古山 彰一

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/07 15:13
 
アバター
研究者氏名
古山 彰一
 
フルヤマ ショウイチ
通称等の別名
Show
ハンドル
show
URL
http://www.nc-toyama.ac.jp/WEB_Profile/shoichi/
所属
富山高等専門学校
部署
電子情報工学科
職名
教授
学位
博士(情報科学)(北陸先端科学技術大学院大学)
科研費研究者番号
90321421

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1999年
北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 情報システム学
 

受賞

 
2014年10月
Japan Society for Simulation Technology Research Award GPU-accelerated Tsunami Run-up Simulation at Toyama-bay
受賞者: 古山彰一、毎原雄介
 
2013年9月
JSST2013, The 32th JSST Annual Conference, International Conference on Simulation Technology Outstanding Presentation Award GPU-accelerated Tsunami Run-up Simulation at Toyama-bay
 

論文

 
Development of Water Quality Meter Application on Android Device
Proceedings of TJASSST2015, University of Tsukuba   23-24   2016年2月   [査読有り]
Multi-GPGPU Tsunami Simulation at Toyama-bay
古山 彰一
iGNITE2016 on AIP      2016年   [査読有り]
Accelerated Multi GPU Simulation for Tsunami runnup at Toyama-bay
JSST2015, Toyama      2015年10月   [査読有り]
Accelerated Multi GPU Tunami Run-up Simulation
Shoichi FURUYAMA,Yusuke MAIHARA, Tsukasa ASO
PANACM2015, Buenos Aires      2015年4月   [査読有り]
GPU-accelerated Tunami Run-up Simulation at Toyama-bay
古山 彰一
Journal of Advanced Simulation in Science and Engineering (JASSE)   1(1) 51-57   2014年   [査読有り]
High Resolution & High Perfomenacs Tsunami Run-up Simulation
古山 彰一
Journal of Ecotechnology Research   17(2) 79-83   2014年   [査読有り]
High Speed Floodwaters Simulation by Using GPGPU
古山 彰一
2013 Challenges Ahead, Water Quality and Human Health, Second International Symposium, Proceedings      2013年   [査読有り]
HPC Performance Modeling and Predication Tools, Coastal Engineering in Toyama Bay to Cope with Rising Sea Levels
古山 彰一
3rd International Symposium on Expertise in Sustainale Society      2013年   [査読有り]
High speed Flooding Simulation by Using GPGPU
古山 彰一
International Journal of Earth Science and Engineering (IJEE)   6(4) 746-759   2013年   [査読有り]
GPU-accelerated Tsunami Run-up Simulation at Toyama-bay
古山 彰一
JSST2013 International Conference on Simulation Technology      2013年   [査読有り]
Modelling a Moving Land-Sea Boundary Using Adaptive Mesh Refinement
古山 彰一
ICE Conference, Coast, Marine Structures and Breakwaters 2013      2013年   [査読有り]

