藤井理行

J-GLOBALへ         更新日: 14/05/27 02:47
 
アバター
研究者氏名
藤井理行
 
フジイ ヨシユキ
URL
http://www.nipr.ac.jp/
所属
国立極地研究所
部署
国立極地研究所 北極観測センター
職名
特任教授
学位
理学修士(名古屋大学), 理学博士, 理学博士
その他の所属
総合研究大学院大学

プロフィール

研究課題と活動状況: 1)極域の氷床は,地球規模の気候や環境の変化の優れた記録媒体である.氷床を掘削して得られたアイスコアを用いて,過去の機構及び環境の変化の研究,特に,ドームふじ氷床深層コアの共同研究を推進している。2)氷床コアの酸素同位体組成が示す気温、陸域環境を指標する固体微粒子、海洋生物生産の指標となるメタスルホン酸等から,氷期サイクルにおける気候と陸域及び海洋環境変化との関連を研究している。3)富士山の永久凍土の1970年代と現在の変化及び温暖化との関係の研究を行っている。極域観測歴: 南極域:第18次観測隊(越冬、みずほ基地、1976-1978)、第25次観測隊(越冬、みずほ基地、1983-1985)、英国南極観測隊(交換科学者、1981)、第32次観測隊(観測副隊長兼越冬隊長、昭和基地、1990-1992)、第37次観測隊(観測隊長兼越冬隊長、ドームふじ基地、1995-1997)

北極域: グリーンランド氷床掘削(1989、1992、2000)、スバールバル氷河調査(1986、1987、1993、1994、1998)、シベリア広域積雪調査(1999、2000、2001)、アルタイ山脈氷河調査(2000、2001)産学共同研究: 1988年以降、氷床深層コア掘削機の開発を進めた。極地研の気水圏専門委員会に設置されたドーム計画作業委員会に氷床深層掘削機開発小委員会を設け、国内実験(極地研などの低温室での切削実験、立川や宮崎の連携企業の敷地での掘削実験、北海道陸別町での掘削総合実験など)や国外実験(南極、グリーンランドでの総合掘削実験)を通じて開発を行った。開発したドリルは、第一期ドーム計画での2503m深までの掘削(1995-1996)、第二期ドーム計画での3035m深までの掘削(2003/4-2006/7)に使用された。

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
 - 
現在
総合研究大学院大学 監事
 
2011年
 - 
現在
国立極地研究所 北極観測センター 特任教授
 
2005年
 - 
2011年
国立極地研究所 所長
 
1993年
 - 
2011年
総合研究大学院大学 教授
 
1993年
 - 
2011年
国立極地研究所 教授
 
2000年
 - 
2006年
文部科学省科学官
 
1982年
 - 
1993年
国立極地研究所 助教授
 
1975年
 - 
1982年
国立極地研究所 助手
 

学歴

 
 
 - 
1975年
名古屋大学 理学研究科 地球科学第2類
 
 
 - 
1970年
東京工業大学 理工学部 土木工学科
 

委員歴

 
1999年
 - 
2000年
日本雪氷学会  理事
 
2007年
   
 
日本雪氷学会  会長
 
1998年
 - 
1999年
International Glaciological Society  council member
 
 
   
 
日本雪氷学会(会長、平成19年-22年度;事務局長、平成13年-17年;理事兼学会誌編集委員長、平成5年-7年)
 
 
   
 
International Glaciological Society(評議員、1997-2000;Annlas of Glaciology 編集委員、2003-2004)
 

受賞

 
2011年
文部科学省 文部科学大臣表彰科学技術賞
受賞者: 藤井理行、本堂武夫、本山秀明
 
2009年
日本気象学会 堀内賞
受賞者: 藤井理行、本山秀明、渡邉興亜
 
1978年
秩父宮記念学術賞(団体受賞)
 
