島津 明人

J-GLOBALへ         更新日: 16/07/12 16:56
 
アバター
研究者氏名
島津 明人
 
シマズ アキヒト
URL
http://wlb.umin.jp/
所属
東京大学
部署
大学院医学系研究科精神保健学分野
職名
准教授
科研費研究者番号
80318724

プロフィール

(専門)
・臨床心理学,精神保健
(研究・活動内容)
 ・職場のメンタルヘルスの研究と実践
 ・従業員と職場組織の活性化に関する研究と実践
(主な著書)
・ワーク・エンゲイジメント:ポジティブメンタルヘルスで活力ある毎日を,労働調査会(2014年)
・ワーク・エンゲイジメント:基本理論と研究のためのハンドブック, 星和書店(2014年)
・職場のストレスマネジメント(CD付き):セルフケア教育の企画・実施マニュアル,誠信書房(2014年)
・ワーク・エンゲイジメント入門,星和書店(2012年)
・災害時の健康支援,誠信書房(2012年)
・自分でできるストレス・マネジメント,培風館,2008年
・職場におけるメンタルヘルスのスペシャリストBOOK, 培風館,2007年
・じょうずなストレス対処のためのトレーニングブック,法研,2003年
・職場不適応と心理的ストレス,風間書房,2003年

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
南オーストラリア大学 客員准教授
 
2006年10月
 - 
現在
東京大学 大学院医学系研究科精神保健学分野 准教授
 
2003年4月
 - 
2007年3月
広島大学 大学院教育学研究科心理学講座 助教授
 
2005年3月
 - 
2006年3月
ユトレヒト大学 社会科学部社会・組織心理学科 客員研究員
 
2001年3月
 - 
2003年4月
広島大学 大学院教育学研究科心理学講座 講師
 

学歴

 
1994年4月
 - 
2000年6月
早稲田大学 大学院文学研究科 心理学専攻
 
1989年4月
 - 
1993年3月
早稲田大学 文学部 心理学専修
 

委員歴

 
2016年7月
 - 
現在
日本行動医学会  理事長
 
2015年11月
 - 
現在
日本心理学会  国際賞選考委員会委員
 
2015年8月
 - 
現在
日本臨床心理士会  産業・組織領域委員会 委員
 
2015年7月
 - 
現在
International Commission on Occupational Health: The Scientific Committee on Work Organisation and Psychosocial Factors  Secretary
 
2014年9月
 - 
現在
人を大切にする経営学会  常任理事
 
2014年4月
 - 
現在
日本産業衛生学会  編集委員
 
2012年8月
 - 
現在
Academy for Asia Pacific Academy for Psychosocial Factors at Work  Vice-president, National representative of Japan
 
2012年7月
 - 
2016年6月
日本行動医学会  副理事長,編集委員長
 
2012年3月
 - 
2015年6月
International Commission on Occupational Health: The Scientific Committee on Work Organisation and Psychosocial Factors  Co-chair
 
2012年1月
 - 
現在
International Journal of Behavioral Medicine  Editorial board
 
2010年7月
 - 
現在
日本産業精神保健学会  理事
 
2008年10月
 - 
現在
日本産業精神保健学会  編集委員
 
2007年1月
 - 
現在
BioSience Trends  Editor
 
2006年11月
 - 
現在
日本産業衛生学会  代議員
 
2004年1月
 - 
現在
Journal of Occupational and Organizational Psychology  Consulting Editor
 
