岡崎 伸

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/19 21:49
 
アバター
研究者氏名
岡崎 伸
 
オカザキ シン
所属
東京農工大学
部署
大学院農学研究院 国際環境農学部門
職名
准教授
学位
博士(農学)(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
 - 
現在
東京農工大学 大学院農学研究院 助教
 
2008年4月
 - 
2012年1月
奈良女子大学 大学院人間文化研究科 助教
 
2007年10月
 - 
2008年3月
奈良女子大学 博士研究員
 
2005年9月
 - 
2007年9月
日本学術振興会・海外特別研究員(ドイツ・ドレスデン工科大学)
 
2005年4月
 - 
2005年8月
奈良女子大学 博士研究員
 
2004年4月
 - 
2005年3月
大阪大学理学部 博士研究員
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2004年3月
東北大学 大学院農学研究科 環境修復生物工学専攻
 
1998年4月
 - 
2000年3月
東北大学 大学院農学研究科 応用生命科学専攻
 
1994年4月
 - 
1998年3月
東北大学 農学部 生物生産学科
 

論文

 
Okazaki S, Kaneko T, Sato S, Saeki K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   110 17131-17136   2013年10月   [査読有り]
Tsukui T, Eda S, Kaneko T, Sato S, Okazaki S, Kakizaki-Chiba K, Itakura M, Mitsui H, Yamashita A, Terasawa K, Minamisawa K
Applied and environmental microbiology   79 1048-1051   2013年2月   [査読有り]
Commonalities and differences among symbiosis islands of three Mesorhizobium loti strains.
Kasai-Maita H, Hirakawa H, Nakamura Y, Kaneko T, Miki K, Maruya J, Okazaki S, Tabata S, Saeki K, Sato S
Microbes and environments / JSME   28 275-278   2013年   [査読有り]
Okazaki S, Okabe S, Higashi M, Shimoda Y, Sato S, Tabata S, Hashiguchi M, Akashi R, Göttfert M, Saeki K
Molecular plant-microbe interactions : MPMI   23(2) 223-234   2010年2月   [査読有り]
Okazaki S, Zehner S, Hempel J, Lang K, Göttfert M
FEMS microbiology letters   295(1) 88-95   2009年6月   [査読有り]
Okazaki S, Hattori Y, Saeki K
Journal of bacteriology   189(22) 8347-8352   2007年11月   [査読有り]
Okazaki S, Sugawara M, Yuhashi K, Minamisawa K
Annals of botany   100(1) 55-59   2007年7月   [査読有り]
Sugawara M, Haramaki R, Nonaka S, Ezura H, Okazaki S, Eda S, Mitsui H, Minamisawa K
FEMS microbiology letters   269(1) 29-35   2007年4月   [査読有り]
SUGAWARA Masayuki, OKAZAKI Shin, NUKUI Noriyuki, EZURA Hiroshi, MITSUI Hisayuki, MINAMISAWA Kiwamu
Biotechnology Advances   24(4) 382-388   2006年
Okazaki S, Sugawara M, Minamisawa K
Applied and environmental microbiology   70(1) 535-541   2004年1月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 岡崎 伸
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 岡崎 伸
本研究では、根粒菌のタンパク質分泌系(3型分泌系)に着目し、特に根粒菌分泌タンパク質がマメ科植物の共生遺伝子発現をどのように活性化しているか明らかにすることを目的にしている。平成23年度は以下の研究を行った。(1)ダイズ根粒菌Bradyrhizobium elkanii USDA61株は、NFR1変異体ダイズに根粒を形成する能力をもつ。3型分泌系に変異を導入する根粒を形成できなくなることから、3型分泌タンパク質(エフェクター)が根粒形成開始のシグナル伝達を誘導する可能性がある。そこで、3型...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 岡崎 伸
rj_1 遺伝子保有ダイズおよびnfr1 変異ダイズにおいて、根粒菌はIII型分泌系依存的に根粒を形成した。このとき接種根では共生遺伝子ENOD40 およびNIN の発現上昇がみられた。これらの結果は、III 型分泌系がマメ科植物-根粒菌共生に必須と考えられているNod factor とNFR から成る相互認証を経由せずに共生シグナル伝達を活性化し、根粒形成を誘導することを示唆している。
植物と微生物の分子相互作用