遠藤 龍人

J-GLOBALへ         更新日: 11/01/28 00:00
 
アバター
研究者氏名
遠藤 龍人
 
エンドウ リュウジン
所属
岩手医科大学
部署
医学部 内科学講座 消化器肝臓内科分野
職名
講師
学位
医学博士, 医学博士(岩手医科大学), 社会健康修士 MCR(臨床研究者養成コース)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1999年
 - 
2006年
 岩手医科大学医学部 助手
 
2005年
   
 
 京都大学附属病院探索医療センター開発部HGF肝再生医療プロジェクト共同研究員
 

学歴

 
 
 - 
2006年
京都大学 医学研究科 社会健康医学系専攻
 
 
 - 
1989年
山形大学 医学部 医学
 

委員歴

 
 
   
 
日本消化器病学会  東北支部評議員
 
2009年
   
 
日本肝臓学会  東部評議員
 
2008年
   
 
日本静脈経腸栄養学会  評議員
 
2008年
   
 
日本病態栄養学会  評議員
 

Misc

 
Membrane cholesterol but not putative receptors mediates anandamide-induced hepatocyte apotosis (共著)
Hepatology   38 1167-1177   2003年
劇症肝炎の内科的治療(共著)
日本アフェレーシス学会誌   22 151-159   2003年
Plasma and urine levels of urinary trypsin inhibitor in patients with acute and fulminant hepatitis(共著)
J Gastroenterol Hepatol   17 140-147   2002年
Serum levels of soluble Fas ligand in patients with acute and fulminant hepatitis: relationship with soluble Fas, tumor necrosis factorα and TNF receptor-1(共著)
Hepatol Res   17 19-30   2000年
Serial changes in the serum levels of type IV collagen, matrix metalloproteinase-2 and tissue inhibitor of metalloproteinase-2 in patients with acute and fulminant hepataitis
J Iwate med Ass   51 371-379   1999年

書籍等出版物

 
肝臓病学 腹水と特発性細菌性腹膜炎. 155-66 (分担執筆)
朝倉書店   2006年   
新しい診断と治療のABC 44 /消化器6 肝硬変 高アンモニア血症治療. 92-100(分担執筆)
最新医学社   2007年   
NASH診療ハンドブック V. 治療・管理 1. 食事療法. 129-42(分担執筆). ,
中外医学社   2007年   
キーワードから学ぶ臨床栄養 第8章 各疾患の栄養管理 10 肝疾患. 258-61(分担執筆)
羊土社   2007年   
NASH診療next approach 6治療(薬物治療)1) 内臓肥満 a薬物療法. 191-7(分担執筆)
中外医学社   2008年   

講演・口頭発表等

 
Efficacy of plasma apheresis for fulminant hepatitis.
6th World Congress of the International Society for Apheresis World Apheresis Association 11th Congress   2007年   
Establishment and prospective verification of early prediction and patient transferring system for fulminant hepatic failure in Japan.
AASLD(米国肝臓会議)   2006年   

Works

 
厚生労働省 肝炎等克服緊急対策研究事業 「肝発癌抑制を視野に入れた肝硬変の栄養療法のガイドライン作成を目指した総合的研究」班 研究分担者
2009年 - 2010年
肝疾患の食事療法と生活.岩手県予防医学協会 市民公開セミナー 講演
2010年5月
C型慢性肝炎に対する最新治療:栄養食事療法と生活指導.日本肝臓学会 肝がん撲滅運動 市民公開講座 講演
2010年5月
肝臓病の症候(徴候)と考え方.平成22年度岩手県栄養士会 生涯学習研修会 講演
2010年8月
生活習慣病と消化器がん:肝臓がん.日本消化器病学会東北支部 第54回市民公開講座 講演
2010年9月

競争的資金等の研究課題

 
急性肝不全の病態と治療
研究期間: 1997年   
急性肝炎の劇症化予知と専門施設搬送システムの構築
研究期間: 2004年   
肝疾患における栄養・代謝
患者向けガイドラインの作成
研究期間: 2009年