今栄直也

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/16 18:27
 
アバター
研究者氏名
今栄直也
 
イマエ ナオヤ
所属
国立極地研究所
部署
国立極地研究所 研究教育系地圏研究グループ
職名
助教、南極隕石キュレーター
学位
博士(理学)(京都大学)
その他の所属
総合研究大学院大学(総研大)

プロフィール

研究課題と活動状況: 地球外起源物質の多様性とその成因を研究テーマとしている。主な研究テーマを(1)~(6)に記す。
(1) 火星隕石ナクライトの鉱物学的岩石学的研究:やまと山脈裸氷帯から見つかった火成沈積岩の一種であるナクライトは南極隕石としては世界初であった。この発見から3年後に、南極横断山脈の裸氷帯で全く異なる特徴を持つナクライト(MIL 03346)が見つかった。これらの隕石を、岩石学的鉱物学的に比較研究を行い、両隕石を作った親マグマ組成を独自に考案した質量保存計算法により導き、その差異を明らかにした。
(2) ナクライトの再現実験。ナクライト隕石の鉱物学的・岩石学的研究によりナクライトを作った親マグマ組成を導いた。この組成を出発物質に用いて、ナクライトの結晶化過程を再現することを試みたところ、実験室において、MIL 03346の組織の再現に成功した。
(3) 火星隕石レールゾライト質シャーゴッタイトの鉱物学的岩石学的研究:やまと山脈裸氷帯から新たに見出した3つのレールゾライト質シャーゴッタイト隕石を岩石学的鉱物学的に調べた。その結果、斜長石がアモルファス化したマスケリナイトに、セクター累帯構造が一般的に観察された。この組織は、レールゾライト質シャーゴッタイトがマグマから固化する段階で、大きな過冷却を経験していることを示唆しており、火星表層付近の環境を反映していると考えられる。また、この隕石には衝撃溶融脈が発達しており、その中からレールゾライト質シャーゴッタイト隕石から初めて輝石の高圧鉱物を発見した。このことは火星表層における衝撃現象の理解に重要である。これらは、これまでに知られていなかったレールゾライト質シャーゴッタイトの新たな特徴である。
(4) 南極微隕石の岩石学的鉱物学的研究:微隕石中の大気圏の加熱の影響を免れた鉱物は隕石中のコンドリュールと関連するのが多く認識されてきた。また、彗星塵中のコンドリュール的な物体と調和的な微隕石も見つかってきてきた。コンドライトを構成するコンドリュールはコンドライトの多様な化学グループごとでサイズ、組織、化学組成などの特徴が異なる。この差異を用いると、個々の微隕石がどの化学グループのコンドライトと関連するかを絞り込む事ができる。このことは、太陽系にどのような種の塵が多く存在するかを知る手がかりになる。
(5) I型コンドリュールの再現:原始太陽系のガス圧を制御できる減圧炉の立ち上げた。この装置を用いて、コンドリュールの多様性な形成環境の解明を目指している。
(6)X線による石質隕石の分類:石質隕石の分類はこれまで、研磨薄片の組織観察とエレクトロン・プローブ・マイクロアナライザーによる主要構成鉱物組成に基づき分類を行っている。迅速で簡便な分類手法の開発的研究を行っており、その一つとして、X線回折法による分類法の構築を目指している。コンドライトの定量分類として、直方輝石や斜長石の晶出量の定量化が鍵となる。

極域観測歴: 第41次南極地域観測隊(越冬隊)
第54次南極地域観測隊(夏隊)

研究分野

 
 

経歴

 
1994年
 - 
1995年
神戸大学大学院自然科学研究科 助手
 

学歴

 
 
 - 
1994年
京都大学 理学研究科 地質学鉱物学
 
 
 - 
1989年
京都大学 理学部 
 

委員歴

 
 
