Mika MERVIO

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/22 13:19
 
アバター
研究者氏名
Mika MERVIO
 
ミカ メルヴィオ
所属
吉備国際大学
部署
外国語学部 外国学科・大学院社会学研究科(博士課程前期・後期)
職名
教授
学位
博士(社会科学, 国際関係論)(フィンランド・タンペレ大学), リセンシエート(社会科学, 国際関係論)(フィンランド・タンペレ大学), 修士 社会科学, 国際関係論)(フィンランド・タンペレ大学)

プロフィール

Mika Markus Merviö is Professor of International Relations at the Kibi International University, Okayama, Japan. Previously he has been working at the University of Tampere, Finland (1983-1995), and from which he also received his Ph.D. (International Relations). Then he moved to the International Christian University, Tôkyô, Japan as a JSPS researcher and from there to the Miyazaki International University and the University of Shimane, where he worked as a Professor. Since 2006 he has been working at the Kibi International University. His research interests include political and social issues, history, art and environment.

研究分野

 
 

経歴

 
2006年4月
 - 
現在
吉備国際大学 教授
 
2000年4月
 - 
2006年3月
島根県立大学 総合政策学部 教授
 
1998年4月
 - 
2000年3月
宮崎国際大学 比較文化学部 教授
 
1997年1月
 - 
1998年3月
宮崎国際大学 比較文化学部 准教授
 
1996年4月
 - 
1997年1月
日本学術振興会 外国人研究員 国際基督教大学 社会科学研究所 研究員
 

学歴

 
 
 - 
1995年
タンペレ大学大学院 国際関係学研究科 国際関係論
 

委員歴

 
1994年
 - 
1999年
Nordic Association of Japanese and Korean Studies  会長
 

論文

 
Editorial Preface (Inaugual Issue)
Mika MERVIO
International Journal of Public and Private Perspectives on Healthcare, Culture, and the Environment (IJPPPHCE)   1(1) iv-vi   2017年2月
Risk Society and the Hybris of Modern Japanese State/Society
MERVIO Mika Markus
International Journal of Public and Private Healthcare Management and Economics   Vol. 1(Issue 4) 14-26   2011年12月   [査読有り]
Guest editorial preface: Phoenix Rising from Ashes? The Year Zero in Japan and the Future of East Asian Social Models
MERVIO Mika Markus
International Journal of Public and Private Healthcare Management and Economics   Vol. 1(Issue 4) i-iii   2011年12月   [招待有り]
Mervio Mika Markus
国際社会学研究所研究紀要   0(18) 83-117   2010年
Mervio Mika Markus, 高橋 睦子
比較文化   110-125   1998年
Mervio Mika Markus
比較文化   44-67   1998年

Misc

 
吉備の国に寄せて
Mika MERVIO
岡山郷土文化財団 会員誌   (12) 13-13   2016年10月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
『フィンランド 育ちと暮らしのダイアリー』
藤井ニエメラみどり, 高橋睦子, ミカ-マルクス メルヴィオ (担当:分担執筆, 範囲:III部 フィンランドの現在、過去そして、これから)
かもがわ出版   2017年7月   
International Perspectives on Translation, Education and Innovation in Japanese and Korean Societies
Mika MERVIO (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 17. "Animals and Aesthetics in Japanese Art and Society")
Springer   2017年   
Management and Participation in the Public Sphere
Mika MERVIO (担当:編者, 範囲:編集 399頁, Preface xiii-xviii)
IGI International, USA   2015年4月   
Book chapter "The Japanese Model of Risk Society: Challenges to japanese Public Policy", Mika Merviö (ed.) Contemporary Social Issues in East Asian Societies
Mika MERVIO
I-Global, USA   2014年1月   
Book chapter "Spectrum of Public and Private Spheres in East Asia: Theoretical Inspirations from Past and Present", Mika Merviö (ed.) Contemporary Social Issues in East Asian Societies
Mika MERVIO
I-Global, USA   2014年1月   

