岡崎 敦

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/22 11:17
 
アバター
研究者氏名
岡崎 敦
 
オカザキ アツシ
通称等の別名
岡崎 敦
所属
九州大学
部署
大学院人文科学研究院 歴史学部門 西洋史学講座
職名
教授
学位
文学修士(九州大学), 博士(文学)(熊本大学)
その他の所属
九州大学大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
九州大学 大学院人文科学研究院 教授
 
2007年4月
 - 
2011年3月
九州大学 大学院人文科学研究院 准教授
 
1999年4月
 - 
2007年3月
九州大学 文学部 助教授
 
1989年
 - 
1999年
福岡女子大学 文学部 助教授
 
1987年
 - 
1989年
福岡女子大学 文学部 専任講師
 
1983年10月
 - 
1987年3月
九州大学 文学部 助手
 

学歴

 
 
 - 
1991年11月
L'Univertsité de Paris I Histoire 3e cycle, DEA
 
 
 - 
1983年
九州大学 大学院文学研究科 史学科 西洋史学専攻 修士課程修了
 
 
 - 
1981年
九州大学 文学部 史学科 西洋史学専攻 卒業
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
九州西洋史学会  代表理事
 
2009年4月
 - 
2013年6月
西洋中世学会  常任委員会委員、研究会・講演会組織委員会委員長
 
2011年4月
   
 
九州西洋史学会  理事、事務局長、学会誌編集委員会委員
 
2005年4月
   
 
日仏歴史学会  理事
 

論文

 
王のモノグランマが付与された11世紀のシャルトル司教文書 ─封建期フランスにおける文書実践と王権
岡崎 敦
史淵   154 69-93   2017年3月
La juridiction gracieuse en voie de formation et la diplomatique épiscopale: le cas parisien (XIIe – début du XIIIe siècle)
岡崎 敦
Journal of Western Medieval History (SŎYANG CHUNGSESA YŎNGU)   38 3-35   2016年9月   [査読有り][招待有り]
Pratiques éprouvées et rénovations de la diplomatique (Orient / Occident) : enquêtes et réflexions
岡崎 敦
Annuaire de l’Ecole Pratique des Hautes Etudes, section des sciences historiques et philologiques. Résumés des conférences et travaux   147e année 161-166   2016年8月   [招待有り]
中世パリ司教座教会における「偽」文書作成(11-12世紀) ─ベネディクトゥス7世教皇文書の再検討─
岡崎 敦
史淵   153 59-86   2016年3月
パリ司教座教会における文書実践の諸相(9世紀−12世紀始め)
岡崎 敦
丹下栄編『カロリング期社会変革の基礎的研究。教会エリート、大所領』研究成果報告書   47-72   2015年3月   [招待有り]
中世パリ司教座教会における文書実践 制度・史料論的研究(9−12世紀)
岡崎 敦
熊本大学      2015年3月   [査読有り]
12世紀北フランスにおける私的な法行為の認証について
岡崎 敦
史淵   151 85-109   2014年3月
西欧中世研究の「文化史的」読解 ーテクスト、言説、主体ー
岡崎 敦
思想   (1074) 54-70   2013年10月
パリにおける教会非訟事項裁治権と司教代理判事制度の生成(13世紀はじめ)
岡崎 敦
史淵   150 95-128   2013年3月
岡崎 敦