 - 
現在
南極隕石研究委員会
 

受賞

 
2002年
小惑星1981 EC29 は7379 naoyaimaeと命名
 

論文

 
Volcanic ash in bare ice south of Sør Rondane Mountains, Antarctica: geochemistry, rock magnetism and nondestructive magnetic detection with SQUID gradiometer
68 39   2016年   [査読有り]
南極上空での巨大隕石の火球バーストに伴う衝撃波
山本真行、石原吉明、村山貴彦、今栄直也、金尾政紀
月刊地球      2015年12月
Book Review of "35 Seasons of US Antarctic Meteorites: A Pictorial Guide to the Collection"
Naoya Imae
Antarctic Science   27(4) 417-417   2015年5月   [招待有り]
Cometary dust in Antarctic ice and snow: Past and present chondritic porous micrometeorites preserved on the Earth’s surface
T. Noguchi, N. Ohashi, S. Tsujimoto, T. Mitsunari, J. P. Bradley, T. Nakamura, S. Toh, T. Stephan, N. Iwata, and N. Imae
Earth and Planetary Science Letters   410 1-11   2015年   [査読有り]
第54 次日本南極地域観測隊と2012⊖2013 年ベルギー南極観測隊との 合同によるナンセン氷原における隕石探査報告
今栄直也・Vinciane Debaille・赤田幸久・Wendy Debouge・ Steven Goderis5・Geneviève Hublet・三河内岳・Nadia Van Roosbroek・ 山口 亮・Harry Zekollari・Philippe Claeys・小島秀康
南極資料   59(1) 38-72   2015年   [査読有り]
An ungrouped carbonaceous chondrite, Yamato-82094: Classification and characteristic features
M. Kimura, J. A. Barrat, M. K. Weisberg, N. Imae, A. Yamaguchi, and H. Kojima
Meteoritics and Planetary Science   49 346-357   2014年   [査読有り]
Micrometeorite precursors: Clues from the mineralogy and petrology of their relict minerals
N. Imae, S. Taylor, and N. Iwata
Geochimica et Cosmochimica Acta   100, 116-157   2013年   [査読有り]
Cometary dust in Antarctic micrometeorites
Naoya Imae
Proceedings IAU Symposium   288   2012年
Petrology and mineralogy of shock-melted H chondrites, Yamato-791088 and LaPaz Ice Field 02240
Niihara T., Imae N., Misawa K., and Kojima H.
Polar Science   4, 558-573   2011年   [査読有り]
High-pressure polymorphs of magnesian orthopyroxene from a shock vein in the Yamato 000047 lherzolitic shergottite
Imae N. and Ikeda Y.
Meteoritics and Planetary Science   45, 43-54   2010年   [査読有り]
Laihunite and jarosite in the Yamato 00 nakhlites: alteration products on Mars?
Noguchi T., Nakamura T., Misawa K., Imae N., Aoki T., and Toh S.
Journal of Geophysical Research, Planets   114, E10004, doi:10.-1029/2009JE003364   2009年   [査読有り]
Estimate of the magnetic field of Mars based on the magnetic characteristics of the Yamato 000593 nakhlite
Funaki M., Hoffmann V., and Imae N.
Meteoritics and Planetary Science   44, 1179-1191   2009年   [査読有り]
Crystallization experiments of intercumulus melts for nakhlites under QFM+-2 at 1 bar
Imae N., Ikeda Y.
Meteoritics and Planetary Science   43, 1299-1319   2008年   [査読有り]
Petrology of the MIL 03346 nakhlite in comparison with the Yamato nakhlites
Imae N., Ikeda Y.
Meteoritics and Planetary Science   42, 171-184   2007年   [査読有り]
Petrology of the Yamato nakhlites
Imae N., Ikeda Y., Kojima H.
Meteoritics and Planetary Science   40, 1581-1598   2005年   [査読有り]
Two stage plume melting: A possible mechanism for the origin of martian magmatism
Shimoda G., Ikeda Y., Kita N. T., Morishita Y., Imae N.
Earth and Planetary Science Letters   235, 469-479   2005年   [査読有り]
Thermoliminescence of ordinary chondrites in the Japanese Antarctic meteorite collection IV: Asuka ordinary chondrites
Ninagawa K., Mieda Y., Ueda H., Imae N., Kojima H., Yanai K.
Antarctic Meteorite Research   18, 1-16   2005年   [査読有り]
第41次南極地域観測隊において実施された南極氷床上におけるGPS観測(共著)
南極資料   48, No.1, 7-18    2004年
火星から来た隕石
今栄直也
宇宙NOW (西はりま天文台広報誌)   169, 4-7   2004年
第41次南極地域観測隊において実施された南極氷床上におけるGPS観測
土井浩一郎、今栄直也、岩田尚能、瀬尾徳常
南極資料   48-1, 7-18   2004年   [査読有り]

