縄田 裕幸

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/22 12:18
 
アバター
研究者氏名
縄田 裕幸
 
ナワタ ヒロユキ
eメール
nawataedu.shimane-u.ac.jp
URL
http://www.edu.shimane-u.ac.jp/edu/Senkou/Gengo/English/nawata.html
所属
島根大学
部署
教育学部 言語文化教育講座
職名
教授
学位
博士(文学)(名古屋大学), 修士(文学)(名古屋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
島根大学教育学部 教授
 
2007年4月
 - 
2014年3月
島根大学教育学部 准教授
 
2004年4月
 - 
2007年3月
島根大学教育学部 助教授
 
2000年4月
 - 
2004年3月
島根大学教育学部 講師
 

学歴

 
1995年4月
 - 
2000年3月
名古屋大学 文学研究科 英文学専攻
 
1991年4月
 - 
1995年3月
名古屋大学 文学部 英文学専攻
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
近代英語協会  理事
 
2015年6月
 - 
現在
日本英文学会  大会準備委員会委員
 
2009年11月
 - 
2012年11月
日本英語学会  大会運営委員会委員
 
2009年4月
 - 
2012年3月
日本英文学会  編集委員会委員
 
2005年4月
 - 
2009年3月
近代英語協会  編集委員会委員
 

受賞

 
2013年8月
島根大学 優良教育実践表彰
 
2010年8月
島根大学 研究功労賞
 
2008年11月
日本英語学会 研究奨励賞
 
2000年4月
名古屋大学英文学会 The Ivy Award
 
1998年5月
近代英語協会 新人賞
 

論文

 
英語主語位置の通時的下方推移分析
縄田 裕幸
コーパスからわかる言語変化・変異と言語理論   107-123   2016年11月
I know not why─後期近代英語における残留動詞移動─
縄田 裕幸
文法変化と言語理論   192-206   2016年10月
On the Quotative Complementizer -Tte in Japanese
Tomio Hirose and Hiroyuki Nawata
Semantics-Syntax Interface   3(1) 1-29   2016年9月   [査読有り]
Temporal Adverbs and the Downward Shift of Subjects in Middle English: A Pilot Study
Hiroyuki Nawata
Studies in Modern English: The Thirtieth Anniversary Publication of the Modern English Association   203-218   2014年5月   [査読有り]
Verbal Inflection, Feature Inheritance, and the Loss of Null Subjects in Middle English
Hiroyuki Nawata
Interdisciplinary Information Sciences   20(2) 103-120   2014年5月   [査読有り]
CPカートグラフィーによるthat痕跡効果の通時的考察
縄田 裕幸
言語変化—動機とメカニズム—   120-135   2013年4月
古英語・中英語における「空主語」の認可と消失—話題卓立言語から主語卓立言語へ—
縄田 裕幸
島根大学教育学部紀要   46 101-110   2012年12月
極小主義における通時的パラメター変化に関する覚書—「言語変化の論理的問題」の解消に向けて—
縄田 裕幸
島根大学教育学部紀要   45 71-82   2011年12月
Gradual Parametric Change? Revisiting the Loss of Non-Nominative Experiencers of Like
Hiroyuki Nawata
近代英語研究   27 75-99   2011年5月   [査読有り]
理論言語学は言語教育にいかなる貢献をなしうるか―生成文法理論と英語教育の場合―
縄田裕幸
島根大学教育学部紀要   44別冊 7-16   2011年2月
On the Resetting of the Subject Parameter by Japanese Learners of English: A Survey of Junior High School Students
Hiroyuki Nawata and Keiko Tsubokura
Second Language   9 63-82   2010年9月   [査読有り]
A Note on the Person Split of Pro-Drop in Early English
Hiroyuki Nawata
Synchronic and Diachronic Approaches to the Study of Language: A Collection of Papers Dedicated to the Memory of Professor Masachiyo Amano   217-230   2010年6月
Clausal Architecture and Inflectional Paradigm: The Case of V2 in the History of English
Hiroyuki Nawata
English Linguistics   26(1) 247-283   2009年6月   [査読有り]
Control without PRO: An Agree-Based Approach
Hiroyuki Nawata
IVY Never Sere: The Fiftieth Anniversary Publication of The Society of English Literature and Linguistics, Nagoya University   371-388   2009年3月
日本人英語学習者による主語の習得について-中学生を対象とした調査から-
壷倉恵子・縄田裕幸
島根大学教育学部紀要   42 45-54   2008年12月
A New Perspective on the Development of the To-Infinitive
Hiroyuki Nawata
English Linguistics   24(2) 514-544   2007年12月   [査読有り]
The History of Alive: Toward a Realizational Approach to Grammaticalization
Hiroyuki Nawata
IVY   40 45-80   2007年11月   [査読有り]
T-to-C Movement and the “Degrammaticalization” of Infinitival To
Hiroyuki Nawata
Exploring the Universe of Language: A Festschrift for Dr. Hirozo Nakano on the Occasion of his Seventieth Birthday   221-238   2007年3月
Grammaticalization and the Economy of Vocabulary Insertion
Hiroyuki Nawata
Textual and Contextual Studies in Medieval English: Towards the Reunion of Linguistics and Philology   85-103   2006年5月