1980年
日本雪氷学会平田賞
 
1999年
日本雪氷学会学術賞
 

論文

 
The lower limit of mountain permafrost in the Russian Altai Mountains.
Fukui, K., Fujii, Y., Mikhailov, N., Ostanin,O., Iwahana,G.,
Permaforest and Peroglacial Processes   DOI:10.1002/ppp585   2007年   [査読有り]
Ice-core record of methyi chloride over the last glacial Colocene climate change.
Saito, T., Yokouchi, Y., Aoki, S., Nakazawa, T., Fujii,Y., Watabnabe, O.
Geophys. Res. Lett.   34, L03801, doi:10.-1029/2006GL028090   2007年   [査読有り]
A method for determination of methyle chloride concentration in air trapped in ice cores.
Saito, T., Yokouchi, Y., Aoki, S., Nakazawa, T., Fujii, Y., Watanabe, O.
Chemosphere   63, 1209-1212   2006年   [査読有り]
Convective Mixing of Air in Firn at Four Polar Sites.
Kawamura, K., Severinghaus, J. P., Ishidoya, S., Sugawara, S., Hashida, G., Motoyama, H., Fujii, Y., Aoki, S., Nakazawa, T.
Earth and Planetary Science Letters   244, 672-682   2006年   [査読有り]
Stratigraphic analysis of Dome Fuji Antarctica ice core using an optical scanner.
Takata, M., Iizuka, Y., Hondoh, T., Fujita, S., Fujii, Y., Shoji, H.
Annals of Glaciology   39, 467-472   2005年   [査読有り]
High-time-resolution profile of a Dome Fuji (Antarctica) ice core.
Iizuka, Y., Takata, M., Hondoh, T., Fujii, Y.
Annals of Glaciology   39, 452-456   2005年   [査読有り]
Concentrations, deposition rates and source variations of n-alkanes in Sofiyskiy Glacier, Russian Altai Mountains.
Miyake, T., Nakazawa, F., Kohno, M., Uetake, J., Suzuki, K., Kameda, T., Fujii, Y., Nakawo, M., Ohta, K.
Bulletin of Glaciological Research   22, 81-87   2005年   [査読有り]
Chemical characteristics in a 22-m ice core on the Belukha Glacierr, Russia.
Iizuka, Y., Fujita, K., Matoba, S., Fujii, Y., Matsuki, K., Kohno, M., Aizen, V.B.
Polar Meteorology and Glaciology   18, 114-120   2004年   [査読有り]
Periodicties of paleo-climate records extracted from the Dome Fuji deep core.
Satow, K., Watanabe, O., Fujii, Y., Kamiyama, K., Motoyama, H., Furukawa, T., Igarashi, M., Kanamori, S.
Polar Meteorology and Glaciology   18, 114-120   2004年   [査読有り]
Application of pollen analysis to dating of ice cores from lower latitude galciers.
Nakazawa, F., Fujita, K., Uetake, J., Kohno, M., Fujiki, T., Arkhipov, S.M., Kameda, T., Suzuki, K., Fujii, Y.
Journal of Geophysical Research   109, F4, F04001, doi:10.-1029/2004JF000125   2004年   [査読有り]

Misc

 
Permafrost at the summit of Mt. Fuji, Japan
Higuchi, K. and Fujii, Y.
Nature   230(5295) 521-523   1971年
富士山の永久凍土
藤井理行、樋口敬二
雪氷   34 173-186   1972年
Mass balance studiesof the glaciers in the Hidden Valley, Mukut Himal.
5 Fujii, Y., Nakao, M. and Shrestha, M.L.
Seppyo   38(special issue) 17-21   1976年
北半球における山岳永久凍土の分布と気候条件.
藤井理行
雪氷   42 41-52   1980年
Aerophotographic interpretation of surface features and an estimation of ice discharge at the outlet
Fujii, Y.
Antarctic Record   72 1-15   1981年

書籍等出版物

 
アイスコア
藤井理行、本山秀明(編著)
成山堂書店   2011年   
Climate Change 2007: The Physical Science Basis. Contribution of Working Group I to the Fourth Assessment Report of the Intergovernmental Panel on Climate Change
Cambridge University Press   2007年   
雪と氷の事典
朝倉書店   2005年   
南極・北極の百科事典
丸善   2004年   
氷河、基礎雪氷学講座 第4巻(編著)
古今書院   1997年   
「ヒマラヤの気候と氷河 -大気圏と雪氷圏の相互作用-」(共著)
東京堂   1983年   
南極の科学4 「氷と雪」(共著)
古今書院   1982年   
北アルプスの雪渓の分布と特性 山岳・森林・生態学
樋口敬二、五百沢智也、小玉秀男、藤井理行 (著者20名)
中央公論社   1976年   
氷河 朝日小辞典ヒマラヤ 
藤井理行
朝日新聞社   1977年   
南極の科学4 「氷と雪」
楠宏、前晋爾、藤井理行
古今書院   1982年   
ヒマラヤ山脈の氷河 ヒマラヤ研究
藤井理行、渡邉興亜
山と渓谷社   1982年   
ヒマラヤの気候と氷河 -大気圏と雪氷圏の相互作用-
安成哲三、藤井理行
東京堂   1983年   
二つの極
藤井理行 他8名
丸善   1989年   
雪氷辞典
藤井理行、他31名
日本雪氷学会編、古今書院   1990年   
雪氷コアによるアジアの乾燥史の復元 黄砂
中尾正義、藤井理行、上田豊
古今書院   1991年   
氷床コアに記された古気候・古環境 南極の科学1 「総説」
藤井理行、渡邉興亜
古今書院   1991年   
氷河 地球環境データブック
藤井理行
オーム社   1993年   
氷の中の周期性 地球と文明の周期: 文明と環境 第1巻
渡邉興亜、神山孝吉、藤井理行
朝倉書店   1995年   
歴史的にみた地球環境の変遷 ’96/’97 環境年表、藤井理行、小野有五(編)
藤井理行
オーム社   1995年   
アイスコアの解析 北極圏の大気科学 -エアロゾルの挙動と地球環境
庄子仁、藤井理行、渡邉興亞
名古屋大学出版会   2000年   