2002年11月
 - 
現在
日本産業衛生学会 産業精神保健学会  世話人
 
2000年2月
 - 
現在
日本産業ストレス学会  編集幹事
 
1999年12月
 - 
現在
日本産業ストレス学会  理事
 
2008年7月
 - 
2012年6月
日本行動医学会  研究推進委員長
 
2003年6月
 - 
2010年7月
日本産業精神保健学会  評議員
 

受賞

 
2015年12月
日本産業ストレス学会 奨励賞
 
2014年5月
日本産業衛生学会 奨励賞
 
2012年7月
日本産業精神保健学会 島悟賞
 
2011年5月
日本産業衛生学会 優秀発表賞
 
2011年5月
日本心理学会 国際賞奨励賞
 

論文

 
Work engagement as a predictor of onset of major depressive episode (MDE) among workers, independent of psychological distress: A 3-year prospective cohort study.
Imamura, K., Kawakami, N., Inoue, A., Shimazu, A., Tsutsumi, A., Takahashi, M., & Totsuzaki, T.
PLOS One   in press    [査読有り]
Psychological detachment from work during nonwork time: Linear or curvilinear relations with mental health and work engagement.
Shimazu, A., Matsudaira, K., de Jonge, J., Tosaka, N., & Takahashi, M.
in press    [査読有り]
Validation of the Japanese version of the Job Crafting Scale. Journal of Occupational Health.
Eguchi, H., Shimazu, A., Bakker, A. B., Tims, M., Kamiyama, K., Hara, Y., Namba, K., Inoue, A., Ono, M., & Kawakami, N.
Journal of Occupational Health   in press    [査読有り]
DNA Methylation Status of the Methylenetetrahydrofolate Reductase Gene is associated with Depressive Symptoms in Japanese Workers: A Cross-Sectional Study
Miyaki, K., Song, Y., Suzuki, T., Eguchi, H., Kawakami, N., Takahashi, M., Shimazu, A., Inoue, A., Kurioka, S., Kan, C., & Tsutsumi, A.
Journal of Neurology and Neurological Disorders   in press    [査読有り]
The moderating effect of health-improving workplace environment on promoting physical activity in white-collar employees: A multi-site longitudinal study using multi-level structural equation modeling.
Watanabe, K., Otsuka, Y., Shimazu, A., & Kawakami, N.
Journal of Occupational and Environmental Medicine.   in press    [査読有り]
Epigenetic changes caused by occupational stress in humans revealed through noninvasive assessment of DNA methylation of the Tyrosine Hydroxylase Gene
Miyaki, K., Suzuki, T., Song, Y., Suzuki, T., Tsutsumi, A., Kawakami, N., Takahashi, M., Shimazu, A., Inoue, A., Kurioka, K., Kan, C., Sasaki, Y., Shimbo, T.
Journal of Neurology and Neurological Disorders   in press    [査読有り]
Relationship between sickness presenteeism (WHO-HPQ) with depression and sickness absence due to mental disease in a cohort of Japanese workers
Suzuki, T., Miyaki, K., Song, Y., Tsutsumi, A., Kawakami, N., Shimazu, A., Takahashi, M., Inoue, A., & Kurioka, S.
Journal of Affective Disorders.   in press    [査読有り]
病院看護職における感情労働とワーク・エンゲイジメントおよびストレス反応との関連
加賀田聡子, 井上彰臣, 窪田和巳, 島津明人
行動医学研究   21 83-90   2015年   [査読有り]
Disabling low back pain associated with night shift duration: Sleep problems as a potentiator
Takahashi, M., Matsudaira, K., & Shimazu, A.
American Journal of Industrial Medicine   58 1300-1310   2015年   [査読有り]
労働者の収入とメンタルヘルス -職の不安定性による媒介効果に注目して-
堤明純・井上彰臣・島津明人・高橋正也・川上憲人・栗岡住子・江口尚・宮木幸一・遠田和彦・小杉由起・戸津崎貴文
校正の指標   62(11) 1-8   2015年   [査読有り]