九州大学附属図書館研究開発室年報   1-10   2011年
情報化の進展と国際化の拡大・深化のなかで,200年以上の歴史を誇るアーカイブズ学もまた変容を遂げてきた.ここでは,アーカイブズ,アーカイブズ学の現代的意義を再検証するため,その過去と現在をあらためて概観する.まずアーカイブズ,およびその管理についての基礎と現状を整理し,ついでフランスを例にとりながら,アーカイブズ管理の具体相を紹介する.最後に,情報管理のあり方自体が流動化する現在,どのような課題に直面しているのかについて論じる.
岡崎 敦
史淵   147(0) 141-171   2010年3月
メロヴィング期フランク王国と修道院
岡崎敦
道標   31 2-15   2010年
アベラールとは誰か ー西欧中世の史料論と知識人をめぐる二重の考察ー
日仏歴史学会会報   25 4-6   2010年
リテラシー研究の最前線 ー西欧中世史からー
九州歴史科学   37 79-85   2009年
岡崎 敦
歴史と地理   611 25-32   2008年2月
史料論のいま、文字史料ー西欧中世における文字テクストと読書行為ー
九州歴史科学   34 70-78   2006年
西洋中世史料論と日本学界ーいまなにが問題かー
岡崎敦
西洋史学   223 43-56   2006年   [招待有り]
中世末期フランスにおける国家行政と王印璽
神寳秀夫編『西欧中・近世における国家の統治構造と機能(平成15-17年度科学研究補助金研究成果報告書』   22-30   2006年
Pratiques documentaires dans l'Eglise cathérale de Paris au XIe siècle: les textes et leurs contextes génétiques
113-126   2005年   [招待有り]
パリ都市図をよむー近世西欧の空間認識と都市表象ー
岡崎敦
文明のクロスロードMuseum Kyushu   78 33-39   2004年   [招待有り]
アベラール/エロイーズ往復書簡集の真正性をめぐる諸問題
岡崎敦
史淵   141 83-125   2004年
岡崎 敦
七隈史学   0(4) 1-17   2003年3月   [査読有り]
西欧中世史料論と現代歴史学
OKAZAKI Atsushi
九州歴史科学   31 1-20   2003年   [査読有り]
岡崎 敦
西洋史学論集   0(39) 1-21   2001年   [査読有り]
岡崎 敦
歴史学研究   737 13-23   2000年6月   [招待有り]
11世紀北フランスに文書史料の危機はあったか
岡崎敦
西洋史学論集   37 1-21   1999年   [査読有り]
岡崎 敦
歴史学研究   706 36-44,63   1998年1月   [招待有り]
パリ司教座教会参事会における共同生活(9-12世紀)
岡崎敦
西洋史学論集   34 1-27   1996年   [査読有り]
岡崎 敦
史學雜誌   104(7) 1247-1283, 1358-1359   1995年7月
L'encadrement religieux des campagnes, qui s'est degrade a la suite de la dislocation de l'ordre carolingien, a du etre assure par le reseau des eglises privees appartenant a des monasteres; ces dernieres ont profite, presque exclusivement, de la ...
岡崎 敦
西洋史研究   24 45-81   1995年   [査読有り][招待有り]
パリ司教区の大助祭(11-12世紀)
岡崎敦
西洋史学論集   32 1-20   1994年   [査読有り]
岡崎 敦
文芸と思想   53(0) 48-66   1989年1月
12世紀パリ地方の小教区について
岡崎 敦
26 37-54   1987年   [査読有り]
岡崎 敦
史淵   123 39-76   1986年3月

