望月 海慧

J-GLOBALへ         更新日: 16/04/17 02:25
 
アバター
研究者氏名
望月 海慧
 
モチヅキ カイエ
URL
http://www.min.ac.jp
所属
身延山大学
部署
仏教学部 仏教学科
職名
教授
学位
文学修士(立正大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
 - 
2013年
身延山大学 仏教学部 教授
 
1991年
 - 
1994年
ハンブルク大学 客員研究員
 

学歴

 
 
 - 
1990年
立正大学 文学研究科 仏数学
 
 
 - 
1985年
東京都立大学 法学部 法律学科
 

委員歴

 
 
   
 
日本西蔵学会  委員
 

受賞

 
2001年
日本印度学仏教学会賞
 

Misc

 
望月 海慧
身延論叢   (19) 35-58   2014年3月
望月 海慧
日蓮仏教研究   (6) 7-22   2014年3月
望月 海慧
身延山大学仏教学部紀要   (15) 1-18   2014年
望月 海慧
印度學佛教學研究   61(3) 1189-1196   2013年3月
Ratnakarasantiは後期インド仏教の重要な論師の一人であり,瑜伽行唯識派に属しているとされる.その彼に,中観派の開祖とされるNagarjunaのSutrasamuccayaに対する注釈書Sutrasamuccayabhasya-ratnalokalamkaraがある.そこではNagarjunaに対する言及が最も多く見られるが,その多くは瑜伽行派の開祖とされるAsangaと並べて言及される.Nagarjuna単独で言及される場合は,Ratnavaliからの引用が多い.彼の著書の中で...
望月 海慧
Acta Tibetica et Buddhica   (6) 61-77   2013年
望月 海慧
身延山大学仏教学部紀要   (14) 1-22   2013年
望月 海慧
法華文化研究   (39) 1-15   2013年
望月 海慧
印度學佛教學研究   60(3) 1275-1282   2012年3月
チベット仏教のチョナン派のTaranatha Kun dga' snying po (1575-1635)によるTheg mchog shin tu rgyas pa'i dbu ma chen po rnam par nges pa (dBu ma theg mchog)の第7章は,「二諦の決択」というタイトルで二諦説が論じられている.本章の特徴をまとめると,次のようになる.1.Taranathaの二諦説は,MaitreyaのMahayanasutralamkaraとMadhyantav...
望月 海慧
身延山大学仏教学部紀要   (13) 1-36   2012年
望月 海慧
Acta Tibetica et Buddhica   (5) 91-150   2012年
望月 海慧
東洋文化研究所所報   0(15) 45-61   2011年4月
望月 海慧
印度學佛教學研究   59(3) 1169-1177   2011年3月
法華経は,東アジア仏教において最もよく読まれ経典の一つであるのに対して,インド仏教思想史における法華経の位置づけは十分に解明されていない.そこでインド仏教の諸論書における法華経の引用と同経に対する言及を分析すると,次のようにまとめることができる.インド仏教において最古の法華経への言及はNagarjunaの『菩提資糧論』における声聞授記のコンテキストに見られる.また同じ著者に帰されるSutrasamuccayaにおいても一乗を説く経典として法華経が引用されている.この認識がインド仏教思想史に...
望月 海慧
Acta Tibetica et Buddhica   0(0) 109-154   2011年
望月 海慧
身延山大学仏教学部紀要   0(12) 1-20   2011年
望月 海慧
東洋文化研究所所報   (14) 21-35   2010年4月
望月 海慧
印度學佛教學研究   58(3) 1252-1259   2010年3月
チベット仏教のチョナン派のTaranatha Kun dga'snying po(1575-1634)は,Dol po pa Shes rab rgyal mtshan(1292-1361)の大中観・他空説を展開したとされる.彼にはTheg mchog shin tu rgyas pa'i dbu ma chen po rnam par nges paというテキストがあり,「大中観」思想が論じられている.同論は,全8章からなる偈頌で書かれたテキストであり,彼の著作集には,弟子であるmKha...
Ratnakarasanti, 望月 海慧
身延論叢   (15) 1-90   2010年3月
Ruegg David Seyfort, 望月 海慧
日蓮仏教研究   (4) 5-51   2010年3月
望月 海慧
Acta Tibetica et Buddhica   (3) 129-154   2010年
望月 海慧
身延山大学仏教学部紀要   (11) 1-19   2010年
望月 海慧
東洋文化研究所所報   (13) 21-42   2009年4月
望月 海慧
印度學佛教學研究   57(3) 1253-1260   2009年3月
Dol po paShes rab rgyal mtshan(1292-1361)の著作の中には,Theg pa chen po rgyud bal ma'i bstan bcos kyi 'grel pa legs bshad nyi ma'i 'od zerと言うRatnagotravibhagaに対する注釈書がある.コロフォンによると,二人の弟子であるdPal ldan brtson'grusとPhun tshogs dpal(1304-1377)による請願に基づいてJo nangで...
望月 海慧
日蓮仏教研究   (3) 29-48   2009年3月
Ratnakarasanti, 望月 海慧
身延論叢   (14) 25-47   2009年3月
望月 海慧
身延山大学仏教学部紀要   (10) 1-50   2009年
望月海慧
身延山大学東洋文化研究所所報   (12) 17-32   2008年4月
望月 海慧
印度学仏教学研究   56(2) 85-91   2008年3月
Ratnakarasanti, 望月 海慧
身延論叢   (13) 65-130   2008年3月
望月 海慧
身延山大学仏教学部紀要   (9) 65-119   2008年
望月 海慧
Acta Tibetica et Buddhica   (1) 17-44   2008年
望月 海慧
Acta Tibetica et Buddhica   (1) 45-57   2008年
『華厳経』「阿僧祇品」「入法界品」に説かれる算法について
宗教研究   81(4) 285-286   2008年
On the Commentary to the Dharmadhatustava by Dol po pa (II)
Kaie Mochizuki
Acta Tibetica et Buddgica   (1) 17-44   2008年
On the Commentary to the Bodhipathapradipa of Rol pa'i rdo rje