Misc

 
間中淳, 古山彰一, 里田誠, 袋布昌幹, 入江光輝, 五十嵐淑郎
日本分析化学会年会講演要旨集   65th 227   2016年8月
間中淳, 市田鷹大, 古山彰一, 里田誠
日本分析化学会年会講演要旨集   64th 402   2015年8月
千葉元, 澤田和之, 橋本心太郎, 古山彰一
日本航海学会講演予稿集(Web)   3(1) 87‐90 (WEB ONLY)   2015年
千葉 元*,道田 豊**,古山彰一***,橋本心太郎****, 道田 豊, 古山 彰一
海洋調査技術   27(2) p01-p14   2015年9月
Toyama Bay, a semi-enclosed water body on the northern coast of Japan with its averaged water depth at 600m, has a steep bottom topography from the coast toward its central deeper part. It is known that there are basically three water masses in th...
毎原雄介, 阿蘇司, 古山彰一
電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.F74   2014年9月
千葉元, 古山彰一, 道田豊
日本海洋学会大会講演要旨集   2014 18   2014年3月
FURUYAMA Shoichi, MAIHARA Yusuke
Journal of Ecotechnology Research   17(2) 79-83   2014年
High resolution and high performance calculation for the Tsunami run-up simulation at Toyama-bay in Japan is achieved by using Adaptive Mesh Refinement (AMR) method and by using General-purpose computing on graphics processing units (GPGPU). AMR g...
Furuyama Shoichi, Maihara Yusuke
日本シミュレーション学会英文誌   1(1) 65-71   2014年
High speed Tsunami run-up simulation is achieved by using General Purpose Graphical Processing Unit(GPGPU) at Toyama-bay coastal region. The simulation includes 5[m] grid size geometry data and 3,341,250 (2,475×1,350) grid points are used. The sim...
千葉元, 田近茂樹, 橋本心太郎, 古山彰一
Text GPS/GNSS Symp   2014 179   2014年
毎原雄介, 古山彰一
ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集   2014 35-35   2013年12月
毎原雄介, 古山彰一
計算工学講演会論文集(CD-ROM)   18 ROMBUNNO.C-3-3   2013年6月
古山彰一, 毎原雄介
数値流体力学シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   27th ROMBUNNO.D07-3   2013年
千葉元, 道田豊, 古山彰一, 橋本心太郎
日本気象学会関西支部例会講演要旨集   (131) 54-57   2013年
藤井浩貴, 古山彰一, 林亮子
電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2012 ROMBUNNO.F-14   2012年9月
河村知記, 古山彰一
電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2012 ROMBUNNO.F-12   2012年9月
杉江実宝, 千葉元, 古山彰一, 田近茂樹
日本気象学会関西支部例会講演要旨集   (126) 56-59   2012年
千葉元, 古山彰一, 田近茂樹, 大久保誠
日本気象学会関西支部例会講演要旨集   (126) 41-44   2012年
千葉元, 濱田健史, 田近茂樹, 橋本心太郎, 古山彰一
日本気象学会関西支部例会講演要旨集   (129) 27-30   2012年
堀井浩平, 千葉元, 河合雅司, 古山彰一, 水本巌
電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2011 ROMBUNNO.B-9   2011年9月
杉江実宝, 千葉元, 田近茂樹, 古山彰一
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2011 ROMBUNNO.PS6-13   2011年9月
千葉元, 竹内章, 三輪哲也, 町山栄章, 楠本成寿, 鮑巴達拉胡, 松本恭平, 桐山綾香, 松浦知徳, 古山彰一, 杉江実宝
ブルーアース要旨集   2011 165-166   2011年
千葉元, 古山彰一, 河合雅司, 笹谷敬二, 田近茂樹, 三宅一輝
日本気象学会関西支部例会講演要旨集   (123) 12-15   2011年
杉江実宝, 千葉元, 古山彰一, 竹内章, 田近茂樹, 三宅一輝
日本気象学会関西支部例会講演要旨集   (123) 16-19   2011年
千葉元, 竹内章, 三輪哲也, 鮑巴達拉胡, 松本恭平, 古山彰一
Blue Earth要旨集   2010 120-121   2010年3月
田中照喜, 中川拓朗, 千葉元, 古山彰一, 横井幸治
Navigation (Tokyo)   (172) 63-72   2010年1月
古山彰一, 千葉元, 横井幸治, 笹谷敬二, 三宅一輝, 橋本心太郎
日本気象学会関西支部例会講演要旨集   (120) 1-4   2010年
吉原洸太, 水本巌, 古山彰一
応用物理学会学術講演会講演予稿集   70th(1) 146   2009年9月
古山彰一, CHANSON Hubert
日本混相流学会年会講演会講演論文集   2008 360-361   2008年8月
千葉元, 古山彰一, 横井幸治
月刊海洋   138-148   2008年4月
千葉元, 古山彰一, 横井幸治
日本海洋学会大会講演要旨集   2007 319   2007年3月