Delayed Merge and the Position of Not
Tomio Hirose and Hiroyuki Nawata
神奈川大学言語研究   28 13-23   2006年3月
分散形態論によるコントロールの一致分析
縄田裕幸
島根大学教育学部紀要   39 85-99   2006年2月
分散形態論による文法化の分析—法助動詞の発達を中心に—
縄田裕幸
文法化—新たな展開—   75-108   2005年11月
Grammatical Change at PF: For To Infinitives in English and Distributed Morphology
Hiroyuki Nawata
English Linguistics   21(1) 85-117   2004年6月   [査読有り]
英語における限定形容詞の統語構造について
縄田裕幸
英語教育と英語研究   20 111-132   2004年5月
豊かな一致の仮説再考: 屈折接辞の音声化の視点から
縄田裕幸
JELS   21 140-149   2004年3月
On the Dialect Variation of Verb Second in Middle English
Hiroyuki Nawata
Studies in Modern English: The Twentieth Anniversary Publication of the Modern English Association   223-236   2003年12月   [査読有り]
The Rich Agreement Hypothesis and the Loss of Verb Second in English
Hiroyuki Nawata
近代英語研究   19 55-62   2003年5月   [査読有り]
学校英文法の再構築を目指して
縄田裕幸
英語教育と英語研究   19 39-57   2002年3月
For To 不定詞と分散形態論
縄田裕幸
英語青年   144(7) 420-422   2001年10月
Toward Anti-Teleological Explanation of Language Change
Hiroyuki Nawata
英語教育と英語研究   18 41-68   2001年3月
An Analysis of the That-trace Effect in the History of English
Hiroyuki Nawata
JELS   17 134-143   2000年2月
A Note on For To Infinitives in the History of English
Hiroyuki Nawata
Linguistics and Philology   19 321-336   2000年1月
Split-CP, Doubly-Filled Comp, and Locality of Language Change
Hiroyuki Nawata
English Linguistics   16(1) 121-144   1999年6月   [査読有り]
Locality of Diachronic Feature Shift and Do-Support
Hiroyuki Nawata
JELS   16 171-180   1999年2月
The Distribution of Complementizers and the Split-CP Hypothesis Revisited
Hiroyuki Nawata
Linguistics and Philology   18 73-94   1998年12月
On the Development of Infinitival Constructions in the History of English
Hiroyuki Nawata
近代英語研究   14 29-51   1998年5月
A Phi-Feature Checking Approach to PRO
Hiroyuki Nawata
中部英文学   17 83-97   1998年3月
An A'-Movement Analysis of the Finite ECM Construction
Hiroyuki Nawata
Linguistics and Philology   17 145-165   1997年12月
The Correspondence Between Functional Categories and Semantic Features in the ECM Construction
Hiroyuki Nawata
IVY   30 89-114   1997年10月   [査読有り]
叙述名詞・形容詞の主要部移動
縄田裕幸
言語の深層を探ねて-中野弘三博士還暦記念論文集   190-201   1996年10月
英語結果構文のAgrP分析
縄田裕幸
中部英文学   15 83-96   1996年3月   [査読有り]
On the Complement Structure of Causative Make and Have
Hiroyuki Nawata
Linguistics and Philology   15 115-131   1995年12月

Misc

 
Review: The Early English Impersonal Construction: An Analysis of Verbal and Constructional Meaning, by Ruth Möhlig-Falke, Oxford: Oxford University Press
Hiroyuki Nawata
『近代英語研究』   32 137-147   2016年7月   [査読有り][依頼有り]
Review: Information Structure and Syntactic Change in the History of English, ed. by Anneli Meurman-Solin, María José López-Couso, and Bettelou Los, Oxford: Oxford University Press
Hiroyuki Nawata
English Linguistics   31(1) 353-364   2014年6月   [査読有り][依頼有り]
Review: Morphosyntactic Change: Functional and Formal Perspectives, by Olga Fischer, Oxford: Oxford University Press
Hiroyuki Nawata
Studies in English Literature   49 151-158   2008年3月   [査読有り][依頼有り]
Review: Gramatical Relations in Change, ed. by Jan Terje Faarlund, Amsterdam: John Benjamins
Hiroyuki Nawata
Studies in English Literature   44 104-109   2003年3月   [査読有り][依頼有り]
Review: Zero Syntax: Experiencers and Cascades, by David Pesetsky, Cambridge, Mass: MIT Press
Masachiyo Amano, Tomohiro Yanagi, Ikuo Miura, Satoko Osawa, Atsushi Takekoshi and Hiroyuki Nawata
Linguistics and Philology   18 127-141   1998年12月

