守屋 靖代

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/23 02:52
 
アバター
研究者氏名
守屋 靖代
 
モリヤ,ヤスヨ
所属
国際基督教大学
部署
教養学部アーツ・サイエンス学科
職名
教授
学位
Ph.D.(University of Cincinnati), MA(University of Cincinnati), MA(国際基督教大学 Graduate School, International Christian University), BA(国際基督教大学 College of Liberal Arts, International Christian University)
科研費研究者番号
50230165

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
現在
国際基督教大学教養学部 アーツ・サイエンス学科 教授
 

学歴

 
1986年9月
 - 
1994年9月
University of Cincinnati College of Arts and Science English Linguistics
 
1985年9月
 - 
1986年8月
University of Cincinnati College of Arts and Science Linguistics
 
1976年5月
 - 
1978年3月
国際基督教大学 Graduate School, International Christian University 比較文化研究科 
 
1972年4月
 - 
1976年3月
国際基督教大学 College of Liberal Arts, International Christian University 教養学部 語学科
 

委員歴

 
 
   
 
JACET Bulletin  Reviewer
 
 
   
 
Studies in Medieval English Language and Literature  Editor
 
2014年4月
 - 
2015年3月
日本中世英語英文学会東支部  代表
 
2012年4月
 - 
2013年3月
日本中世英語英文学会東支部  代表
 
2010年4月
 - 
2016年3月
日本中世英語英文学会  評議員
 

受賞

 
2007年9月
JACET Award for Excellence in Teaching
 

論文

 
「中英語韻律論へのアプローチと問題点」
Proceedings of the 88th General Meeting of the English Literary Society of Japan   118-119   2016年   [査読有り]
日本人大学生による苦情の書き方に見るライティング方策
Educational Studies   57    2014年   [査読有り]
「英文法へのアプローチ—文法書、フィールドワーク、コーパスから検証する付加疑問文の特徴」
関東英文学研究   4 219-29   2012年3月
「英語のマルチ・リンガリズムを英語教育に活かす−教養学部での英語史」
守屋 靖代
教育研究   52 1-18   2010年3月
「通時・共時で見直す英語の変化–そのプロセスと要因」
守屋 靖代
ことばと人間   7 1-16   2009年3月

Misc

 
“Book Review of Multilingualism in Medieval Britain (c. 1066-1520): Sources and Analysis Edited by Judith A. Jefferson and Ad Putter with the Assistance of Amanda Hopkins.”
Studies in English Literature   57 155-161   2016年   [査読有り][依頼有り]
ことばの楽しみー東西の文化を越えて
守屋 靖代、田島松二編
   2006年3月
“Lesson Development for the Listening Lab in a University English Program for Academic Purposes”
MORIYA, Yasuyo, Midori Shimazaki
Proceedings of the Second International Conference on Foreign Language Education and Technology   1 445-49   1992年3月

書籍等出版物

 
Repetition, Regularity, Redundancy: Norms and Deviations of Middle English Alliterative Meter.
Yasuyo Moriya
Hituzi Press   2014年2月   ISBN:978-4-89476-683-9
「中英語頭韻詩における繰り返しの技巧と連語」
守屋 靖代
南雲堂   2010年3月   
「中英語頭韻詩における口承様式の定型表現」
守屋 靖代
科学研究費補助金研究成果報告書   2007年3月   
ICUの英語教育—リベラル・アーツの理念のもとに
守屋 靖代、富山真知子編 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 183-91)
研究社   2006年9月   
ICUの英語教育—リベラル・アーツの理念のもとに
守屋 靖代、富山真知子編 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 192-204)
研究社   2006年9月   

講演・口頭発表等

 
「中英語脚韻詩における定型表現¬–頭韻詩との比較から」
日本中世英語英文学会32回全国大会   2016年12月   日本中世英語英文学会
“Genre-Based Writing and Japanese University Students’ Strategies.”
The 55th International Convention of the Japan Association of College English Teachers   2016年9月   JACET
「英語学リサーチ体験-言語学で読み解く英語のパワー」
オープンキャンパスモデルレクチャー   2016年8月   
「中英語韻律論へのアプローチと問題点」シンポジウム「中世頭韻詩の通時的・共時的研究の現状と課題」
鈴木敬了、藤原保明、鎌田幸雄
日本英文学会88回大会   2016年5月   日本英文学会
“‘As the Book Says’: A Formulaic Expression in Confessio Amantis and its Variations.”
Natsumi Ikoma, John Maher, and Christopher Simons
The 26th Meeting of the Society for the History of the English Language   2016年4月   

Works

 
コーパスを取り入れた英文法授業」
その他   2016年10月

競争的資金等の研究課題

 
Repetition, Regularity, Redundancy: Norms and Deviations of Middle English Alliterative Meter
日本学術振興会: 科学研究費補助金研究成果公開促進費
研究期間: 2014年3月   
「中英語頭韻詩韻律研究:繰り返しの技巧と定型表現としての連語」
日本学術振興会: 科研費 基盤研究(C)
研究期間: 2007年4月 - 2011年3月
「中英語頭韻詩における口承様式の定型表現」
日本学術振興会: 科研費 基盤研究 (C)
研究期間: 2003年4月 - 2007年3月
「英語スピーキング及びライティングの構成分析と指導」
日本学術振興会: 科研費 基盤研究 (C)
研究期間: 1999年4月 - 2002年3月
英語ライティング教授法の研究と実践ー日本人と母語話者の比較に基づいてー
日本学術振興会: 科研費 基盤研究 (C)
研究期間: 1996年4月 - 1999年3月