秋光 純

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/12 00:00
 
アバター
研究者氏名
秋光 純
 
アキミツ ジュン
所属
青山学院大学
部署
理工学部 物理・数理学科 理工学部 物理・数理学科
職名
教授
学位
理学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東京大学物性研究所 中性子回折部門助手 中性子回折部門助手
 

学歴

 
 
   
 
東京大学 理学系研究科 鉱物学専攻
 
 
   
 
東京大学 理学系研究科 物理学専攻博士課程退学
 
 
   
 
東京大学 理学部 鉱物学科
 

委員歴

 
1994年
   
 
- 学術会議物理専門委員会委員
 
2000年
   
 
- 物理学研究連絡委員会委員
 
2001年
   
 
- 高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所運営協議員
 
2001年
   
 
- 平成13年度「超伝導材料の新展開に関する調査研究会」委員
 
2001年
   
 
- 高エネルギー加速器研究機構運営協議員
 

受賞

 
1979年
R.C.A.Research Grant受賞
 
1982年
伊藤科学振興会研究助成金受賞
 
1989年
1989年度青山学院学術褒賞
 
1997年
超伝導科学技術賞
 
1998年
日本物理学会論文賞
 

Misc

 
Y.Yoshino, S.Kobayashi, S.Tsuji, H.Tou, M.Sera, F.Iga, Y.Zenitani and *J.Akimitsu
J. Phys. Soc. Jpn.   73(1) 29-32   2004年
G.Amano, S.Akutagawa, T.Muranaka, Y.Zenitani and *J.Akimitsu
J. Phys. Soc. Jpn.   73(3) 530-532   2004年
「超伝導体MgB_2はどこまでわかったか」
村中隆弘, *秋光 純
『日本結晶学会誌』   46 85-89   2004年
“Multiple-gap structure of the binary superconductor MgB_2”
T.Takasaki, T.Ekino, T.Muranaka, H.Fujii and *J.Akimitsu
Physica   388-389 147-148   2003年
「物質探索と理論」
銭谷勇磁, 堀金和正, 大久保茂春, *秋光 純
『固体物理』   38(6) 415-421   2003年

講演・口頭発表等

 
Orbital Ordering in Some Transition Metal Oxides
Aoyama-Gakuin Univ. 21^st century COE program The 1^st International Symposium   2004年   
Superconductivities in MgB_2 and its related materials
Japan-US Research Collaboration for Synchrotron Radiation Nanomaterials Science   2004年   
Superconductivity and Magnetism in Boride and Carbide Systems
NEDO Meeting   2004年   

Works

 
新しいホウ化物高温強磁性体と超伝導体の機構と実用化(研究分担)
2002年4月 - 2003年3月
ホウ素系新超伝導物質の材料化基礎研究(単独)
2003年4月 - 2004年3月
理工学部附置機器分析センターの研究活動に資するため(共同代表)
2004年4月 - 2005年3月
MgB2等高温超伝導に関する研究開発の最新状況調査(単独)
2005年1月 - 2005年2月

競争的資金等の研究課題

 
新しい低次元量子スピン系の磁気励起の研究
「固体物理学における電子相関」という大きなテーマを意識しながら、1)新しい超伝導体の探索、2)p電子系の物理、3)低次元スピン系の物理、の研究を行う。
銅系・非銅系酸化物・化合物を中心とした新しい超伝導体の探索
磁化測定・中性子回折・μSR法等の手段を用いて超伝導機構の解明を行う。