書籍等出版物

 
最新英語学・言語学用語辞典
中野弘三・服部義弘・小野隆啓・西原哲雄(監修) (担当:分担執筆)
2015年12月   
書評から学ぶ理論言語学の最先端(上)(下)
縄田 裕幸 (担当:共著)
開拓社   2013年6月   
統語論(朝倉日英対照言語学シリーズ5)
朝倉書店   2013年1月   
ウィズダム英和辞典 第3版
三省堂   2013年1月   
ウィズダム英和辞典 第2版
三省堂   2007年1月   
ウィズダム英和辞典
三省堂   2003年1月   
Locality of Language Change: A Study of Diachronic Feature Shift in English
雄松堂書店   2001年1月   
英語学用語辞典
三省堂   1999年1月   

講演・口頭発表等

 
動詞移動は何によって駆動されるか:英語史における残留動詞移動現象からの考察
縄田裕幸
言語変化・変異ユニット第3回ワークショップ   2016年9月8日   
談話階層言語から命題階層言語へ:英語における史的素性推移とその帰結 [招待有り]
縄田裕幸
第3回史的英語学研究会   2016年8月18日   
"Complementizers” and the Right Periphery of Japanese
Tomio Hirose and Hiroyuki Nawata
International Workshop on Syntactic Cartography 2015   2015年12月6日   
統語変化の出現と収束 [招待有り]
縄田裕幸
日本英語学会第32回大会シンポジウム「言語変化に対する多角的アプローチ」   2014年11月9日   
英語における主語位置の通時的変遷について:下方推移分析
縄田裕幸
言語変化・変異ユニット第1回ワークショップ   2014年9月9日   
屈折形態変化の統語的影響:英語史における「空主語」の消失を例として [招待有り]
縄田 裕幸
日本英文学会第85回大会シンポジウム「文法化と語彙化とカートグラフィー:統語論と形態論の境界をめぐって」   2013年5月25日   
Feature Inheritance as a Reflex of Diachronic Change: Evidence from Transitive Expletive Constructions in the History of English
Hiroyuki Nawata
2011年6月   
日本人英語学習者による主語の習得について - 中学生を対象とした調査から -
壷倉恵子・縄田裕幸
日本第二言語習得学会第8回年次大会   2008年6月   
一致とコントロール [招待有り]
縄田裕幸
日本英文学会中部支部第57回大会シンポジウム「不定詞の統語論:構造・認可・歴史」   2005年10月   
Grammaticalization and the Economy of Vocabulary Insertion
Hiroyuki Nawata
The 1st Conference of The Society of Historical English Language and Linguistics   2005年9月   
文法化とパラメター変化 [招待有り]
縄田裕幸
日本英語学会第22回大会シンポジウム「歴史言語学の新たな展開━文法化現象をめぐって」   2004年11月   
豊かな一致の仮説再考━屈折接辞の音声化の視点から
縄田裕幸
日本英語学会第21回大会   2003年11月   
英語教育内容学の構築へ向けて━学校英文法の再構築 [招待有り]
縄田裕幸
全国英語教育学会第27回大会問題別検討会「英語教育内容学の構築に向けて」   2002年8月   
For To不定詞から見た節構造の変化 [招待有り]
縄田裕幸
近代英語協会第18回大会シンポジウム「不定詞の歴史的変遷━生成論的視点から」   2001年5月   
英語史におけるthat-痕跡効果の消失に関する一考察
縄田裕幸
日本英語学会第17回大会   1999年11月   
通時的素性移行の局所性とdo支持
縄田裕幸
日本英語学会第16回大会   1998年11月   
言語変化の局所性—中英語における二重詰めCOMPの分析から
縄田裕幸
日本英文学会第70回大会   1998年5月   
Locality of Language Change: Evidence from Doubly-Filled COMP in ME
Hiroyuki Nawata
名古屋大学英文学会第37回大会   1998年4月   
不定詞標識の歴史的変遷について
縄田裕幸
近代英語協会第14回大会   1997年5月   
On the Spread of Accusative with Infinitive Constructions in Middle English
Hiroyuki Nawata
名古屋大学英文学会第36回大会   1997年4月   
義務的コントロールと素性照合
縄田裕幸
日本英文学会中部地方支部第48回大会   1996年10月   
ECM構文と不定詞構造について
縄田裕幸
名古屋大学英文学会第35回大会   1996年4月   

競争的資金等の研究課題

 
英語主語位置の通時的推移に関する情報構造論的研究:談話階層言語から主語階層言語へ
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 縄田 裕幸
英語の史的統語変化に関する生成理論的研究:パラメターモデルの精緻化を目指して
日本学術振興会: 科学研究費補助金若手研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 縄田 裕幸
英語史における空の虚辞主語の消失に関する実証的・理論的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金若手研究(B)
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 縄田 裕幸
英語史における動詞屈折接辞衰退の統語的影響に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金若手研究(B)
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 縄田 裕幸
英語法助動詞の文法化に関する実証的・理論的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金若手研究(B)
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 縄田 裕幸
英語史における動詞第二位現象の消失に関する実証的・理論的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金若手研究(B)
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月    代表者: 縄田 裕幸