野口 雅之

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/05 02:57
 
アバター
研究者氏名
野口 雅之
所属
筑波大学
部署
医学医療系
職名
教授
学位
医学博士(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1987年4月
 - 
1992年3月
国立がんセンター研究所 病理部 研究員
 
1992年4月
 - 
1996年6月
国立がんセンター研究所 病理部 室長
 
1996年7月
 - 
2004年3月
筑波大学 基礎医学系病理学(診断病理学) 教授
 
2000年6月
   
 
筑波大学附属病院 病理部長
 
2004年4月
 - 
2012年3月
筑波大学 大学院人間総合科学研究科生命システム医学専攻(診断病理学) 教授
 

学歴

 
 
 - 
1982年
筑波大学 医学部 
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
2018年3月
茨城県総合健診協会  細胞検査診断委員会(肺がん)委員
 
2017年4月
 - 
2017年10月
日本肺癌学会  第58回日本肺癌学会学術集会 一般演題査読委員
 
2016年5月
 - 
2018年5月
日本病理学会  学術委員
 
2016年4月
 - 
2017年3月
国立がんセンターがん対策情報センターがん医療支援部  病理診断コンサルテーション推進室コンサルタント
 
2015年11月
   
 
日本医療安全調査機構  「診療行為に関連した死亡の調査分析モデル事業」中央審査委員会(大阪49事例)委員
 

受賞

 
2016年2月
茨城県総合健診協会・茨城県 共催 平成28年度 県民健康づくり表彰式 茨城県の健康づくりに功績のあった個人や団体に表彰
受賞者: 野口 雅之(医師)
 
2015年5月
日本病理学会 日本病理学賞 日本病理学会総会において宿題報告として講演した
 
2009年8月
世界肺癌学会 メアリー J. マシュー賞
 
肺癌の病理診断での貢献
1993年2月
財団法人がん研究振興財団、国立がんセンター 田宮記念賞
 

論文

 
Kim, Yunjung;Shiba-Ishii, Aya;Nakagawa, Tomoki;Husni, Ryan Edbert;Sakashita, Shingo;Takeuchi, Tomoyo;Noguchi, Masayuki
Pathology international   67(6) 292-301   2017年5月   [査読有り]
Alterations of epidermal growth factor receptor (EGFR) expression frequently occur in early-stage lung adenocarcinoma. Ubiquitin-specific protease 8 (USP8) has been reported to stabilize EGFR protein at the plasma membrane through the recycling pa...
Hattori, Keiichiro; Sakata-Yanagimoto, Mamiko; Okoshi, Yasushi; Goshima, Yuki; Yanagimoto, Shintaro; Nakamoto-Matsubara, Rie; Sato, Taiki; Noguchi, Masayuki; Takano, Shingo; Ishikawa, Eichi; Yamamoto, Tetsuya; Matsumura, Akira; Chiba, Shigeru
British journal of haematology   177(3) 492-494   2016年5月   [査読有り]
Jimbo, Naoe; Nishigami, Takashi; Noguchi, Masayuki; Iijima, Hiroko; Hirota, Seiichi; Tajiri, Takuma; Inoue, Takeshi; Hirose, Takanori; Itoh, Tomoo; Zen, Yoh
Human pathology   61 41-48   2017年3月   [査読有り]
The fusion or amplification of TFE3 has been identified as one of the molecular events underlying tumorigenesis in perivascular epithelioid cell tumors (PEComas). TFE3 rearrangements in PEComas are related to the morphological features of the epit...
Sato, Taiki;Shiba-Ishii, Aya;Kim, Yunjung;Dai, Tomoko;Husni, Ryan Edbert;Hong, JeongMin;Kano, Junko;Sakashita, Shingo;Iijima, Tatsuo;Noguchi, Masayuki
Cancer science   108(3) 536-542   2017年3月   [査読有り]
Immunoglobulin (CD79a) binding protein 1 (IGBP1) is universally overexpressed in lung adenocarcinoma and exerts an anti-apoptotic effect by binding to PP2Ac. However, the molecular mechanism of IGBP1 overexpression is still unclear. In the present...
Qui, Shuang; Kano, Junko; Noguchi, Masayuki
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   22(4) 406-417   2017年4月   [査読有り]
Dickkopf (DKK) 3 is a DKK glycoprotein family member that controls cell fate during embryogenesis and exerts opposing effects on survival in a cell type-dependent manner; however, the mechanisms governing its pro-apoptosis versus pro-survival func...

