松村 敦

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/05 02:57
 
アバター
研究者氏名
松村 敦
所属
筑波大学
部署
図書館情報メディア系
職名
助教
学位
博士(理学)(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1997年
 - 
2001年
日本学術振興会 リサーチ・アソシエイト
 
2004年7月
 - 
2007年3月
国文学研究資料館 共同研究員
 

学歴

 
 
 - 
1992年
東北大学 理学部 物理学
 
 
 - 
1997年
東北大学 理学研究科 物理学
 

委員歴

 
2017年4月
   
 
情報処理学会  人文科学とコンピュータ研究会/幹事
 
2015年4月
 - 
2017年3月
情報処理学会  人文科学とコンピュータ研究会/主査
 
2013年4月
 - 
2015年3月
情報処理学会  人文科学とコンピュータ研究会/幹事
 

受賞

 
2008年5月
情報知識学会 情報知識学会論文賞
 

論文

 
子どもの質問を利用したソーシャル絵本推薦システムの提案
松村,敦;柿島大貴;宇陀則彦
図書館情報メディア研究   13(2) 23-35   2015年   [査読有り]
知識創出を目指した集合知再構成手法の提案
川戸,祐介;松村,敦;宇陀,則彦
ディジタル図書館   (33) 46-51   2007年11月
動画における字幕デザインのパーソナライズ要素の検討
稲垣洸雄;松村敦;宇陀則彦
情報知識学会誌   26(2) 239-244   2016年5月
近年の動画制作において,見やすい字幕の構築が重視されてきている.これは,モバイル端末の普及により,音がなくても内容を理解できるようにするためである.この字幕に対し,それぞれの視聴者にとって,最適な速度や文章枠といった字幕デザインをパーソナライズして提供できれば,より良い動画視聴体験を提供できると考えられる.そこで本研究では,動画の字幕表示におけるパーソナライズが必要な要素を明らかにすることを目的とし,動画視聴実験を行った.本稿ではその結果を報告する.
メタ認知と感情に着目した対話による情報検索支援
青山優里彩;松村敦;宇陀則彦
情報知識学会誌   26(2) 233-238   2016年5月
本研究は、情報検索時のメタ認知と感情の側面を支援することで検索パフォーマンスを向上させることを目的とする。2体のチャットボットを用意し、検索行動時に対話することによって検索パフォーマンスの向上を目指す。1体はユーザのメタ認知を促進させる対話をし、もう1体は主にはげます対話をするボットを開発した。ボットとの対話による検索パフォーマンスへの効果を検証するべく、ユーザ実験を行った結果について報告する。
ソーシャル絵本推薦システムにおける自動推薦機能導入の試み
松村敦;濱沖肯志郎;榎本祐季;三島悠希
情報知識学会誌   26(2) 211-216   2016年5月
子どもの質問には,その子どもの興味が表れることに着目して,登録された質問に人手で絵本を推薦するソーシャル絵本推薦システム「ぴくぶく」を開発している.本稿では,「ぴくぶく」に自動推薦機能を追加することで,絵本の推薦率を向上させ,活発な絵本推薦を促すことを試みた.14組の親子を対象とした利用実験を行った結果を報告する.

講演・口頭発表等

 
動画における字幕デザインのパーソナライズ要素の検討
稲垣洸雄;松村敦;宇陀則彦
情報知識学会第24回(2016年度)年次大会   2016年5月14日   情報知識学会
近年の動画制作において,見やすい字幕の構築が重視されてきている.これは,モバイル端末の普及により,音がなくても内容を理解できるようにするためである.この字幕に対し,それぞれの視聴者にとって,最適な速度や文章枠といった字幕デザインをパーソナライズして提供できれば,より良い動画視聴体験を提供できると考えられる.そこで本研究では,動画の字幕表示におけるパーソナライズが必要な要素を明らかにすることを目的とし,動画視聴実験を行った.本稿ではその結果を報告する.
メタ認知と感情に着目した対話による情報検索支援
青山優里彩;松村敦;宇陀則彦
情報知識学会第24回(2016年度)年次大会   2016年5月14日   情報知識学会
本研究は、情報検索時のメタ認知と感情の側面を支援することで検索パフォーマンスを向上させることを目的とする。2体のチャットボットを用意し、検索行動時に対話することによって検索パフォーマンスの向上を目指す。1体はユーザのメタ認知を促進させる対話をし、もう1体は主にはげます対話をするボットを開発した。ボットとの対話による検索パフォーマンスへの効果を検証するべく、ユーザ実験を行った結果について報告する。
ソーシャル絵本推薦システムにおける自動推薦機能導入の試み
松村敦;濱沖肯志郎;榎本祐季;三島悠希
情報知識学会第24回(2016年度)年次大会   2016年5月14日   情報知識学会
子どもの質問には,その子どもの興味が表れることに着目して,登録された質問に人手で絵本を推薦するソーシャル絵本推薦システム「ぴくぶく」を開発している.本稿では,「ぴくぶく」に自動推薦機能を追加することで,絵本の推薦率を向上させ,活発な絵本推薦を促すことを試みた.14組の親子を対象とした利用実験を行った結果を報告する.
インターネットショップ利用者の快楽的買物動機の特徴
嵯峨千鶴;松村,敦
第11回 日本感性工学会春季大会   2016年3月26日   日本感性工学会
21世紀図書館情報専門職養成研究基盤アーカイブ構築に向けた 情報アーキテクチャに関する一考察
宇陀則彦;松村,敦;阪口哲男;三森弘;水嶋英治;逸村裕
第45回ディジタル図書館ワークショプ   2013年9月26日   

競争的資金等の研究課題

 
情報検索に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2001年 - 2005年
文化情報資源の共有化システムに関する研究
研究期間: 2004年7月