書籍等出版物

 
鉱物・宝石の科学辞典
今栄直也 (担当:分担執筆, 範囲:「極地から採集される地球外物質」の項目の宇宙塵を担当)
朝倉書店   2016年   
南極宇宙塵 南極・北極の百科事典
今栄直也
丸善   2004年   
火星隕石の発見 南極観測隊
今栄直也
技報堂出版   2006年   
Antarctic micrometeorites collected by the Japanese Antarctic Research Expedition teams during 1996-1999, pages 392-395. COSPAR Colloquia Series 15, Dust in the solar system and other planetary systems, 414 pp.
Noguchi., Yano H., Terada K., Imae N., Yada T., Nakamura T., and Kojima H.
Pergamon Press   2002年   

講演・口頭発表等

 
X線回折測定によるCO3炭素質コンドライトのサブタイプの特徴
今栄 直也、中牟田 義博
日本地球惑星科学連合2016年大会   2016年5月   
Development FIB-SEM, NanoSIMS and TEM sequential analysis for micrometeorites from Antarctica
伊藤 元雄、富岡 尚敬、今栄 直也
日本地球惑星科学連合2016年大会   2016年5月   
X線から見たCO3コンドライトの特徴
今栄直也
惑星物質科学のフォロンティア   2016年3月   
ESTIMATING THE CARBON CONTENTS AND DISTINGUISHING THE TYPES OF CARBONACEOUS CHONDRITES BY SPECTRAL INSTRUMENTS ONBOARD HAYABUSA2 SPACECRAFT
T. Hiroi, H. Kaiden, N. Imae, A. Yamaguchi, H. Kojima, S. Sasaki, M. Matsuoka, T. Nakamura, Carlé M. Pieters
第47回月惑星会議   2016年3月   
EARLY STAGE OF AQUEOUS ALTERATION AND INTERACTION BETWEEN INORGANIC AND ORGANIC MATERIALS IN COMETARY BODIES : INSIGHTS FROM ANTARCTIC MICROMETEORITES
第47回月惑星会議   2016年3月   
Antarctic Meteorites at the National Institute of Polar Research: Expeditions and Curation [招待有り]
Kojima H., Yamaguchi A., Imae N., Kimura M., Shirai N., Ebihara M.
HAYABUSA 2015: 3rd Symposium of Solar System Materials   2015年11月19日   
Summary of Visible to Infrared Spectral Survey of NIPR Carbonaceous Chondrite Chips and Its Application to Hayabusa2 Mission
T. Hiroi, H. Kaiden, N. Imae, A. Yamaguchi, H. Kojima, S. Sasaki, M. Matsuoka, T. Nakamura
38th Symposium on Antarctic Meteorites   2015年11月16日   
CM Carbonaceous Chondrite Lithologies and Their Space Exposure Ages
Michael Zolensky, Timothy Gregory, Atsushi Takenouchi, Kunihiko Nishiizumi, Alan Trieman, Eve Berger, Loan Le, Amy Fagan, Michael Velbel, Naoya Imae, Akira Yamaguchi, Marc Caffee
38th Symposium on Antarctic Meteorites   2015年11月16日   
Toward the classification of chondrites using the powder X-ray diffraction method, a preliminary report
Naoya Imae
38th Symposium on Antarctic Meteorites   2015年11月16日   
Low Temperature Thermoluminescence of Ordinary Chondrites
K. Ninagawa, Y. Arima, A. Yamaguchi, N. Imae, H. Kojima
38th Symposium on Antarctic Meteorites   2015年11月16日   
Bulk Chemical Compositions of Meteorites in the NIPR Collection
M. Kimura, N. Imae, A. Yamaguchi, H. Haramura, H. Kojima
38th Symposium on Antarctic Meteorites   2015年11月16日   
微隕石の鉱物学的特徴,有機物の特徴と,大気圏突入時の最高加熱温度との関係について
野口 高明、光成 拓也、木村 眞、藪田 ひかる、岡﨑 隆司、寺田 健太郎、伊藤 正一、海老原 充、永原 裕子、大久保 彩、中村 智樹、橘 省吾、今栄 直也
日本鉱物科学会2015年年会   2015年9月25日   
野口 高明 光成 拓也 木村 眞 藪田 ひかる 岡﨑 隆司 寺田 健太郎 伊藤 正一 海老原 充 永原 裕子 大久保 彩 中村 智樹 橘 省吾 今栄 直也
今栄直也
日本鉱物科学会2015年年会   2015年9月25日   
The Collection and Studies of Antarctic Micrometeorites from Japanese Antarctic Research Expedition
Naoya Imae, Takaaki Noguchi, Hideyasu Kojima, Tomoki Nakamura, Toru Yada, Naoyoshi Iwata, Kentaro Terada
XII International Symposium on Antarctic Sciences   2015年7月14日   
Curation of Antarctic Meteorites at the National Institute of Polar Research, Tokyo
Yamaguchi A., Imae N., Kimura M., Shirai N., Ebihara M., Kikuchi M., Kojima H.
XII International Symposium on Antarctic Sciences   2015年7月14日   
Successful Joint Field Campaigns for Collecting Meteorites in Antarctica: An efficient Collaboration between Japan and Belgium
Debaille V., Imae N., Yamaguchi A., Goderis S., Mikouchi T., Pittarello L., Hublet G., Van Roosbroek N., Zekollari H., Kojima H., Claeys Ph.
XII International Symposium on Antarctic Sciences   2015年7月14日   
Application of Antarctic Meteorites to Grand Performance Test of the near Infrared Spectrometer on board the Hayabusa 2 Spacecraft
Nakamura T., Iwata T., Kitasato K., Abe M., Osawa T., Matsuoka M., Nakauchi Y., Arai T., Komatsu M., Hiroi T., Imae N., Yamaguchi A., Kojima H.
XII International Symposium on Antarctic Sciences   2015年7月14日   
I 型コンドリュールの再現実験
今栄直也、磯部博志
日本地球惑星科学連合2015年大会   2015年5月28日   
含水炭素質コンドライトの脱水および復水過程
中村智樹、松岡萌、山下小百合、佐藤勇大、城後香里、アンインスー、リジョンイク、今栄直也、山口亮、小島秀康
日本地球惑星科学連合2015年大会   2015年5月24日   
前回実施したやまと隕石探査
今栄直也
萌芽的研究会「キュレーション」の学際的発展についての研究会   2015年5月14日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
第54次南極地域観測隊夏隊
今栄直也   その他   2012年12月 - 2013年2月
第41次南極地域観測隊越冬隊
1999年11月

