
 - 
2007年3月
石川工業高等専門学校 助教授
 
1998年4月
 - 
2001年3月
石川工業高等専門学校 講師
 

論文

 
ガ・ノ交替現象から見る日本語の関係節化方略に関する予備的考察
小熊 猛
『日本言語文化』(韓國日本言語文化學會論文集)   第14輯 19-39   2009年
小熊 猛
日本認知言語学会論文集   6(0) 341-350   2006年
日本語連体修飾節の「が/の」交替に関する認知言語学的考察-認知モード(r/t認知 vs. tr/lm認知)の違いの現れ-
小熊 猛
KANSAI LINGUISTIC SOCIETY PROCEEDINGS OF THE NINETEENTH ANNUAL MEETING   (25) 108-117   2005年
Coreferential Reference-point/Target Alternation in Japanese: What Makes X-no Y Replace Y-no X under the Same Intended Interpretation? How do their Designations Differ?
Takeshi KOGUMA
Journal of Hokkado Linguistics   (Vol.3) 41-54   2004年
小熊 猛
日本認知言語学会論文集   4(0) 381-391   2004年
「表面接触」動詞構文の意味構造の分析-活性領域の関係を表す前置詞-
小熊 猛
論文集「高専教育」   (第25号) 25-30   2002年
同一指示の参照点・標的交替
小熊 猛
石川工業高等専門学校紀要   (第32号) 111-121   2000年
小熊 猛
石川工業高等専門学校紀要   31(0) 113-122   1999年3月
英語教育における言語学的知見の活用の考察 -S+Verb+NP1(O)+NP2(C)構文の意味構造―
小熊 猛
論文集「高専教育」   (第22号) 65-72   1999年
Cognitive Salience and Occurrence of Time-referring Prepositions
Takeshi KOGUMA
KANSAI LINGUISTIC SOCIETY PROCEEDINGS OF THE TWENTY-FIRST ANNUAL MEETING   (17) 186-196   1997年
Cognitive Analysis on the Structure of "S+MAKE+NP+NP"
Takeshi KOGUMA
KANSAI LINGUISTIC SOCIETY PROCEEDINGS OF THE NINETEENTH ANNUAL MEETING   (15) 153-163   1995年

書籍等出版物

 
英語多義ネットワーク辞典
小学館   2007年   
Meaning, Forms & Body
Stanford Univ Center for the Study   2010年   ISBN:1575865947

講演・口頭発表等

 
A Cognitive Account for Contact-verb Construction in Japanese: With Special Reference to Inverse Construction’
ICLC 11(国際認知言語学会)西安、中国 (Takeshi KOGUMA)   2011年   
A Cognitive Approach to Verbs of Contact Construction in Japanese: Interactional vs. Displaced Modes
CSDL 10 (Conceptual Structure, Discourse & Language) University of California San Diego ( CA, U.S. ) (Takeshi KOGUMA)   2010年   
日英接触構文から見る言語類型論的展望
2010年12月度京都大学言語コロキュアム(KLC)(京都大学) (小熊猛)   2010年   
Reference-Point-and-Trajector Interaction: A Unifying Account for Nominative / Genitive- Alternation
CSDL10 (Conceptual Structure, Discourse & Language) University of California San Diego ( CA, U.S. ) (K. Izutsu & T. KOGUMA)   2010年   
接触動詞構文の日英対照研究:言語類型論的な示唆と今後の展望
2010年度 札幌大学認知言語学セミナー(札幌大学)(小熊猛)   2010年   

Works

 
翻訳分担『地球救出作戦: わたしたちと地球の21世紀へ向けて』岡島成行 (監修)小学館
1994年

競争的資金等の研究課題

 
主格・属格交替に関する認知類型論的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2005年 - 2006年
連体修飾節構造に関する日韓対照研究
科学研究費補助金
研究期間: 2007年 - 2010年
関係節化の方略の認知類型論
主観性に基づく言語類型論と動詞/衛生枠づけ言語類型との相関:接触動詞を中心に
科学研究費補助金
研究期間: 2011年 - 2013年