講演・口頭発表等

 
NAJAKS Roundtable session [招待有り]
Mika MERVIO
NAJAKS (Nordic Association of Japanese and Korean Studies), Stockholm University   2016年8月19日   
Japanese public policy for family in transition
Mika MERVIO
NAJAKS   2016年8月18日   
Disasters, Risks and Sustainable Communities: comparison of European and Japanese approaches to Risk
Mika MERVIO
5th International Symposium on Environmental Sociology in East Asia (ISESEA5), Sendai   2015年10月30日   
Environmental aesthetics in Japanese art traditions and Japanese society. Chances in Japanese tradition of visual arts concerning nature and animals
Mika MERVIO
The Third Conference of East Asian Environmental History (EAEH 2015), Takamatsu, Kagawa   2015年10月24日   
International cooperation to alleviate water security issues in East Asia: an analysis of goals, options and prospects
Mika MERVIO
国際シンポジウム「アジア太平洋地域の水危機に立ち向かう」(香川大学)   2015年2月12日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: MERVIOMIka
本研究では、エコデミクス(ecodemics)を主要概念として分析し、人間社会と鳥類のかかわりに焦点を当て、グローバル・リスクとしての人と鳥類の健康問題および双方の持続可能性の課題を明らかにすることを目的とする。エコデミクスには、人間と鳥類のいずれにとっても生命を脅かす重大な危険が潜在する。したがって、エコデミクスに関連するリスクを理解し、学際的なアプローチからこの研究課題に取り組むことには、エコデミクスに関するリスクを最小化するための対策を講じるに際し、社会、政治、経済、文化といった諸側...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: メルヴィオミカ
本研究では、社会的公正に関する理論研究を深め、学際的なアプローチから北東アジア(日本、韓国、北朝鮮、中国、モンゴルおよび極東アジア)の平和的・持続的発展に影響する社会リスクについて多角的に考察した。安全保障の概念を軍事。国防に限定せず、環境や人権との関連から包括的に捉え、経済社会活動の多層性と越境性を解明し、北東アジアの多様な社会的リスクに的確に対応しうる市民社会の構築に向けてフェア・ガバナンスのありようを論考した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: MERVIOMika
北東アジアにおけるリスクの多様性と相関性について、国際関係・国際政治および経済社会・文化・歴史の諸側面から分析した。国際政治での伝統的な課題である軍事安全保障では、東アジアでの国家間関係と米国とロシア共和国の競合関係とがせめぎ合いを続けている。北東アジアでの環境や人的移動といった越境的な課題は、国家間だけでなく社会のさまざまなレベルでの協同を要請している。環境問題は、東アジア諸国における経済成長の負の側面でもあり、とくに中国の急速な経済成長は中国国内での都市化にともなう環境問題にとどまらな...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2006年    代表者: 高橋睦子
本研究では、フィンランドにおける福祉国家の展開を事例研究として、経済成長だけでなくエコロジカルな意味での持続可能な社会開発を希求する立場から、「緑の福祉国家」に関する理論と実践について研究した。エコロジカルな視座は、人間中心主義を超える生命中心主義の考え方から福祉国家のありようを捉え直す可能性を提供する。エコロジーは環境と経済の関係だけでなく、社会の各レベルでの意思・政策決定に関するパワー関係の見直しをも要請する。グローバル経済の浸透により知識経済化が進む中で、人類は人間社会の社会的格差や...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2003年    代表者: MervioM・M
研究代表者MERVIOは5月から関係者との連絡調整を進め、8月28-29日にはEAJS国際会議(European Association for Japanese Studies、ワルシャワ大学)の期間中に、スティール教授、フック教授と長谷川博士と会合し平成15年中の企画会議の内容と日程の調整を行ない、9月8日には、ストックホルムで池上ストックホルム大学太平洋アジア研究センター所長とも会合した。10月18日には、国際基督教大学教養学部で中間企画会議を実施し、研究代表者MERVIO、フック教...