Effects of an internet-based cognitive behavioural therapy intervention on preventing major depressive episodes among workers: a protocol for a randomised controlled trial.
Imamura K, Kawakami N, Furukawa TA, Matsuyama Y, Shimazu A, Kasai K.
BMJ Open      2015年   [査読有り]
Effects of an Internet-Based Cognitive Behavioral Therapy Intervention on Improving Work Engagement and Other Work-Related Outcomes: An Analysis of Secondary Outcomes of a Randomized Controlled Trial.
Imamura K, Kawakami N, Furukawa T, Matsuyama Y, Shimazu A, Umanodan R, et al.
Journal of Occupational and Environmental Medicine   in press    [査読有り]
Socioeconomic determinants of bullying in the workplace: A national representative sample in Japan
Tsuno K, Kawakami N, Tsutsumi A, Shimazu A, Inoue A, Odagiri Y, Yoshikawa T, Haratani T, Shimomitsu T, Kawachi I.
PLosOne   10(3) -8   2015年   [査読有り]
Workaholism vs. work engagement: The two different predictors of future well-being and performance.
Shimazu, A., Schaufeli, W. B., Kamiyama, K., & Kawakami, N.
International Journal of Behavioral Medicine.   22 18-23   2015年
Effects of Computer-based Stress Management Training on Psychological Well-being and Work Performance in Japanese Employees: A Cluster Randomized Controlled Trial
Umanodan, R., Shimazu, A., Minami, M., & Kawakami, N.
52 480-491   2015年
Does Internet-based cognitive behavioral therapy (iCBT) prevent major depressive episode for workers? A 12-month follow-up of a randomized controlled trial.
Imamura, K., Kawakami, N., Furukawa, T., Matsuyama, Y., Shimazu, A., Umanodan, R., Kawakami, S., & Kasai, K.
Psychological Medicine.   DOI: http://dx.doi.org/10.1017    2015年   [査読有り]
Using social epidemiology and neuroscience to explore the relationship between job stress and fronto-temporal cortex activity among workers.
Kawasaki, S., Nishimura, Y., Takizawa, R., Koike, S., Kinoshita, A., Satomura, Y., Sakakibara, E., Sakurada, H., Yamagishi, M., Nishimura, F., Yoshikawa, A., Inai, A., Nishioka, M., Eriguchi, Y., Kakiuchi, C., Araki, T., Kan, C., Umeda, M., Shimazu, A., Hashimoto, H., Kawakami, N., & Kasai, K.
Social Neuroscience   in press    [査読有り]
Work engagement and high-sensitivity C-reactive protein levels among Japanese workers: A 1-year prospective cohort study.
Eguchi, H., Kawakami, N., Inoue, A., Shimazu, A., & Tsutsumi, A.
International Archives of Occupational and Environmental Health.   88 651-658   2015年   [査読有り]
Occupational and socioeconomic differences in actigraphically measured sleep.
Takahashi, M, Tsutsumi, A., Kurioka, S., Inoue, A., Shimazu, A., Kosugi, Y., & Kawakami, N.
Sleep Medicine   in press 
"East is East and West is West and never the twain shall meet" Work engagement and workaholism across eastern and western cultures.
Qiao, H., Schaufeli, W. B., Taris, T. W., Hessen, D., Hakanen, J., Salanova, M., & Shimazu, A.
Journal of the American Association of Behavioral and Social Sciences   1 6-24   2014年