Kaie Mochizuki
Acta Tibetica et Buddhica   (1) 45-57   2008年
dKong mchog rgyal mtshanによるBodhipathapradipaの注釈書について(I)
望月海慧
Acta Tibetica et Buddhica   (1) 105-133   2008年
ブッダが悟った智慧っとは何か
日本佛教学会年報   (73) 29-42   2008年
望月 海慧
身延山大学東洋文化研究所報   (11) 41-54   2007年4月
望月 海慧
印度学仏教学研究   55(2) 104-110   2007年3月
Ratnakarasanti, 望月 海慧
身延論叢   (12) 29-63   2007年3月
望月 海慧
印度學佛教學研究   55(2) 925-919,1277   2007年
In the Madhyamika section, or his collection of small texts (Jo bo chos chung), of the Tibetan Tanjur there are three giti texts attributed to Dipamkarasrijñana (or Atisa), namely the Samsaramanoniryanikaranamagiti, the Caryagiti and the Dharmadha...
望月 海慧
身延山大学仏教学部紀要   (8) 23-64   2007年
望月 海慧
日本仏教学会年報   (73) 29-42   2007年
アティシャに帰されるvidhi文献について
宗教研究   80(4) 314-315   2007年
Is Dipamkarasrijnana a Madhyamika?
Nagoya Studies in Indian Culture and Buddhism: Sambhasa   (26) 99-126   2007年
Dol po pa の二諦説理解について(II)
身延山大学仏教学部紀要   (8)    2007年
望月 海慧
仏教学   (48) 21-51   2006年12月
望月 海慧
宗教研究   79(4) 1144-1145   2006年3月
望月 海慧
印度學佛教學研究   54(2) 1043-1037   2006年3月
望月 海慧
印度學佛教學研究   54(2) 1043-1037,1343   2006年
There are three texts named Samadhisambharaparivarta in the Madhyamika section of the Tibetan Tanjur. The largest is written by Bodhibhadra, the second is by Krsnapada and the last smallest is by Dipamkarasrijñana.In the text of Bodhibhadra (=SSP)...
望月 海慧
身延山大学仏教学部紀要   (7) 29-71   2006年
ラトナーカラシャーンティ『経集解説・宝明荘厳論』和訳(2)
身延論叢   (11) 1-50   2006年
Bodhibhadra の Samådhisambhåraparivarta について
印度学仏教学研究   54(2) 70-76   2006年
ボーディバドラとアティシャ
宗教研究   79(4) 252-253   2006年
ディーパンカラシュリージュニャーナの『法界見歌』について
The Proceedings of Korean Conference of Buddhist Studies   3(1) 789-799   2006年
中観と唯識を融合する「大中観」とは何か
大崎学報   (162) 83-94   2006年
What are major sutras in Indian Buddhism?
身延山大学仏教学部紀要   (7) 29-71   2006年
望月 海慧
春秋   (467) 5-8   2005年4月
On the Commentary to the Bodhipathapradipa by Co ne Grags pa bshad sgrub
印度学仏教学研究   53-2, pp.45-49    2005年
ラトナーカラシャーンティ『経集解説・宝明荘厳論』和訳(1)
身延論叢   10, pp.1-40    2005年
仏教と輪廻思想
春秋   467, pp.5-8    2005年
『ラムリム・チェンモ』に言及されるディーパンカラシュリージュニャーナ
禅学研究   特別号, pp.195-208    2005年
三種の『三昧資糧論』について
身延山大学仏教学部紀要   (6) 49-81   2005年
望月 海慧
身延山大学仏教学部紀要   5, pp.9-42(5) 9-42   2004年
Ratnakarasanti's Sutrasamuccayabhasya Ratnalokalamkara (II)
棲神   66, 1-38    2004年
ディーパンカラシュリージュニャーナの『菩提道灯論細疏』和訳(7)
身延論叢   9, 1-35    2004年
アティーシャに帰される二つの『大乗道成就摂集』について
宗教研究   77-4, 244-245    2004年
ガムポパの『ラムりム・タルゲン』に引用される『菩提道灯論』
Bul gyo hak yeon gu (Journal of Buddhist Studies)   8, 327-351    2004年
Some Remarks on the Small Texts Attributed to Dipamkarasrijnana
Joong-ang Sangha University Magazine   20, 61-76    2004年
望月 海慧
印度學佛教學研究   52(1) 428-424   2003年12月
望月 海慧
印度學佛教學研究   52(1) 428-424   2003年
望月 海慧
身延山大学仏教学部紀要   4, 35-98(4) 35-98   2003年
ディーパンカラシュリージュニャーナの『菩提道灯論細疏』和訳(6)
身延論叢   8, 1-45    2003年
アティーシャのもう一つの『中観説示』
宗教研究   76-4, 369-370    2003年
Bu ston rin chen sgrub の Chos spyod bde lam について
印度学仏教学研究   52-1, 67-71    2003年
Mochizuki Kaie
印度學佛教學研究   50(2) 998-992   2002年
望月 海慧
身延山大学仏教学部紀要   3, 49-66(3) 49-66   2002年
On the Satasahasrikaprajnaparamita of Atisa
印度学仏教学研究   50(2) 39-45   2002年
ディーパンカラシュリージュニャーナの『菩提道灯論細疏』和訳(5)
身延論叢   7, 1-18    2002年
アティーシャと般若経
宗教研究   75(4) 185-186   2002年

