斎藤 英雄

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/31 02:54
 
アバター
研究者氏名
斎藤 英雄
 
サイトウ ヒデオ
eメール
hskeio.jp
URL
http://www.hvrl.ics.keio.ac.jp
所属
慶應義塾大学
部署
理工学部情報工学科
職名
教授
学位
工学(慶應義塾大学)
科研費研究者番号
90245605

研究分野

 
 

経歴

 
1992年4月
 - 
1995年3月
慶應義塾大学(理工学部) ,助手
 
1994年4月
 - 
1997年8月
日本体育大学 ,非常勤講師
 
1995年4月
 - 
2001年3月
慶應義塾大学(理工学部) ,専任講師
 
1997年8月
 - 
1999年8月
米国カーネギーメロン大学 ,訪問研究員
 
2001年4月
 - 
2006年3月
慶應義塾大学 理工学部 助教授
 

委員歴

 
2016年6月
 - 
2018年5月
電子情報通信学会 情報システムソサイエティ  副会長(技術会議担当)
 
2016年4月
 - 
2018年3月
日本バーチャルリアリティ学会  評議員
 
2016年4月
 - 
2018年3月
情報処理学会 コンピュータビジョンとイメージメディア研究会  運営委員
 
2016年4月
 - 
2017年3月
電子情報通信学会 汎光線時空間映像学研究専門委員会  専門委員長
 
2013年1月
 - 
2015年12月
日本バーチャルリアリティ学会 複合現実感研究会  委員長
 

受賞

 
2017年3月
電子情報通信学会 フェロー Japan
 
2016年2月
IS & T Best Paper USA
受賞者: Yusuke Nakayama, Hideo Saito, Masayoshi Shimizu, and Nobuyasu Yamaguchi
 
2015年8月
映像情報メディが学会 査読功労賞
 
2014年8月
Organising Committee of the Irish Machine Vision and Image Processing Conference 2014 Jon Campbell Best Paper Prize United Kingdom
受賞者: Y. Shinozuka, F. de Sorbier and H. Saito
 
2014年6月
電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ 活動功労賞 パターン認識・メディア理解研究専門委員会活動への貢献
 

論文

 
Line-based SLAM Considering Directional Distribution of Line Features in an Urban Environment
Kei Uehara, Hideo Saito and Kosuke Hara
Proceedings of the 12th International Conference on Computer Vision Theory and Applications (VISAPP2017)   6 255-264   2017年2月   [査読有り]
In this paper, we propose a line-based SLAM from an image sequence captured by a vehicle in consideration
with the directional distribution of line features that detected in an urban environments. The proposed SLAM
is based on line segments detect...
Application of LSD-SLAM for Visualization Temperature in Wide-area Environment
Masahiro Yamaguchi, Hideo Saito and Shoji Yachida
Proceedings of the 12th International Conference on Computer Vision Theory and Applications (VISAPP2017)   4 216-223   2017年2月   [査読有り]
In this paper, we propose a method to generate a three-dimensional (3D) thermal map by overlaying thermal
images onto a 3D surface reconstructed by a monocular RGB camera. In this method, we capture the target
scene moving both an RGB camera and a...
Primitive Shape Recognition via Superquadric Representation using Large Margin Nearest Neighbor Classifier
Ryo Hachiuma, Yuko Ozasa and Hideo Saito
Proceedings of the 12th International Conference on Computer Vision Theory and Applications (VISAPP2017)   5 325-332   2017年2月   [査読有り]
It is known that humans recognize objects using combinations and positional relations of primitive shapes.
The first step of such recognition is to recognize 3D primitive shapes. In this paper, we propose a method for
primitive shape recognition u...
Eating and Drinking Recognition via Integrated Information of Head Directions and Joint Positions in a Group
Naoto Ienaga, Yuko Ozasa and Hideo Saito
Proceedings of the 6th International Conference on Pattern Recognition Applications and Methods (ICPRAM 2017)   527-533   2017年2月   [査読有り]
Recent years have seen the introduction of service robots as waiters or waitresses in restaurants and cafes.
In such venues, it is common for customers to visit in groups as well as for them to engage in conversation
while eating and drinking. It ...
Ienaga Naoto, Bork Felix, Meerits Siim, Mori Shohei, Fallavollita Pascal, Navab Nassir, Saito Hideo
The second International Workshop on Diminished Reality as Challenging Issue in Mixed and Augmented Reality (IWDR2016), 2016 IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR-Adjunct)   294-296   2017年1月   [査読有り]
<p>Understanding the anatomy of the human body is vital for everyone working in the medical domain. Augmented reality (AR) systems for anatomy teaching, which display virtual information directly on top of a users' body, have proven to facilitate ...

Misc

 
Kleihorst Richard, Saito Hideo
Optical Engineering   53(10)    2014年10月

書籍等出版物

 
人工生命「5.3 金融市場シミュレーションへの応用」分担
尹 煕元,斎藤英雄,棚橋隆彦 (担当:共著)
同文書院 編 井上春樹   2002年   
金融市場の株価の変動をGAを用いて解析する手法を提案し,実際の価格変動データを利用して解析結果の妥当性を検討した.
'アドバンスド・センサ・ハンドブック, 「9-2-2 CT手法の産業応用」分担'
'斎藤英雄, 中島真人' (担当:共著)
培風館   1994年   
CT手法の産業応用例について解説した。

講演・口頭発表等

 
Speaker Identification Based on Integrated Face Direction in a Group Conversation
Naoto Ienaga, Yuko Ozasa, and Hideo Saito
The First International Workshop on Human Activity Analysis with Highly Diverse Cameras (HDC2017)   2017年3月30日   
Measuring grasp posture using an embedded camera
Naoaki Kashiwagi, Yuta Sugiura, Natsuki Miyata, Mitsunori Tada, Maki Sugimoto, and Hideo Saito
The First International Workshop on Human Activity Analysis with Highly Diverse Cameras (HDC2017)   2017年3月30日   
Augmented Visualization:望みどおりに見るための映像生成に向けて [招待有り]
斎藤英雄,森尚平
2017年電子情報通信学会総合大会   2017年3月23日   電子情報通信学会
Diminished hand: A diminished reality-based work area visualization
Shohei Mori, Momoko Maezawa, Naoto Ienaga, and Hideo Saito
IEEE Virtual Reality 2017   2017年3月20日   
実践知能アプリケーション構築プラットフォームPRINTEPSにおける教師ロボット連携授業のためのクイズモジュール
石川 礼,小篠裕子,斎藤英雄
情報処理学会第79回全国大会   2017年3月18日   情報処理学会
PRINTEPSは人と機械が協働可能な総合知能アプリケーションを開発するプラットフォームである.本研究では,PRINTEPSを用いて教師とロボットが連携した授業における,クイズモジュールを提案する.
具体的には,授業内でロボットが出題したクイズに対し生徒が○×などの回答札をあげ,その結果を画像処理により取得し,その結果に応じてロボットがインタラクションを行う.
本モジュールの評価として,小学校でのクイズモジュール導入事例を示す.