Misc

 
Establishment of a Core Curriculum in Behavioral Science in Japan: The Importance of such a Curriculum from the Perspective of Psychology.
Shimazu, A., & Nakao, M.
BioPsychoSocial Medicin   in press 
産業領域におけるメンタルヘルス教育:効果的なプログラムに向けて
島津 明人
健康心理学研究   印刷中 
組織の活性化に向けたストレスチェックの戦略的活用
島津 明人
関西福祉科学大学EAP研究所紀要   印刷中 
ワーク・エンゲイジメント
島津 明人
日本医師会雑誌   印刷中(平成28年3月号) 
心理学の立場からみた行動科学コアカリキュラム
島津 明人
心身医学   56 24-28   2016年
総論 ワーク・エンゲイジメントのすすめ
島津 明人
安全と健康   92 6-10   2015年
ワーク・エンゲイジメントとポジティブメンタルヘルス
島津 明人
産業保健   21(82) 6-7   2015年
ワーク・エンゲイジメントに注目した個人と組織の活性化
島津 明人
日本職業・災害医学会誌   63(205) 209   2015年
女性労働者のストレスとワーク・エンゲイジメント
櫻谷あすか・島津明人
産業ストレス研究   22 225-230   2015年
共働き夫婦におけるワーク・ライフ・バランスとメンタルヘルス
島津 明人
産業精神保健   23(特別号) 124-127   2015年
ワーク・ライフ・バランス
島津 明人
臨床心理学   15 308-312   2015年
産業保健と経営との協働に向けて:ワーク・エンゲイジメントの視点から.
島津 明人
産業・組織心理学研究   28 103-110
ポジティブ・メンタルヘルス「ワーク・エンゲイジメント」
島津 明人
   2014年
ワーク・ライフ・バランスとメンタルヘルス:共働き夫婦に焦点を当てて
島津 明人
日本労働研究雑誌   653(印刷中) 
個人の仕事の再構築を通じたワーク・エンゲイジメント
島津 明人
産業ストレス研究   22 113-117   2014年
職場のメンタルヘルス入門編「ワーク・エンゲイジメント」
島津 明人
産業ストレス研究   21 295-297   2014年
ワーク・エンゲイジメント:「健全な仕事人間」とは
島津 明人
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー   32-42   2014年9月
職場改善活動の進め方の留意点は?
島津 明人
産業精神保健   22(特別号) 55-57   2014年7月
従業員のメンタルヘルスとモチベーションの関係について
島津 明人
産業精神保健   22(特別号) 51-54   2014年7月
総論:特集「職場が元気になるワーク・エンゲイジメント」にあたって
島津 明人
産業看護   6(3) 8-11   2014年

書籍等出版物

 
地域と職場で支える被災地支援
日本心理学会(監修)安藤清志・松井豊(編) (担当:分担執筆, 範囲:多職種協働によるこころの健康支援のシステム作成と支援:陸前高田市での実践活動)
誠信書房   
職場のポジティブ・メンタルヘルス:現場で活かせる最新理論
島津 明人 (担当:編者, 範囲:健康の増進と生産性の向上は両立する! -組織の強みに注目したマネジメント-, 良く働き良く遊べ! 気分転換は健康を促進する)
誠信書房   2015年   
行動医学テキスト
野村忍・堤明純・島津明人・中尾睦宏・吉内一浩(編著) (担当:編者, 範囲:対人行動と社会行動)
2015年   
Handbook of Research on Work-Life Balance in Asia
C. L., Cooper, & L. Luo (Eds) (担当:分担執筆, 範囲:Heavy work investment and work-family balance among Japanese dual-earner couples.)
Elgar Publishing Ltd. in press   2015年   
ポジティブメンタルヘルス=いきいき職場づくりテキスト
川上憲人・小林由佳 (編) (担当:共著, 範囲:ワーク・エンゲイジメント)
培風館 印刷中   2015年   
社会と健康
川上憲人, 橋本英樹, 近藤尚己(編) (担当:共著, 範囲:大石亜希子, 島津明人. ワーク・ライフ・バランスと労働)
東京大学出版会 印刷中   
ストレス学ハンドブック
丸山総一郎(編) (担当:共著, 範囲:ワーク・エンゲイジメントと個人・組織の活性化)
創元社   2015年   
産業安全保健ハンドブック
小木和孝 (担当:共著, 範囲:島津明人,川上憲人. 職場のメンタルヘルス専門職、 島津明人. 職場のストレス調査)
川崎.労働科学研究所 印刷中   
Heavy work investment: Its nature, sources, outcomes, and future directions
I. Harpaz & R. Snir (Eds.) (担当:共著, 範囲:How workaholism affects employees and their families.)
2015年   
組織改革の処方箋
川上憲人(編) (担当:共著, 範囲:組織を活性化するワーク・エンゲイジメント)
生産性出版   2014年   
Contemporary occupational health psychology: Global perspectives on research & practice (Volume 3)
S. Leka & R. Sinclair (Eds.) (担当:分担執筆, 範囲:Shimazu, A., Shimada, K., & Watai, I.  Work-family balance and well-being among Japanese dual-earner couples: A spillover-crossover perspective.)
Wiley-Blackwell   2014年   
誠信 心理学辞典
下山晴彦(編) (担当:共著, 範囲:健康心理学:総説,健康心理学とは,ストレスと健康)
誠信書房   2014年   
Psychosocial Factors at Work in the Asia Pacific.
D. Maureen, A. Shimazu, R. B. Nordin, P. Brough & M. Tuckey. (Eds) (担当:共著, 範囲:Workaholism in Japanese workers.)
2014年   
ワーク・エンゲイジメント: ポジティブメンタルヘルスで活力ある毎日を
島津 明人
労働調査会   2014年   
ワーク・エンゲイジメント:基本理論と研究のため のハンドブック
島津 明人(総監訳)
星和書店   2014年   
職場のストレスマネジメント(CD付き):セルフケ ア教育の企画・実施マニュアル
島津 明人(編著)
誠信書房   2014年   
ウィルマー・B・シャウフェリ, ピーターナル・ダイクストラ (担当:共訳)
星和書店   2012年11月   ISBN:4791108256
誠信書房   2012年9月   ISBN:4414802067
Handbook of Employee Engagement: Perspectives, Issues, Research and Practice.
Albrecht, S. (Ed) (担当:共著, 範囲:Work engagement from a cultural perspective.)
Edward-Elgar   2010年   ISBN:1841697362
Work engagement: A handbook of essential theory and research
A.B. Bakker & M.P. Leiter(Eds.) (担当:共著, 範囲:The Push and Pull of Work: About the Difference between Workaholism and Work Engagement.)
Psychology Press   2010年   ISBN:184844821X