書籍等出版物

 
解明 病理学 第3版 -病気のメカニズムを解く-
Noguchi,Masayuki
医歯薬出版株式会社   2017年10月   
病理と臨床
野口,雅之
2016年8月   
病理と臨床
野口,雅之
2016年3月   
医療事故調査制度における茨城県病理解剖支援体制
野口,雅之
病理と臨床 文光堂   2016年1月   
生体試料バンキングの現状と将来
野口,雅之;竹内朋代 (担当:監修, 範囲:生体試料バンキングの現状と将来)
2014年   

講演・口頭発表等

 
放射線科医 v.s.人工知能:肺腺癌の病理学的浸潤成分の画像学的予測
Noguchi, Masayuki;梁川雅弘;本多修;富山憲幸
第58回日本肺癌学会学術集会   2017年10月14日   日本肺癌学会
肺扁平上皮病変における ECT2 の遺伝子異常
Noguchi, Masayuki;杉山栞;村田佳彦;古屋周一郎;ZeinaKosibaty;南優子
第58回日本肺癌学会学術集会   2017年10月14日   日本肺癌学会
浸潤部にのみ EGFR T790M 遺伝子変異が認められた,L858R 遺伝子変異肺腺癌の 1 例
Noguchi, Masayuki;坂下信悟;柴綾;関本隆太郎;村田佳彦;南優子;佐藤幸夫
第58回日本肺癌学会学術集会   2017年10月14日   日本肺癌学会
茨城県におけるPD-L1検査の現状とIASLCが目指すPD-L1検査harmonizationの試み [招待有り]
Noguchi,Masayuki
PD-L1セミナー in 信州   2017年9月21日   MSD・大鵬薬品株式会社 共催
Nuclear grading in pulmonary adenocarcinoma [招待有り]
Noguchi,Masayuki
2017 Pulmonary Pathology Society 10th Biennial Meeting   2017年6月13日   Pulmonary Pathology Society

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
ゲノム研究用試料に関する病理組織検体取扱規定の策定及び病理組織取扱いに関する実証研究
一般財団法人日本病理学会 受託研究: 国立研究開発法人日本医療研究開発機構、事業名:オーダーメイド医療の実現プログラム
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 竹内朋代
ゲノム研究用試料に関する病理組織検体取扱規定の策定及び病理組織取扱いに関する実証研究(凍結組織検体保管・移送・SOP策定に係る実証研究ならびにホルマリン固定パラフィン包埋標本SOP策定に係る実証研究)
一般財団法人日本病理学会 受託研究: 国立研究開発法人日本医療研究開発機構、事業名:オーダーメイド医療の実現プログラム
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 竹内朋代
ゲノム研究用試料に関する病理組織検体取扱規定の策定及び病理組織取扱いに関する実証研究(凍結組織検体保管・移送・SOP策定に係る実証研究ならびにホルマリン固定パラフィン包埋標本SOP策定に係る実証研究)
一般財団法人日本病理学会 受託研究: 文部科学省平成26年度科学技術試験研究委託事業
研究期間: 2014年10月 - 2015年3月    代表者: 竹内朋代
非浸潤または小型非小細胞肺がんに対する機能温存手術の確立に関する研究
独立行政法人 日本医療研究開発機構(AMED): 革新的がん医療実用化研究事業
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 渡辺 俊一
Oncoproteinのユビキチン化を抑制し腫瘍悪性化を招くSFNを標的とする肺腺癌治療薬の開発
独立行政法人 日本医療研究開発機構(AMED): 平成29年度医療研究開発推進事業補助金(橋渡し研究戦略的推進プログラム補助事業)シーズA
研究期間: 2017年7月 - 2018年3月    代表者: 野口 雅之