古山彰一, 堀達明, 作道真紀, 青木伸一
海岸工学論文集   53(1) 21-25   2006年10月
古山彰一, 千葉元, 横井幸治, 谷川寛人, 橋本心太郎
日本海洋学会大会講演要旨集   2006 281   2006年3月
古山彰一, 青木伸一
数値流体力学シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   20th F5-4   2006年
古山 彰一、堀達明、作道真紀、青木伸一
海岸工学論文集   53 21-25   2006年
本研究では, 沿岸域における複雑地形を考慮しつつ高精度な数値シミュレーションを実現するために適応格子法を用いた計算手法を検討した. この中で, 富山県射水市内を流れる内川水路の水位と浜名湖における水位を対象とし, 最小格子サイズを数メートルとしながらも比較的沖合いのエリアでは粗い格子を生成することで格子数を大幅に削減しつつ高精度な数値シミュレーションを実現した. また実際に現地調査結果との比較・検討も行ない適応格子法の有意性を示すこともできた.特に浜名湖においては, 動的に陸域形状が変動す...
千葉 元, 金山 恵美, 田近 茂樹, 東山 茂勝, 井口 眞司, 古山 彰一, 辻本 良
富山高等専門学校紀要   (1) 15-24   2010年8月
Water pollution in Toyama Bay has become a big issue.It is mainly caused by the water from big rivers flowing into the bay. Our research was made on board a training ship,SAZANAMI' from May,2004 to Feb.,2010.In the research water temperature and s...
毎原 雄介, 古山 彰一
計算工学講演会論文集 Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science   18    2013年6月
田中 照喜, 中川 拓朗, 千葉 元, 古山 彰一, 横井 幸治
Navigation : 日本航海学会誌   (172) 63-72   2010年1月
古山彰一
日本機械学会年次大会講演論文集   2005(Vol.1) 79-80   2005年9月
古山彰一, 千葉元, 有田守, 青木伸一
日本海洋学会大会講演要旨集   2005 250   2005年9月
千葉元, 山下恵, 小杉広彦, 脇方直弘, 古山彰一, 内山勇
富山商船高等専門学校研究集録   (38) 1-8   2005年7月
山口裕也, 古山彰一, 松澤照男
数値流体力学シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   19th C3-2   2005年
古山彰一, 千葉元, 横井幸治
日本海洋学会大会講演要旨集   2005 299   2005年
水本巌, 古山彰一, 阿蘇司, 門村英城, 新開純子, 宮林穎夫
応用物理学関係連合講演会講演予稿集   51st(1) 460   2004年3月
千葉元, 島木隆昭, 古山彰一, 古川知明, 奥村奨, 経沢信弘
富山商船高等専門学校研究集録   (38) 9-16   2005年7月
水本巌, 古山彰一, 阿蘇司, 門村英城, 新開純子, 宮林穎夫
応用物理学関係連合講演会講演予稿集   51st(1) 460   2004年3月
古山 彰一, 千葉 元, 横井 幸治, 橋本 心太郎
富山商船高等専門学校研究集録   42(42) 55-61   2009年8月
The seasonal variations of the water quality and the tidal flow in Toyama Bay were observed by using Conductivity Temperature Depth(CTD) and Acoustic Dopplar Current Profiler(ADCP). Tsushima warm current(TWC) intrudes about 100m in depth in Toyama...
千葉 元, 金山 恵美, 田近 茂樹, 東山 茂勝, 井口 眞司, 古山 彰一, 朝野 洋, 若林 信一
富山商船高等専門学校研究集録   42(42) 19-27   2009年8月
Water pollution in Toyama Bay has become a big issue. It is mainly caused by the water from big rivers flowing into the bay. Our research was made on board a training ship, SAZANAMI' from May, 2004 to Feb., 2009. In the research water temperature ...
CHI D H, 古山彰一, 松沢照男
数値流体力学シンポジウム講演論文集   15th 129   2001年12月
古山彰一, 松沢照男
数値流体力学シンポジウム講演論文集   14th 195   2000年12月
山北光博, 古山彰一, 松沢照男
数値流体力学シンポジウム講演論文集   13th 173   1999年12月
井上純一郎, 古山彰一, 松沢照男
数値流体力学シンポジウム講演論文集   13th 167   1999年12月
古山 彰一, 松澤 照男
情報処理学会論文誌:ハイパフォーマンスコンピューティングシステム   Vol.44 No.SIG1(HPS6), pp.50-57(6) 49-57   2003年1月
伸縮性領域を用いることで,適応格子法に関する並列計算手法を提案した.本手法を用いることにより,通信量コストを低く抑え,かつ,負荷分散を良好に行うことができた.その結果,一般的に並列計算が難しいこの問題に対して,32PE利用時に73%の高い並列化効率を得ることができた. : Elastic Domain Decomposition Method (DDM) for a parallel Adaptive Mesh Refinement (AMR) Solver is described. T...
古山彰一, 松沢照男, 藤井孝蔵, 国藤進
数値流体力学シンポジウム講演論文集   12th 433-434   1998年12月
古山 彰一, 松澤 照男
情報処理学会論文誌   38(9) 1869-1877   1997年9月
