佐藤 伸

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/27 16:04
 
アバター
研究者氏名
佐藤 伸
 
サトウ シン
所属
青森県立保健大学
部署
健康科学部 栄養学科
職名
教授
学位
博士(環境科学)(北海道大学)
その他の所属
青森県立保健大学

研究分野

 
 

論文

 
Matsumoto E, Kataoka S, Mukai Y, Sato M, Sato S.
Journal of Developmental Origins of Health and Disease.   8(2) 178-187   2017年2月   [査読有り]
Tanaka M, Kita T, Yamasaki S, Kawahara T, Ueno Y, Yamada M, Mukai Y, Sato S, Kurasaki M, Saito T.
Biochemistry and Biophysics Reports   9 173-179   2017年1月   [査読有り]
Sato S, Kataoka S, Kimura A, Mukai Y.
Canadian Journal of Physiology and Pharmacology   94(12) 1298-1303   2016年12月   [査読有り]
Mukai Y, Hoshi F, Sato S.
Defects Research Part B: Developmental and Reproductive Toxicology,   107(4-5) 206-210   2016年8月   [査読有り]
Saori Kataoka, Yuuka Mukai, Mihoko Takebayashi, Megumi Kudo, Uson Rachael Acuram, Masaaki Kurasaki, Shin Sato
Reproductive Biology   16(2) 165-173   2016年2月   [査読有り]

Misc

 
胎生期・乳児期に高脂肪食に曝された仔ラットの乳児期に摂取した茶カテキン類の脂肪組織中のマクロファージ浸潤に及ぼす影響
齊藤楓、片岡沙織、佐々木ひなた、佐藤伸
2016年度青森県保健医療福祉研究発表会      2016年12月
授乳期に摂取した茶カテキン類は胎生期・乳児期に高脂肪食に曝された仔ラットの腎臓における炎症を抑制する
佐々木ひなた、片岡沙織、齊藤楓、佐藤伸.
2016年度青森県保健医療福祉研究発表会      2016年12月
茶カテキン類は胎生期・乳児期に高脂肪食に曝された仔ラットの脂肪組織中のマクロファージ浸潤を抑制する
齊藤 楓, 片岡沙織, 佐々木ひなた, 佐藤 伸.
第63回日本栄養改善学会学術総会      2016年9月
胎生期・乳児期に高脂肪食に曝された仔ラットの成長後の腎障害に及ぼす茶カテキン類の影響.
佐々木ひなた, 片岡沙織, 齋藤 楓, 佐藤 伸.
第63回日本栄養改善学会学術総会      2016年9月
妊娠期・授乳期に低蛋白食に曝された仔ラットの心臓中のマクロファージ浸潤に及ぼす緑茶抽出物の影響.
松本恵実, 向井友花, 片岡沙織, 佐藤 伸.
第63回日本栄養改善学会学術総会      2016年9月

書籍等出版物

 
Impacts of treatment with polyphenol-containing azuki bean (Vigna angularis) seed coats on vascular oxidative stress and inflammation in rats with hypertension. In: Functional and Medical Foods with Bioactive Compounds: Science and Practical Application (
Sato S, Mukai Y, Kurasaki M. (担当:共著)
Food Science Publisher   2013年5月   ISBN:9781483983394
木質系有機資源の新展開Ⅱ 「生体機能開発」128-133
シーエムシー出版社   2009年   ISBN:978-4-7813-0166-2
環境科学 環境の世紀を迎えて「第2章 化学物質汚染 -工業化の影で人を蝕む化学物質-」
同文書院,23-37   2001年   ISBN:4-8103-1245-3
Restriction of cadmium transfer to egg from laying hen exposed to cadmium: Involvement of metallothionein in the ovaries. In: Metallothionein IV.(CD Klaassen, ed.)
Birkhäuser Verlag, Basel, Swizerland,315-320.   1999年   ISBN:3-7643-5830-0
Metallothionein und die chronishe Toxizität von Kupfer.In: Kupfer und frühkindliche Leberzirrhose. Expositions-und Risikoabschätzung(HH Dieter, W Seffner, Hrsg.)
WaBoLu-Hefte 9/1994. Institut für Wasser-, Boden- und Luft-hygiene des Umweltbundesamtes pp38-42   1994年   ISBN:3-89254-221-

講演・口頭発表等

 
果糖と生活習慣病とのかかわり-甘い話にご注意を!-
佐藤 伸
青森県学校栄養士協議会(青森市、東郡地区)研修会   2017年1月13日   
病気への「かかりやすさ」は、もう、プログラムされている?
佐藤 伸
十和田市民大学講座   2016年10月14日   
食と健康の大切さを知ろう ― 栄養学の役割とチャレンジ ―
佐藤 伸
岩手県立一関第二高等学校 出張講義   2016年9月26日   
果糖と生活習慣病とのかかわり-甘い話にご注意を!-
佐藤 伸
青森県立保健大学 公開講座   2016年7月2日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
発育初期に摂取する食成分による次世代の肥満抑制効果の評価とその作用機序の解明
学術研究助成基金助成金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 片岡 沙織 (分担者 佐藤 伸)
胎生期の栄養環境による糖尿病の栄養センシング機構の解明とポリフェノールによる制御
学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 佐藤 伸 (他2名)
小豆のオートファジー促進作用を介した糖尿病性腎症の保護効果の評価
平成26年度豆類振興事業助成金(健康維持・増進領域)
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 佐藤 伸(他2名)
エピジェネチックな因子反応を応用したナノマテリアルの次世代影響評価法構築
学術研究助成基金助成金 基盤研究(B)
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 分担者(佐藤 伸)
胎生期低栄養に起因する肥満のポリフェノールによる代謝制御とその分子機構の解明
学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 佐藤 伸(他3名)

特許

 
特願2009-077625 : 動脈硬化症予防改善剤および動脈硬化症予防方法
特願2009-120368 : MCP-1産生抑制剤及びその利用

その他

 
2010年10月
「小豆由来廃物のヘルシーフードへの有効利用(ペットの事例)」北東北 公立大学・公設研究機関発 新技術説明会
2010年3月
「健康博覧会2010」への出展.
「木質系新素材「リグノフェノール」のメタボリックシンドロームにおける生理的意義と応用」
佐藤 伸,乗鞍 敏夫,向井 友花,藤田 修三.