書籍等出版物

 
起心書房   2015年3月   ISBN:4907022085
Atīśa, 望月 海慧
起心書房   2015年   ISBN:9784907022082
望月 海慧, 身延山大学仏教学部チベット学研究室
身延山大学仏教学部チベット学研究室   2011年   
望月 海慧
身延山大学仏教学部   2005年   
望月 海慧
[私家版]   2004年   
A Study of the Mahasutrasamuccaya of Dipamkarasrijnana
科学研究費報告書 Minobusan University   2002年   
A Study of the Mahasutrasamuccaya of Dipamkarasrijnana II
Minobusan University   2004年   
チベットにおけるラムリム思想の基盤に関する研究
科学研究費報告書 身延山大学   2005年   
望月 海慧
[私家版]   1999年   
中観派文献における法華経の受容
田賀龍彦編『法華経の受容と展開』平楽寺書店   1993年   
Der Bodhicitta-Abschnitt in Atisas Ratnakarandoghata
勝呂信静博士古希記念論文集   1996年   
仏教思想は環境問題に効果的作用をもたらすのか
立正大学仏教学部開設50周年記念論文集 仏教と環境 丸善株式会社   2000年   
星宿を排除する経典
『田賀龍彦博士古稀記念論集 仏教思想仏教史論集』 山喜房佛書杯   2001年   
ディーパンカラシュリージュニャーナの『大経集』に引用される法華経
勝呂信靜編『法華経の思想と展開』 平楽寺書店   2001年   
執事を説く経典
『佐々木孝憲博士古希記念論集 仏教学仏教史論集』山喜房佛書林   2002年   
Are the Madhyamikas Sunyatavadins?
Three Mountains and Seven Rivers, Motilal Banarsidass Publishers   2004年   
仏教思想の展開
『仏教の教え 釈尊と日蓮上人』   2005年   
ツォンカパの『法華経』理解について
望月海淑編『法華経と大乗経典の研究』山喜房佛書林   2006年   
知恩報恩
身延山大学   2007年   
ディーパンカラシュリージュニャーナに帰される『金剛座金剛歌』
『仏教文化の諸相』山喜房仏書林   2008年   
ブッダの悟った智慧とは何か
『仏教と智慧』平楽寺書店   2008年   
Heinz Bechert, 望月 海慧
[立正大学041D教室]   
Vetter Tilmann, 望月 海慧
[立正大学433教室]   
Schmithausen Lambert, 望月 海慧
[私家版]   

競争的資金等の研究課題

 
ディーパンカラシュリージュニャーナの研究
チベット仏教におけるラムリム思想の基盤に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2002年 - 2005年
ディーパンカラシュリージュニャーナの『大経集』に引用される経典の研究
科学研究費補助金
研究期間: 2000年 - 2002年
チベット仏教における「大中観」思想に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2007年 - 2010年
チベット仏教のチョナン派のドルポパによる大中観思想の思想的基盤と展開に関する研究