競争的資金等の研究課題

 
圧力制御システムを用いたコンドリュールの凝縮反応に関する実験的研究 (研究経費15,205千円)
科学研究費基盤研究(B)研究代表者
研究期間: 2011年11月 - 2015年3月    代表者: 今栄直也
火星隕石ナクライトの再現実験(研究経費3,300千円)
科学研究費基盤研究(C)研究代表者
研究期間: 2003年4月 - 2006年3月    代表者: 今栄直也
ユークライト隕石母天体の形成史(研究経費7,300千円)
科学研究費基盤研究(B)研究分担者
研究期間: 2001年4月 - 2004年3月    代表者: 三澤啓司
大量の南極宇宙塵を用いたその分類学確立にむけた研究(研究経費15,000千円)
科学研究費基盤研究(B)研究分担者: 
研究期間: 1999年4月 - 2003年3月    代表者: 小島秀康
珪酸塩と水蒸気ガスとの反応による含水鉱物形成反応実験(研究経費2,000千円)
科学研究費奨励研究(A)研究代表者
研究期間: 1997年4月 - 1999年3月
科学研究費奨励研究(A)・平成8年度 コンドリュール構成鉱物とアルカリ/水蒸気/硫黄ガスとの反応速度論の実験的研究(研究経費1,000千円)

社会貢献活動

 
彗星の塵、南極で初めて発見!
【講師】  たちかわ市民交流大学市民推進委員会  極地研・立川市・市民推進委員会協働企画講座  2015年12月9日
南極隕石の話
【講師】  横浜翠嵐高校生向け授業  2015年10月23日
南極隕石探査と地球外物質の研究
【講師】  国立極地研究所  2014年10月25日
社会活動・貢献など
【その他】
神奈川県平塚市博物館 2003.10.
社会活動・貢献など
【その他】
第1回はやぶさシンポジウム一般講演会 2004.10.