塚本 秀史

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/29 12:49
 
アバター
研究者氏名
塚本 秀史
 
ツカモト ヒデシ
所属
弓削商船高等専門学校
部署
情報工学科
職名
教授
学位
博士(工学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
(株)調和解析
 
 
   
 
応用技術(株)
 
 
   
 
(有)エイチテック
 
1998年
   
 
:本校助教授に採用
 
2003年
   
 
:同教授
 

学歴

 
 
 - 
1997年
愛媛大学 工学研究科 生産工学
 
 
 - 
1980年
愛媛大学 工学部 海洋工学科
 

論文

 
Complex vertical migration of larvae of the ghost shrimp、 Nihonotrypaea harimandi、 in inner shelf waters of western Kyusyu、 Japan
H.Tsukamoto
Estuarine Coastal and Shelf Science   86 125-136   2010年
成層期の瀬戸内海における各態窒素・リンおよびケイ素と栄養塩元素比の分布
小林志保、藤原健紀、多田光男、塚本秀史、豊田利彦
日本海洋学会誌 海の研究   15(3) 283-297   2008年
車いす利用者の視点から見た上島町周辺海域の定期旅客船等のバリアフリー化の現状
塚本秀史
Journal of JACT   12(2) 51-56   2007年
成層期の瀬戸内海における各態窒素・リンおよびケイ素と栄養塩元素比の分布
塚本秀史
海の研究   15(3) 283-297   2006年
有明海における潮汐振幅の経年変動
海の研究   Vo13,No.3,295‐30    2004年
橘湾の表層底泥輸送
柳哲雄、藤家亘、塚本秀史、蒲田康彦
沿岸海洋研究   第42巻(1) 67-71   2004年
有明海の潮汐・潮流
海と空   78(1、31-38)    2002年
来島海峽南東部の潮汐フロント形成場所と地形影響の検証
日本航海学会論文集   (101) 235-241   2001年
瀬戸内海の赤外・海色画像
沿岸海洋研究   39(1、9-13)    2001年
Verification of Tidal Front Location and Topographical Features Influence in Southeast area of the Kurushima Channel
The Journal of Japan Institute of Navigation   (101) 235-241   2001年
来島海峡及び燧灘の航路標識に設置した係留系の特徴について(共著)
日本航海学会誌   (143) 152-158   2000年
View from Ship by Digital Terrain Model
The Journal of Japan Institude of Navigation   (101) 131-136   2000年
Characlerislics of Mooring Systems Set up on the Tairway Buoy in the Kurushima Channel and the Sea of Hiuchi Nada
NAVIGATION   (143) 152-158   2000年
数値地図による対景図の電子化(共著)
日本航海学会論文集   (101) 131-136   2000年
紀伊水道のクロロフィル分布に関する現地観測と衛星画像(共著)
海の研究   7(6) 369-374   1998年
瀬戸内海の水温・塩分・pH・栄養塩とクロロフィルaの時間・空間変動(共著)
海の研究   7(1) 11月19日   1998年
NOAA/AVHRRによる瀬戸内海の海面水温の季節変動(共著)
海の研究   6(5) 279-292   1997年

Misc

 
海底底上げによる有明海環境改善に関する一考察
塚本秀史
沿岸海洋研究   49(2) 161-164   2012年
明治22年に測量された生名島の海岸線
弓削商船高専紀要   第25号,31-34    2004年
Observation of Sea Surface Temperature by Global Positioning System and Water Pump
Memoirs of Yuge National College of Maritime Technology   (23) 83-86   2001年
Observation of Water Temperature Salinity、 Dissolved Oxygen and Tidal Current at Hiuchi Nada、 Summer in 2000
Memoirs of Hiroshima National Colledgeaf Maritime Technology   (23) 111-114   2001年
GPSと海水ポンプを利用した海面水温の観測
弓削商船高等学校紀要   (23) 83-86   2001年
2000年夏季における燧灘の水温・塩分・DOおよび潮流の観測
広島商船高等専門学校紀要   (23) 111-114   2001年
Numerical Simulation of Ship Navigation on Ticlal Current Area
Memoirs of Yuge National College of Maritime Technology.   (22) 69-73   2000年
Accuracy of Predicted Tide by Yuge
Memoirs of Yuge National College of Maritime Technology.   (22) 97-101   2000年
潮流場における船舶航行の数値シミュレーション(共著)
弓削商船高等専門学校 紀要   (22) 69-73   2000年
弓削の予報潮汐の精度(共著)
弓削商船高等専門学校 紀要   (22) 97-101   2000年

書籍等出版物

 
コンピュータによる拡散方程式の演習
公害研究対策センター   2004年   

Works

 
GISソフトの機能に関する比較評価
2004年

競争的資金等の研究課題

 
沿岸海域の物理現象 地理空間情報の指標化・可視化 地理空間情報の最適化