仲本 朝基

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/18 16:03
 
アバター
研究者氏名
仲本 朝基
 
ナカモト チョウキ
URL
http://www.suzuka-ct.ac.jp/
所属
鈴鹿工業高等専門学校
部署
教養教育科
職名
教授
学位
博士(理学)(新潟大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1996年4月
 - 
1998年3月
大阪電気通信大学 非常勤講師
 
1996年4月
 - 
1997年3月
大阪大学 核物理研究センター 教務補佐員
 
1997年4月
 - 
1998年3月
京都大学大学院 理学研究科 日本学術振興会 特別研究員
 
1998年4月
 - 
2007年3月
鈴鹿工業高等専門学校 一般科目 講師
 
2000年5月
 - 
2001年2月
ナイメーゲン大学(オランダ) 在外研究員
 
2007年4月
 - 
2016年3月
鈴鹿工業高等専門学校 教養教育科 准教授
 
2016年4月
 - 
現在
鈴鹿工業高等専門学校 教養教育科 教授
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1991年3月
琉球大学 理学部 物理学科
 
1991年4月
 - 
1993年3月
新潟大学大学院 理学研究科 物理学専攻
 
1993年4月
 - 
1996年3月
新潟大学 自然科学研究科 物質科学
 

論文

 
Quark-Pauli Effects in Three Baryon-Octet Systems
C. Nakamoto and Y. Suzuki
JPS Conference Proceedings   17 102005   2017年7月   [査読有り]
C. Nakamoto and Y. Suzuki
Physical Review C   94(3) 035803   2016年9月   [査読有り]
Stochastic variational method applied to pentaquarks
H. Nemura and C. Nakamoto
Progress of Theoretical Physics Supplement   168 115-118   2007年   [査読有り]
Baryon-baryon interactions in the SU_6 quark model and their applications to light nuclear systems
Y. Fujiwara, Y. Suzuki and C. Nakamoto
Progress in Particle and Nuclear Physics   58 439-520   2007年   [査読有り]
Quark-Model Baryon-Baryon Interaction and Its Applications to Hypernuclei
Y. Fujiwara, C. Nakamoto, Y. Suzuki, M. Kohno and K. Miyagawa
Progress of Theoretical Physics Supplement   156 17-36   2004年   [査読有り]

Misc

 
標準講義スタイルからの微修正の積み重ねによる講義改善例
仲本 朝基
高専教育   38 169-174   2015年3月   [査読有り]
学習習慣を身に付けさせるための講義の工夫 --- 穴抜きプリント解説・問題演習・小テストの組合せ ---
仲本 朝基
高専教育   37 113-118   2014年3月   [査読有り]
難・多・短な講義における工夫 --- 持込プリントについて ---
仲本 朝基
高専教育   36 151-156   2013年3月   [査読有り]
大学編入学試験対策としての物理学講義の実践
仲本 朝基
高専教育   35 161-165   2012年3月   [査読有り]
藤原 義和, 仲本 朝基, 鈴木 宜之
日本物理学会誌   53(7) 523-527   1998年

講演・口頭発表等

 
フレイバーSU(3)近似におけるカラー磁気相互作用からのバリオン間3体力
仲本朝基,鈴木宜之
日本物理学会2017年秋季大会   2017年9月13日   
クォーク模型による3バリオン系の記述
仲本朝基、鈴木宜之
RCNP研究会「核子・ストレンジネス多体系におけるクラスター現象」   2017年8月3日   
クォーク模型による3バリオン系の研究
仲本朝基,鈴木宜之
軽井沢研究会「原子核多体問題の進展と展望」   2017年6月11日   
Quark-Pauli effects in three octet-baryons
Choki NAKAMOTO and Yasuyuki SUZUKI
International Symposium on Neutron Star Matter(NSMAT2016) - Recent Progress in Observations, Experiments, and Theories -   2016年11月21日   
YNN系におけるカラー・クーロン相互作用からの3体力
仲本朝基,鈴木宜之
日本物理学会2016年秋季大会   2016年9月24日   

担当経験のある科目

 

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
現実的クォーク模型によるクォーク多体系の統一的理解の研究
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 仲本 朝基
クォーク模型によるストレンジネスー1およびー2を持った非中間子弱崩壊の研究
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月    代表者: 仲本朝基
クォーク模型によるバリオン間相互作用の研究
日本学術振興会: 特別研究員
研究期間: 1997年4月 - 1998年3月    代表者: 仲本朝基