Misc

 
論説 レコードキーピング時代の情報管理専門職人材養成について
岡崎 敦
九州大学付属図書館研究開発室年報   2013/2014 18-24   2014年10月
記録情報管理分野の現状とマネジメント人材の育成 —九州大学大学院ライブラリーサイエンス専攻の目指す人材像—
岡崎 敦
Records Information Management Journal   (25) 16-26   2014年2月
中世ヨーロッパにおける私文書の公証 ー歴史的概観と研究の現状ー
岡崎 敦
「人間文化資源」の総合的研究 9-19世紀文書資料の多元的複眼的比較研究 2012年度年次報告   265-271   2013年
アーカイブズ学の現在
岡崎 敦
西欧中世文書の史料論的研究 平成23年度年次活動報告書   156-165   2012年
現代アーカイブズ理論と中世史料論研究
岡崎 敦
西欧中世文書の史料論的研究 平成23年度年次活動報告書   82-89   2012年
非訟裁治権とはなにか ー教会とフランス王権を中心にー
岡崎 敦
西欧中世文書の史料論的研究 ―平成22年度年次活動報告書ー   41-48   2011年
契約文書の文書論 ー西欧中世文書論の観点からー
岡崎 敦
9-12世紀文書史料の多元的複眼的比較研究 2010年度年次報告書   239-243   2011年
手書き資料の「考古学」 ―西欧中世史料学とテクスト学―
岡崎 敦
人間文化研究資料の多元的複眼的比較研究(人間文化機構総合推進事業 2009年度活動提案報告書   18-23   2010年
リテラシー研究の最前線ー西欧中世史からー
岡崎 敦
西欧中世文書の史料論的研究 ー平成20年度年次活動報告書   77-86   2009年
文書史料とはなにかー類型と機能ー
岡崎 敦
西欧中世文書の史料論的研究 ー平成20年度年次活動報告書   13-24   2009年
Tock Benoit-Michel (trad. par OKAZAKI Atsushi)
古文書研究   0(65) 71-88   2008年5月
初期カペー王の文書ー統治と文書形式
岡崎 敦
西欧中世比較史料論研究 平成18年度年次活動報告書   59-64   2008年
記憶の管理とカルチュレールーモレルとシャスタンの仕事をめぐってー
岡崎 敦
『西欧中世比較史料論研究 平成19年度年次活動報告書   49-60   2008年
西欧中世史料論研究の現在ー序論としてー
岡崎 敦
西欧中世比較史料論研究 平成19年度年次活動報告書   5-13   2008年
モレル ロラン, 岡崎 敦
史学   76(2) 251-282   2007年12月
論文一 文書形式学者にとってのオリジナル : 実務に照らしての定義の再検討二 atuthenticumとexemplar : オリジナルという意識三 オリジナルの核心 オリジナルの物質性 「聖なるもの」についての問題 変容はあったのか? : 十一世紀のある史料についての諸問題
Tock Benoit-Michel, 岡崎 敦
史淵   144(0) 77-107   2007年3月
西欧中世史料論研究会(中央大学・九州大学,2005.11)フランス語報告原稿の訳
「文書伝来」問題とはなにかー個別報告と総合討論ー
岡崎 敦
西欧中世比較史料論研究 平成18年度年次活動報告書   92-96   2007年

書籍等出版物

 
新しく学ぶ西洋の歴史
岡崎 敦 (担当:分担執筆, 範囲:第1章1 西ヨーロッパ世界の形成)
ミネルヴァ書房   2016年2月   
過去を伝える、今を遺す(史学会125周年リレーシンポジウム2014)
岡崎 敦 (担当:編者, 範囲:「はじめに」)
山川出版社   2015年11月   
契約と紛争の比較史料学 中近世における社会秩序と文書
岡崎 敦 (担当:共編者, 範囲:翻訳 ブノワ=ミシェル・トック「中世ヨーロッパにおける私的な法行為の公証手段としての教会の印章」)
吉川弘文館   2014年12月   
15のテーマで学ぶ中世ヨーロッパ
岡崎敦 (担当:共著, 範囲:第6章「文書と法による統治」)
ミネルヴァ書房   2013年1月   
岡崎敦 (担当:共編者, 範囲:序書および第13章「アベラールの語り、エロイーズの声」)
九州大学出版会   2012年9月   ISBN:4798500852