競争的資金等の研究課題

 
ワーク・ライフ・バランスの向上を通じた労働者・夫婦・親子の健康支援に関する研究
日本学術研究会: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2015年4月 - 2020年3月    代表者: 島津 明人
労働生産性の向上に寄与する健康増進手法の開発に関する研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 労働安全衛生総合研究事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 島津 明人
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年4月 - 2015年3月    代表者: 島津 明人
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 島津 明人
本研究では,職業性ストレスの個人差要因としてワーク・ライフ・バランスに注目し,職業性ストレスが労働者の安寧に影響を及ぼすプロセスにおいて,ワーク・ライフ・バランスがどのような役割を果たすのか,そのメカニズムを実証的に明らかにすることを目的とした。文献レビュー,予備調査(横断調査),本調査(縦断調査)を通じて,ワーク・ライフ・バランスに関する健康障害プロセス(仕事のストレス要因→仕事・家庭葛藤→心身の不調)および動機づけプロセス(仕事の資源→仕事・家庭ポジティブ流出→モティベーション)が確認...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 島津 明人
本研究では,職業性ストレスモデルとして代表的な「仕事の要求度-コントロール-サポートモデル」と「努力-報酬不均衡モデル」の2つを取り上げ,1)職業性ストレスが健康に及ぼす影響の個人差とそのメカニズムを,対処行動に注目して明らかにすること,2)職場環境と個人の双方を考慮したストレス対処プログラムを開発し,その効果評価を行うこと,の2点を目的とした.本年度は以下の4点に関する検討を行った.1.文献レビュー職業性ストレスモデルのうち,特に「仕事の要求度-コントロール-サポートモデル」に注目し,同...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A), 若手研究(B))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 島津 明人
1.職業性ストレスと心理学的ストレスとの関連についてのレビュー職業性ストレスに関する主要な3つの理論モデル(NIOSH職業性ストレスモデル,仕事の要求度-コントロールモデル,努力-報酬不均衡モデル)について概説した.次に,それらの理論モデルのうち,仕事の要求度-コントロールモデルに焦点を当て,このモデルと心理学における諸要因との関連について言及した.最後に,心理学的ストレスモデルに基づいて行った筆者らのコーピングに関する実証研究を紹介した.2.職業性ストレスと対処行動との関連がストレス反応...
心理的ストレスに関する研究
従業員の精神的健康に関する研究
職業性ストレスに関する理論的研究
研究期間: 1999年