掛川 渉

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/31 02:51
 
アバター
研究者氏名
掛川 渉
 
カケガワ ワタル
ハンドル
wkake
所属
慶應義塾大学
部署
医学部生理学
職名
准教授
学位
博士(医学)(群馬大学)
科研費研究者番号
70383718

経歴

 
2016年7月
   
 
慶應義塾大学 医学部生理学I教室 准教授
 
2011年10月
 - 
2016年6月
慶應義塾大学 医学部生理学I教室 専任講師
 
2007年4月
 - 
2011年9月
慶應義塾大学 医学部生理学I教室 助教
 
2004年4月
 - 
2007年3月
慶應義塾大学 医学部生理学I教室 助手
 
2003年5月
 - 
2003年12月
St. Jude Children's Research Hospital Department of Developmental Neurobiology Postdoc
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2003年3月
群馬大学 医学系研究科 生理学
 
1997年4月
 - 
1999年3月
群馬大学 工学系研究科 材料工学科
 
1993年4月
 - 
1997年3月
群馬大学 工学部 材料工学科
 

受賞

 
2014年9月
日本D-アミノ酸学会 日本D-アミノ酸学会奨励賞
受賞者: 掛川 渉
 
2013年3月
日本生理学会 入澤宏・彩記念若手奨励賞
受賞者: 掛川 渉
 
2012年4月
文部科学省 文部科学大臣賞表彰若手科学者賞 グルタミン酸受容体による記憶学習制御の研究
受賞者: 掛川 渉
 
2011年11月
慶應義塾大学医学部三四会 慶應義塾大学医学部三四会奨励賞 D-セリン-グルタミン酸受容体シグナリングによるシナプス可塑性および記憶学習制御
受賞者: 掛川 渉
 
2008年3月
日本生理学会 日本生理学会奨励賞 シナプス伝達・可塑性を制御するグルタミン酸受容体機能の解明
受賞者: 掛川 渉
 

論文

 
Structural basis for integration of GluD receptors within synaptic organizer complexes.
ELEGHEERT J, KAKEGAWA W, CLAY JE, SHANKS NF, BEHIELS E, MATSUDA K, KOHDA K, MIURA E, ROSSMANN M, MITAKIDIS N, MOTOHASHI J, CHANG VT, SIEBOLD C, GREGER IH, NAKAGAWA T, YUZAKI M, ARICESCU AR.
Science   353(6296) 295-299   2016年7月   [査読有り]
Transsynaptic modulation of kainate receptor functions by C1q-like proteins.
MATSUDA K, BUDISANTOSO T, MITAKIDIS N, SUGAYA Y, MIURA E, KAKEGAWA W, YAMASAKI M, KONNO K, UCHIGASHIMA M, ABE M, WATANABE I, KANO M, WATANABE M, SAKIMURA K, ARICESCU AR, YUZAKI M.
Neuron   90(4) 752-767   2016年5月   [査読有り]
Takeo Yukari H., Kakegawa Wataru, Miura Eriko, Yuzaki Michisuke
Journal of Neuroscience   35(36) 12518-12534   2015年9月
<p>The establishment of cell-type-specific dendritic arbors is fundamental for proper neural circuit formation. Here, using temporal- and cell-specific knock-down, knock-out, and overexpression approaches, we show that multiple aspects of the dend...
Kakegawa Wataru, Mitakidis Nikolaos, Miura Eriko, Abe Manabu, Matsuda Keiko, Takeo Yukari H., Kohda Kazuhisa, Motohashi Junko, Takahashi Akiyo, Nagao Soichi, Muramatsu Shin ichi, Watanabe Masahiko, Sakimura Kenji, Aricescu A. Radu, Yuzaki Michisuke
Neuron   85(2) 316-330   2015年1月
<p>Neuronal networks are dynamically modified by selective synapse pruning during development and adulthood. However, how certain connections win the competition with others and are subsequently maintained is not fully understood. Here, we show th...
Ito-Ishida Aya, Kakegawa Wataru, Kohda Kazuhisa, Miura Eriko, Okabe Shigeo, Yuzaki Michisuke
European Journal of Neuroscience   39(8) 1268-1280   2014年
<p>The formation of excitatory and inhibitory synapses must be tightly coordinated to establish functional neuronal circuitry during development. In the cerebellum, the formation of excitatory synapses between parallel fibers and Purkinje cells is...