土谷 桃子

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/09 03:16
 
アバター
研究者氏名
土谷 桃子
 
ツチヤ モモコ
所属
岐阜大学
部署
留学生センター
職名
准教授
学位
修士(人文科学)(お茶の水女子大学), 博士(人文科学)(お茶の水女子大学)

プロフィール

幕末・明治初期の社会と文学/幕末・明治維新期は日本歴史の転換期である。しかし、動乱期であったにも関わらず、庶民レベルでは戯作や落語、芝居といった遊興が盛んに繰り広げられていた。これら遊興の中心的な役割を果たした軟文学者(戯作者)たちは、社会の変化にいかに対応して旧来の文学と新興分野(ジャーナリズム)を融合させていたのか。明治維新を上からの視線ではなく、一般民衆の視線でとらえたい。/日本語教育における文学作品の活用

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
 - 
現在
岐阜大学 留学生センター 准教授
 
2007年2月
 - 
2007年3月
岐阜大学 留学生センター 助教授
 
2005年10月
 - 
2007年1月
岐阜大学 留学生センター 講師
 
2000年3月
 - 
2005年9月
立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋マネジメント学部 専任講師
 
1998年2月
 - 
2000年2月
社団法人国際日本語普及協会(ALAJT) 教師会員
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2006年3月
お茶の水女子大学 人間文化研究科 国際日本学
 
1990年4月
 - 
1992年3月
お茶の水女子大学 人文科学研究科 日本語日本文学
 
1986年4月
 - 
1990年3月
お茶の水女子大学 文教育学部 国文科
 

論文

 
板垣退助岐阜遭難の芝居~明治十五年の作品を中心に~
土谷 桃子
岐阜大学国語国文学   (38) 11-27   2012年3月
大学間協定締結に至るまで―岐阜大学サマースクール(受入)の過去・現在・未来 補遺―
土谷 桃子
岐阜大学留学生センター紀要2010   49-54   2011年3月   [査読有り]
さまざまに描かれる柿木金助
土谷桃子
第267回平成22年初春歌舞伎公演 国立劇場パンフレット   26-27   2010年
梅若六郎家蔵『門入性名年月扣』翻刻及び人名解説 人名索引・補遺
初代梅若実資料研究会
武蔵野大学能楽資料センター紀要   20 92-130   2009年
梅若六郎家蔵『門入性名年月扣』翻刻および人名解説(五)
初代梅若実資料研究会
武蔵野大学能楽資料センター紀要   (19) 1-41   2008年

Misc

 
国書人名辞典
岩波書店      1994年

書籍等出版物

 
江戸と明治を生きた戯作者 山々亭有人・条野採菊散人
土谷 桃子(留学生センター)
近代文芸社   2009年5月   
円朝全集4巻(鶴殺疾刃庖刀)
土谷 桃子(留学生センター)
岩波書店   2013年6月   
円朝全集10巻(八景隅田川)
土谷 桃子(留学生センター)
岩波書店   2014年8月   

講演・口頭発表等

 
岐阜の伊奈波に芝居あり
土谷桃子(岐阜大学留学生センター)
岐阜市立図書館第32回文学ライブ   2014年10月   岐阜市立図書館
板垣退助岐阜遭難の芝居~明治十五年の作品を中心に~
土谷桃子(岐阜大学留学生センター)
岐阜史学会   2012年3月   
明治開国期の英語ブーム
土谷桃子(岐阜大学留学生センター)
岐阜大学留学生センターフォーラム   2007年3月   岐阜大学留学生センター・岐阜市立図書館
戯作者の明治の転身
土谷 桃子(岐阜大学留学生センター)
日本文学協会   2001年7月   
山々亭有人は、幕末期の人情本作家、また文人サロンの粋狂連・興笑連の中心人物として知られる。しかし、西欧諸国を手本とし実学を重んじる明治になると、戯作は否定的に捉えられるようになる。そのような時代に彼は華麗な転身をし、新聞小説家・語学書の著作者・政治家として多彩な活躍を見せる。時代の波を巧みに乗り切った戯作者の一生を紹介する。

担当経験のある科目

 

Works

 
Web教材 J learning
土谷 桃子(岐阜大学留学生センター)   教材   2002年2月 - 2005年9月
レポートの書き方
小澤 克彦(教養教育推進センター副センター長),弓削 繁(教養教育推進センター(教育学部)),土谷 桃子(教養教育推進センター(留学生センター))   教材   2007年12月
岐阜大学で全学共通教育科目を受講する学生が、レポートを書く際に参照できるように作成された冊子。

競争的資金等の研究課題

 
幕末から明治初期の岐阜の芝居(劇場と役者)の実態
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 土谷 桃子
幕末から明治初期の岐阜の芝居(劇場と役者)の実態
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 土谷桃子
幕末明治期の江戸・東京における現存出版物の調査・研究 ―文学・語学関係出版物を中心に―
岐阜大学: 平成19年度岐阜大学活性化経費(研究)
研究期間: 2007年7月 - 2008年6月    代表者: 土谷 桃子(岐阜大学留学生センター)

社会貢献活動

 
「岐阜の伊奈波に芝居あり~懐かしき・蓄音機の音色とともに」講義
【講師】  岐阜市立図書館  岐阜市立図書館  2014年10月31日 - 2014年10月31日
大垣市立図書館古典文学講座「江戸の小説の窓」
【講師】  大垣市立図書館  大垣市立図書館  2016年9月1日 - 2017年2月28日

その他

 
2007年12月   レポートの書き方
岐阜大学で全学共通教育科目を受講する学生が、レポートを書く際に参照できるように作成された冊子。
2008年11月   岐大キャンパスで国際理解~留学生とともに学ぶ~
各務ヶ原西高等学校1年生の大学訪問に際し、模擬授業を行なった(13:30~14:20)。