久賀 圭祐

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/19 02:59
 
アバター
研究者氏名
久賀 圭祐
eメール
kuga.keisuke.gpu.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学
部署
医学医療系
職名
教授
学位
医学博士(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1981年6月
 - 
1982年3月
筑波大学附属病院 内科 医員(研修医)
 
1983年5月
 - 
1984年3月
筑波大学附属病院 内科(循環器)医員
 
1988年4月
 - 
1990年12月
国立霞ヶ浦病院 内科・循環器科 医員
 
1990年1月
 - 
1991年9月
国立霞ヶ浦病院 内科 医長
 
1991年10月
 - 
1992年5月
水戸中央病院 内科・循環器科 部長
 

学歴

 
1975年4月
 - 
1981年3月
筑波大学 医学専門学群 
 
1984年4月
 - 
1988年3月
筑波大学大学院 医学研究科 生理系  
 
 
 - 
1987年
筑波大学 医学研究科 循環器内科(不整脈)
 

委員歴

 
1989年4月
   
 
日本内科学会  臨床指導医
 
1990年4月
   
 
日本内科学会  認定医
 
1999年
   
 
日本不整脈学会  評議員、植込み型除細動器認定治療医、再同期療法実施医
 
2003年4月
   
 
日本心臓病学会  特別正会員
 
2003年
 - 
2004年
日本循環器学会  「心臓突然死の予知と予防のガイドライン」作成班 班員・協力員
 

受賞

 
2004年2月
日本心臓財団 第4回 Japan US Scholarship
 
1996年
公益信託上田記念心臓病研究助成
 

論文

 
腫瘍崩壊の高尿酸血症に対する個別化治療の一考察(がん薬物療法(副作用対策)2,一般演題(ポスター),新時代を拓く医療薬学フロンティア)
簑原, 豪人; 真家, 紘一郎; 小原, 直; 千葉, 滋; 久賀, 圭祐; 本間, 真人
日本医療薬学会年会講演要旨集   24 349   2014年8月
Kosuke,Doki;Masato,Homma;Keisuke,Kuga;Kazutaka,Aonuma;Yukinao,Kohda
Phamacogenetics and Genomics   23(7) 349-354   2013年7月   [査読有り]
ObjectiveAn increased slowing of cardiac conduction induced by sodium channel blockers is remarkably observed in carriers of an Asian-specific promoter haplotype [haplotype B (HapB)] of the cardiac sodium channel gene (SCN5A). We investigated the ...
高血圧ラットにおけるアミオダロンの心房細動抑制のメカニズムについて ベプリジルとの比較検討
五十嵐 都;村越伸行;許,東洙;夛田,浩;関口幸夫;山崎 浩;黒木健志;町野 毅;井藤葉子;石津 智子;瀬尾由広;久賀,圭祐;青沼 和隆
Progress in Medicine   33(suppl1) 698-703   2013年3月
Ogawa, Satoshi;Aizawa, Yoshifusa;Aonuma, Kazutaka;Hirai, Makoto;Iesaka, Yoshito;Inoue, Hiroshi;Ishikawa, Toshiyuki;Kamakura, Shiro;Kato, Takao;Kobayashi, Youichi;Kosakai, Yoshio;Kumagai, Koichiro;Kurita, Takashi;Nakazato, Yuji;Okumura, Ken;Shoda, Morio;Sugi, Kaoru;Sumitomo, Naokata;Takatsuki, Seiji;Takayanagi, Kan;Watanabe, Ichiro;Chinushi, Masaomi;Fujiki, Akira;Iwasa, Atsushi;Kobayashi, Yoshinori;Kuga, Keisuke;Nagase, Satoshi;Ohnishi, Satoshi;Satomi, Kazuhiro;Tanno, Kaoru;Yasuda, Masayuki;Daida, Hiroyuki;Hiejima, Kazumasa;Kasanuki, Hiroshi;Misaki, Takuro;Ohe, Tohru
CIRCULATION JOURNAL   77(2) 497-518   2013年2月   [査読有り]
CYP2D6 genotype affects age-related decline in flecainide clearance: a population pharmacokinetic analysis.
Kousuke,Doki;Masato,Homma;Keisuke,Kuga;Kazutaka,Aonuma;Yukinao,Kohda
Pharmacogenetics and Genomics   22(11) 777-783   2012年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
内科
久賀圭祐 (担当:監修, 範囲:アダムス・ストークス症候群)
南江堂   2012年6月   
つくばスチューデンツ
久賀圭祐
筑波大学学生生活課   2012年4月   
日本医事新報
久賀圭祐 (担当:監修, 範囲:プライマリケア・マスターコース 疾患別投薬アプローチ ここから始まる!新薬情報 不整脈編)
日本医事新報社   2012年3月   
障害学生支援入門-誰もが輝くキャンパスを- 
久賀圭祐
ジアース社   2011年6月   
つくばスチューデンツ
久賀圭祐
筑波大学学生生活課   2011年4月   