本研究では,適応格子法に適した並列アルゴリズムの開発を行った.適応格子法は,非定常流を扱う際に非常に有効な手段であるが,この手法に対して並列計算を施そうとすると,各プロセッサの負荷の不釣合が問題になってくる.本研究では,動的負荷分散を用いることで,適応格子法に適した並列計算アルゴリズムを開発した.We developed an algorithm for parallel AMR(Adaptive Mesh Refinement).The AMR is a valid method for...
A NUMERICAL STUDY OF OPEN CHANNEL FLOW : HYDRODYNAMICS AND TURBULENCE OF THE TIDAL BORE AND DAM-BREAK FLOWS
Sho-ichi FURUYAMA, Hubert CHANSON
Technical report, Dept. of Civil Engineering, The University of Queensland, Brisbane, Australia. Report CH66/08, ISBN No.9781864999068      2008年
千葉 元, 古山 彰一, 横井 幸治
海洋 号外   (47) 137-148   2008年
千葉 元, 古山 彰一, 小杉 廣彦, 若林 信一
富山商船高等専門学校研究集録   40(40) 19-28   2007年7月
Water pollution in Toyama Bay has become a big issue. It is mainly caused by the water from big rivers flowing into the bay. Our research was made on board a training ship, SAZANAMI' from May, 2004 to April, 2007. In the research water temperature...
千葉 元, 古山 彰一, 横井 幸治
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society   127(5) 699-704   2007年5月
Tsushima Warm Current is running at Japan Sea form South to North. We observed its current direction and speed at the north region of Noto peninsula by the shipboard ADCP. The observations were acted at two times, which are summer season of 2004 a...
Adaptive Quad-tree Method of Shallow Water Equation
COMPUTATIONAL MECHANICS CD-ROM(I) "MS_PDF/M-164_FuruyamaS.pdf", Tsinghua University Press Beijing, Springer(2004)   ISBN 7-89494-512-9    2004年
古山 彰一
年次大会講演論文集 : JSME annual meeting   2005(1) 79-80   2005年9月
The field of the physical oceanography and the coastal engineering, the flood tide and the big wave often becomes object of research interesting. To analyze these phenomenons, the CFD method is the robust and the effective tool. The realization of...
Elastic Domain Decomposition Approach for Adaptive Refinement of Cartesian Mesh Solver
Proc. 3rd Int. Conf. on Parallel and Distributed Computing, Applications and Technologies(PDCAT2002)   ISBN4-9900330-2-7, pp.397-402    2002年
千葉 元, 古山 彰一, 横井 幸治
日本建築学会北陸支部研究報告集   (47) 112-115   2004年7月
富山湾の大きな特徴は、その深海域が広い海底地形と日本海への接続に起因する海水の鉛直構造にある。一方、こうした特性から、大きな波浪が起り沿岸域に災害を与える場合もある。そこで、船上CTD/ADCPシステムを用いて富山湾の海洋環境計測を試みた。CTDでは表層水から深層水における水温、電気伝導度の差異を、ADCPでは表層から水深約200mまでの海流の流向流速が把握できることを確認した。
古山彰一, 松沢照男
情報処理学会論文誌   38(9) 1869-1877   1997年9月
古山彰一, 松沢照男
日本機械学会計算力学講演会講演論文集   9th 473-474   1996年11月
古山 彰一, 松澤 照男
年次大会講演論文集 : JSME annual meeting   2003(1) 17-18   2003年8月
Elastic Domain Decomposition Method (DDM) for a parallel Adaptive Mesh Refinement (AMR) Solver is described. To use this method saving a message passing cost, a good load balancing, and a high parallel performances (73% on 32PEs) were achieved.
古山 彰一, 松澤 照男
年会一般講演   15 267-268   1996年7月
古山彰一, 松沢照男
日本機械学会計算力学講演会講演論文集   8th 303-304   1995年11月
古山彰一, 花見仁史
日本天文学会年会講演予稿集   1994 97   1994年

競争的資金等の研究課題

 
適応格子法に関する並列計算アルゴリズムの研究
富山湾における湾流の数値シミュレーション
研究期間: 2003年   
数値シミュレーションを用いた河北潟の水質改善に関する検討
研究期間: 2003年   
流域・内湾・外洋系の長期的環境変化から見た内湾環境問題の構造-浜名湖を対象として
科学研究費補助金
研究期間: 2005年 - 2007年
流体力学的見地から見た湖沼の水質改善に関する研究