林 真理

J-GLOBALへ         更新日: 14/06/21 02:49
 
アバター
研究者氏名
林 真理
 
ハヤシ マコト
URL
http://www.ns.kogakuin.ac.jp/~ft12153/
所属
工学院大学
部署
基礎・教養教育部門 基礎・教養教育部門(一般教育部・人文)
職名
教授
学位
教養学士(東京大学), 理学修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1992年
 - 
2004年
青山学院女子短期大学非常勤講師(「自然科学概論」等担当)
 
1993年
 - 
2009年
東洋大学非常勤講師(「科学思想史」等担当)
 
1994年
 - 
1998年
法政大学非常勤講師(「科学史」担当)
 
1997年
 - 
1999年
東京工業大学大学院社会理工学研究科価値システム専攻助手
 
1999年
 - 
2002年
工学院大学工学部共通課程講師(「倫理学の基礎」等担当)
 

委員歴

 
2003年7月
   
 
日本科学史学会   『科学史研究』編集委員(2007年7月迄)
 
1985年4月
   
 
日本科学史学会  会員
 
2000年4月
   
 
日本科学史学会生物学史分科会  『生物学史研究』編集委員
 
1985年4月
   
 
日本科学史学会生物学史分科会  会員
 
1991年4月
   
 
日本化学史学会  会員
 

Misc

 
当事者と開発者を結び付ける科学技術コミュニケーターの可能性ー円盤式点字ディスプレイ開発過程の分析ー
韓星民、林真理
科学技術社会論研究   10 99-113   2013年
書評:『生殖技術――不妊治療と再生医療は社会に何をもたらすか』
林真理
図書新聞   (3094) 4   2013年
書評:『ヴィータ・テクニカ 生命と技術の哲学』(青土社)
林真理
週刊読書人   (2948) 4   2012年
書評:『死ぬ権利はだれのものか』(西村書店)
林真理
図書新聞   (3065) 5   2012年
書評:『昭和前期の科学思想史』(勁草書房)
林真理
週刊読書人   (2919) 4   2011年

書籍等出版物

 
コミュニタリアニズムの世界
勁草書房   2013年   
感性工学ハンドブック
朝倉書店   2013年   
明治時代史大事典<3>(「箕作佳吉」「谷津直秀」を担当)
吉川弘文館   2013年   
明治時代史大事典<2>(「東京動物学会」「動物学」「進化論」を担当)
吉川弘文館   2012年   
明治時代史大事典<1>(「飯塚啓」「石川千代松」「岩川友太郎」「丘浅次郎」「五島清太郎」を担当)
吉川弘文館   2011年   

講演・口頭発表等

 
生命操作批判現代史掘り起こしの試み
日本科学史学会第61回年会   2014年   
実験協力者とは何か? 研究主体を巡る考察
科学技術社会論学会第12回年次研究大会   2013年   
感性工学研究における実験協力者の再定義
第15回日本感性工学会大会   2013年   
「恵みとしての生命」論の可能性
公共哲学研究会   2010年   
新聞記事中における生命科学の取り上げられ方の解析-「ゲノム」をテーマにしたケーススタディ
日本分子生物学会第30回年会   2007年