講演・口頭発表等

 
β1-アドレナリン受容体Arg389Gly遺伝子多型がフレカイニドの治療効果におよぼす影響
土岐,浩介;関口 幸夫;久賀,圭祐;青沼 和隆;本間 真人
第34回日本臨床薬理学会年会   2013年12月4日   日本臨床薬理学会
【目的】β1-アドレナリン受容体(β1AR)はアデニル酸シクラーゼの活性化経路を介してNaチャネルを抑制することがわ耐10において示唆されている。β1ARには、Arg389Gly遺伝子多型が存在し(日本人のGly389アレル頻度:22%)、血I伽oにおいてGly389はArg389に比べてイソプレナリン刺激によるアデニル酸シクラーゼ活性化が低下することが示されている。Gly389を有する患者では、βlARを介したNaチャネル抑制作用が減弱すると考えられるため、Naチャネル遮断薬フレカイニド...
Elevated Blood Pressure in Resting Daytime-Phase in A170/p62-Knockout Mice, a Newly Established Obese Model.
Sakai,Satoshi;Warabi,Eiji;Yanagawa,Toru;Kimura,Taizo;Tajiri,Kazuko;Homma,Satoshi;Kuga,Keisuke;Aonuma,Kazutaka;Ishii,Tetsuro;Miyauchi,Takashi
The Thirteenth International Conference on Endothelin   2013年9月8日   
Comparison of Daily Anti-Hypertensive Effects of Amlodipine and Nifedipine Coat-Core Using Ambulatory Blood Pressure Monitoring - Utility of "Hypobaric Curve" and "Hypobaric Area"
Kuga,Keisuke;Xu,Dong Zhu;Ohtsuka,Morio;Aonuma,Kazutaka;Lau,Alan H. C.;Watanabe,Yoshihiko;Ohtsuka,Kuniaki
12th Japanese Annual Conference on Chronocardiology and Hypertension   2011年6月   
High Washout Rate of Iodine-123-Metaiodobenzylguanidine Imaging Predicts Late Recurrence of Atrial Fibrillation Following Radiofrequency Catheter Ablation
Arimoto,Takanori;Tada,Hiroshi;Sekiguchi,Yukio;Sato,Akira;Kuga,Keisuke;Aonuma,Kazutaka
82nd Scientific Session of the American-Heart-Association   2009年11月14日   
Control Method of Air Cylinder Actuator Utilizing Common Bias Pressure
Nicolaescu, D; Nagao, M; Sato, T; Filip, V; Kanemaru, S; Itoh, J
81st Annual Scientific Session of the American-Heart-Association   2008年11月8日   
In this study, we propose a control algorithm that can estimate gains by a simple method with a double-acting air cylinder and can realize accurate speed control and position control. Specifically, we aimed at quick response and less overshoot by ...

競争的資金等の研究課題

 
臨床心臓電気生理学
研究期間: 1984年   
医療データベースに関する研究
研究期間: 1991年   
健康管理学に関する研究
研究期間: 1991年   
J-RHYTHM共同研究
国内共同研究
研究期間: 2003年1月 - 2005年6月    代表者: 久賀圭祐
日本心電学会が主導する国内の多施設無作為割付共同研究で、当施設から3症例がエントリーし、無作為に割り付けられた。
日本心臓財団循環器疾患研究助成 「不整脈の実験的研究に対する研究助成」
国内共同研究
研究期間: 2001年11月 - 2002年10月    代表者: 久賀圭祐、山口 巖