早川 誠

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/21 03:04
 
アバター
研究者氏名
早川 誠
 
ハヤカワ マコト
URL
http://www.geocities.jp/collegelifecafe3666/
所属
立正大学
部署
法学部法学科
職名
教授
学位
博士(法学)(東京大学大学院), 修士(法学)(東京大学), 法学士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2000年4月
 - 
2002年3月
立正大学 法学部 専任講師
 
2000年4月
 - 
2003年3月
立正大学 法学部 法学科 講師
 
2003年4月
 - 
2003年8月
東京大学 法学部 非常勤講師
 
2003年4月
 - 
2007年3月
立正大学 法学部 法学科 助教授
 
2003年8月
 - 
2003年8月
神戸大学 法学部 非常勤講師
 

学歴

 
1994年4月
 - 
1997年3月
東京大学大学院 法学政治学研究科 政治
 
1992年4月
 - 
1994年3月
東京大学 法学政治学研究科 
 
1987年4月
 - 
1992年3月
東京大学 法学部 公法
 

委員歴

 
2007年6月
 - 
2008年1月
品川区基本構想等策定委員会  専門委員
 
2013年4月
 - 
現在
大学史編纂委員会  専門委員
 
2013年12月
 - 
現在
1  世話人
 
2015年1月
 - 
現在
文献委員会委員
 
2015年8月
 - 
2015年12月
品川区総合戦略策定委員会  委員長
 

受賞

 
2013年3月
立正大学蘊奥褒賞
 

論文

 
公職追放解除後の石橋湛山-教育者としての軌跡を中心に-(上)
立正大学史紀要   1 5-23   2016年3月   [査読有り]
石橋湛山と現実主義 ―立正大学の視点から―
自由思想   (127) 42-50   2012年12月
第55代総理大臣であり、立正大学第16代学長でもあった石橋湛山の思想について、学長時代の論考や日蓮宗の人脈にも目を配りつつ、現実主義的な思考様式にその特色を求める。
熟議デモクラシーとグローバル化の諸側面
思想   (1020) 250-267   2009年4月
結社と民主政治―アソシエーションから政治は生まれるのか―
年報政治学2008Ⅰ『国家と社会』   61-81   2008年6月
討議デモクラシーの源泉と射程-日米比較の視点から-
立正法学論集   39(2)    2006年3月

Misc

 
早川誠
政治思想学会会報   (44) 1-5   2017年7月
タフツ大学で見たアメリカ大統領選挙-民主主義を信じる者の苦悶-
早川誠
自由思想   (145) 14-21   2017年6月   [依頼有り]
ポピュリズム全盛時代の熟議の可能性を探って(田村哲樹著『熟議民主主義の困難』書評)
早川誠
週刊読書人   (3196) 4-4   2017年6月   [依頼有り]
方法論から応用へ、そして二つの誘惑(松元雅和著『応用政治哲学──方法論の探求』書評)
政治思想研究における「方法」(『政治思想研究』)   (17) 468-469   2017年5月   [依頼有り]
日本経済新聞朝刊2016年9月19日      2016年9月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
杉田敦・川崎修他 (担当:共著, 範囲:ラスキ『主権の基礎』)
法政大学出版局   2014年9月   ISBN:9784588625275
風行社   2014年6月   ISBN:978-4-86258-084-9
代表制民主主義を、直接民主主義に代わる必要悪の制度としてではなく、一貫した思想として理解する。
岩波書店   2014年2月   ISBN:9784000113540
東京大学出版会   2012年7月   ISBN:978-4-13-032219-5
有斐閣   2012年3月   ISBN:9784641124547

講演・口頭発表等

 
『立法学のフロンティア』書評 ~政治理論の視点から~
東京法哲学研究会   2014年12月20日   
「代表制の政治思想」コメンテーター
日本政治学会   2013年9月15日   
「多様化する多文化主義」司会
日本政治学会   2013年9月15日   
「討議(熟議)デモクラシーと議会」コメンテーター
政治思想学会   2012年5月27日   
石橋湛山と現実主義
日本金融学会   2012年5月19日   

競争的資金等の研究課題

 
多文化共生社会の変容と新しい労働政策・宗教政策・司法政策に関する国際比較研究
科学研究費: 基盤研究(A)
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月
グローバル・シティーの変容と「新しい公共空間」の形成に関する国際的比較研究
科学研究費: 基盤研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月
グローバル・シティの形成と展開に関する国際的比較研究
科学研究費: 基盤研究(B)
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月
多文化共生社会の福祉政策・教育政策・人権政策に関する国際的比較研究
科学研究費: 基盤研究(B)
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月
自治体議会における討議民主主義の現状と展望
不明: 基盤(C)
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月

社会貢献活動

 
総合研究開発機構客員研究員
【調査担当, 報告書執筆】  総合研究開発機構  2017年6月 - 現在
品川区総合戦略推進委員会(委員長)
【その他】  品川区  2017年3月 - 現在
世田谷市民大学講師
【講師】  2015年9月 - 2015年12月
品川区総合戦略策定委員会(委員長)
【】  2015年8月 - 2015年12月
総合研究開発機構客員研究員
【調査担当, 報告書執筆】  2015年5月 - 2016年8月