講演・口頭発表等

 
形成期のパリ大学における教育環境 ─研究史再考
岡崎 敦
西洋中世学会第8回大会シンポジウム「西洋中世の<知的中心>としてのパリに、何が生じていたのか」   2016年6月12日   
La juridiction gracieuse en voie de formation et la diplomatique épiscopale : le cas parisien (XIIe - début du XIIIe siècle)
岡崎 敦
The 9th Korean-Japanese Symposium on Medieval History of Europe: Archives and Records of the Medieval Europe   2016年5月   
Response and discussion for the conference: HONG Jong-Jin, Deux Anthologies de croisade de Charles IV et de Philippe VI de Valo
岡崎 敦
The 9th Korean-Japanese Symposium on Medieval History of Europe : Archives and Records of the Medieval Europe   2016年4月2日   
総合討論のためのコメント報告
岡崎 敦
平成27年度九州史学会大会シンポジウム「正史の近代―修史事業と歴史学」   2015年12月13日   
司教文書に付加された王のモノグランマ ―封建期フランスにおける文書実践と王権
岡崎 敦
2015年度広島史学研究会大会   2015年10月25日   
Une diplomatique comparée en voie de rénovation (Europe/Japon) : réflexions historiographiques et méthodologiques [招待有り]
2015年5月26日   
Histoire comparée des archives (Orient/Occident) aux époques médiévale et moderne [招待有り]
岡崎 敦
2015年5月19日   
Gouvernement épiscopal et pratiques documentaires dans le diocèse de Paris aux XIe et XIIe siècles [招待有り]
岡崎 敦
2015年5月12日   
Evêques et chapitre de Paris entre collaboration et concurrence (XIe-XIIe siècles) : études institutionnelle et diplomatique [招待有り]
岡崎 敦
2015年5月5日   
総合討論のためのコメント報告 [招待有り]
岡崎 敦
儀礼、象徴と意識決定 中世文書からみる機能と君主権力実践 ヨーロッパと日本の歴史文化比較史   2015年3月17日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
中・近世西欧における書簡とコミュニケーション-行政・法・宗教そして社会
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 新井由紀夫
古文書学的手法の創造による日本・西欧の社会秩序と封建制移行過程の比較研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 河内祥輔
西欧中世文書の史料論的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 岡崎敦
人間文化研究資料の多元的複眼的比較研究
人間文化機構: 連携研究
研究期間: 2008年   
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 岡崎 敦
本研究は、伝統的に史料学研究の中心領域であった西欧中世史を主たる対象として、近年の史料論研究の動向を整理・分析し、さらに歴史学界全体を視野に入れた問題提起を行うことを目標として提示した。この際、他の時代、とりわけ近世史や、日本・東洋史等を専攻する研究者との交流により、比較史的観点による諸問題の検討を深めることに留意した。具体的に掲げた活動目標との関係では、以下のような成果をあげた。1研究会活動の展開。当研究の母胎となった「西欧中世史料論研究会」や、代表者や分担者が関係するさまざまな学会、研...

社会貢献活動

 
文部科学省平成24年度「成長分野等における中核的専門人材養成の戦略的推進授業」「記録情報管理分野のグローバル専門人材養成」「普及啓発・国際連携ワーキング」委員
【運営参加・支援】  文部科学省委託事業  2012年8月 - 2014年3月
宗像市公文書電子化事業業務委託に関わる委託業者選定のための有識者意見,宗像市(厚生労働省補助。起業支援型地域雇用創出事業)
【助言・指導】  宗像市  2013年10月 - 2013年10月
レコードキーピング時代の人材養成について
【講師】  レコード・マネジメント/アーカイブズ全国大会実行委員会主催、ARMA International東京支部、企業史料協議会、記録管理学会、日本アーカイブズ学会、日本画増情報マネジメント学会、電子記録マネジメントコンソーシアム共催  「未来に繋ぐ記憶と記録 ―レコード・マネジメント/アーカイブズ全国大会」  2013年9月 - 2013年9月
記録情報管理分野の現状とマネジメント人材の育成 -九州大学大学院ライブラリーサイエンス専攻の目指す人材像-
【講師】  ARMA東京支部  ARMA東京支部第102回定例会「記録情報管理分野の専門人材育成」  2013年2月 - 2013年2月
ライブラリーサイエンスの現在
【司会, 企画, 運営参加・支援】  統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻/九州大学附属図書館  「ライブラリーサイエンスの現在」連続講演会  2011年7月 - 2013年2月