講演・口頭発表等

 
A 320 k-year ice core record of dust flux at Dome Fuji, Antarctica and reconstruction of wind speed. [招待有り]
Fujii, Y.
Workshop on Antarctic ice-sheet dynamics and climatic change: Modelling and Ice Composition Studies. 6-7 April, 2004, Brussel.   2004年   
Past volcanic signals recorded in polar ice cores. [招待有り]
Fujii, Y. and Kohno, M.
The Second Kagi21(Kyoto University Active Geosphere Investigation for the 21st Century) International Symposium, Beppu, 2 November, 2004, Japan.   2004年   
NAO and AO signals recorded in Greenland and Svalbard ice cores. [招待有り]
Fujii, Y., Kamiyama, K., Motoyama, H., Azuma, K., Igarashi, M., Shoji, H., Kameda, T., H. Narita and O. Watanabe
International Workshop on The ILTS Research Project "Atmosphere-Biosphere-Cryosphere Interactions in the Cold Terrestrial Region, 4-5 December, 2001, Sapporo.   2001年   
Climate change in Holocene reconstructed in Mizuho and Dome F ice cores. [招待有り]
Fujii, Y. and Watanabe, O.
PAGES/NSF Workshop on High-Resolution Climate Variability of the Holocene, October, Avignon, France.   2000年   
氷床コアから復元された気候変動-ドーム計画の成果-. [招待有り]
藤井理行
日本地質学会総会シンポジウム「第四紀気候変動-海・陸・氷床そしてモデリング-」   1998年   

Works

 
第18次日本南極地域観測隊参加(越冬)
1976年 - 1978年
第25次日本南極地域観測隊参加(越冬)
1983年 - 1985年
第32次日本南極地域観測隊参加(越冬隊長)
1990年 - 1992年
第37次日本南極地域観測隊参加(越冬隊長)
1995年 - 1997年
南極氷床ドールふじ深層コア研究
1998年

競争的資金等の研究課題

 
地球規模気候変動に関する研究
雪氷圏変動に関する研究
火山活動と気候変化に関する研究
基盤研究(S)「氷床コアの高時間分解能解析による急激な気候・環境変動の解明」、研究代表者、平成15-19年度
基盤研究(B)「雪氷コア解析に基づく広域エアロゾルの光学的厚さと放射強制力の変動」研究代表者、平成12年~14年度

社会貢献活動

 
社会活動・貢献など
【その他】
環境問題講演会「地球温暖化と南極」(2009.12)
社会活動・貢献など
【その他】
日本原子力学会講演(2009.3)
社会活動・貢献など
【その他】
シンポジウム「地球温暖化とちゅら海」(2008.11)
社会活動・貢献など
【その他】
日本技術士会応用物理部会講演会(2008.5)
社会活動・貢献など
【その他】
南極観測50周年記念講演(2006.11 札幌、同12月 東京、名古屋)

その他

 
南極氷床深層コアを用いた研究は、規模の大きな学際的な共同研究として進められている。この中で、乾燥地域や火山活動を起源とする固体微粒子、海洋藻類起源のメタンスルホン酸の量比変動に関する地球科学的な研究を進めた。固体微粒子のフラックスの変化は、海面変動に伴う露出大陸棚面積の変化と大気輸送力の変化に起因すると考えに基づき、過去の風速を復元することができた。また、海洋藻類起源のメタンスルホン酸の濃度変化と気温を指標する酸素同位体組成の変化から、氷期サイクルにおける海洋循環に関する新たな知見を得た。これらの結果については、共同研究の成果として論文をとりまとめている。今後は、10万年周期問題など氷期スケールの気候変動のメカニズム全貌解明に向け、その研究環境づくりなどに尽力したい。