竹内 孔一

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/11 03:07
 
アバター
研究者氏名
竹内 孔一
 
タケウチ コウイチ
URL
http://cl.cs.okayama-u.ac.jp/
所属
岡山大学
部署
自然科学研究科
職名
講師
学位
博士(工学)(奈良先端科学技術大学院大学), 修士(工学)(奈良先端科学技術大学院大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2003年
   
 
- 岡山大学自然科学研究科 講師
 

学歴

 
 
 - 
1998年
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 情報処理学
 

委員歴

 
2014年
 - 
2016年
電子情報通信学会  委員長
 

受賞

 
2004年
言語処理学会第10回年次大会優秀発表賞
 

Misc

 
隠れマルコフモデルによる日本語形態素解析のパラメータ推定
竹内孔一,松本裕治
情報処理学会論文誌   38(3) 500-509   1997年
Japanese OCR Error Correction Using Stochastic Morphological Analyzer and Probabilistic Word N-gram
*K. Takeuchi and Y. Matsumoto
Proceedings of the Eighteenth International Conference on Computer Processing of Oriental Languages (ICCPOL'99)      1999年
統計的言語モデルを用いたOCR誤り訂正システムの構築
*竹内孔一, 松本裕治
情報処理学会論文誌      1999年
統計的言語モデルを用いたOCR誤り訂正システムの構築
竹内孔一, 松本裕治
情報処理学会論文誌   40(6) 2679-2689   1999年
A Grammatical Framework for Analysing Japanese Nominal Compounds with Special Reference to Specialised Terms
K. Uchiyama, *K. Takeuchi, M. Yoshioka, K. Kageura, and T. Koyama
Proceedings of the 12th World Congress of Applied Linguistics (AILA'99)      1999年

書籍等出版物

 
Thesaurus with Predicate-Argument Structure to Provide Base Framework to Determine States, Actions, and Change-of-States
IGI Global   2016年   ISBN:152250432X

講演・口頭発表等

 
統計的形態素解析と文字 N-gram を利用したOCR誤り訂正
情報処理学会 自然言語処理研究会   1999年   
専門分野における複合名詞の語構成要素の品詞相当カテゴリーに関する一考察
言語処理学会第5回年次大会   1999年   
Overview of the TMREC Tasks
NTCIR Workshop on Research in Japanese Text Retrieval and Term Recognition   1999年   
Evaluation of the Term Recognition Task
NTCIR Workshop on Research in Japanese Text Retrieval and Term Recognition   1999年   
Evaluation of the Role Analysis Task
NTCIR Workshop on Research in Japanese Text Retrieval and Term Recognition   1999年   

Works

 
情報集約に必要な文脈と名詞の属性を考慮した動詞の多義性解消モデルの構築
2007年 - 2008年
情報集約に必要な文脈と名詞の属性を考慮した動詞の多義性解消モデルの構築     
2008年 - 2009年
代表性を有する大規模日本語書き言葉コーパスの構築
2009年 - 2010年
専門分野テキストコーパスからの体系化された用語抽出
2009年 - 2010年
代表性を有する大規模日本語書き言葉コーパスの構築
2010年 - 2011年

競争的資金等の研究課題

 
述語項構造辞書構築と類義表現獲得の研究
研究期間: 2004年   
述語を中心とした意味構造を言語学で提案されてきた語彙概念構造を拡張させて,述語の概念フレームと項の意味役割を整理して,同定システムを構築する.具体的には「彼が本を買う」は「購入する」と同じであること,また「彼が本を妹に買った」の場合,購入した本は妹の手に渡ることを同定しつつ,類義表現の同定を行う.
用語対抽出に関する研究
研究期間: 2004年   
意味役割および概念フレーム付与システムの研究
フロンティア研究
研究期間: 2004年