谷 哲弥

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/30 21:39
 
アバター
研究者氏名
谷 哲弥
 
タニ テツヤ
URL
http://nara-kindai.unv.jp/02gakka/06bio/dobutsu/index.html
所属
近畿大学
部署
農学部 バイオサイエンス学科
職名
講師
学位
農学博士(近畿大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年
   
 
近畿大学 農学部 講師
 
1999年
 - 
2007年
 近畿大学農学部 助手
 
2008年
   
 
- 近畿大学農学部 講師
 

学歴

 
 
 - 
1999年
近畿大学 農学研究科 畜産学
 

論文

 
Ezoe K, Yabuuchi A, Tani T, Mori C, Miki T, Takayama Y, Beyhan Z, Kato Y, Okuno T, Kobayashi T, Kato K
PloS one   10(5) e0126801   2015年5月   [査読有り]
Fukuda T, Tani T, Haraguchi S, Donai K, Nakajima N, Uenishi H, Eitsuka T, Miyagawa M, Song S, Onuma M, Hoshino Y, Sato E, Honda A
Journal of cellular biochemistry      2016年9月   [査読有り]
Aberrant spindle assembly checkpoint in bovine somatic cell nuclear transfer oocytes.
Tani T, Kato Y, Tsunoda Y
Frontiers in bioscience : a journal and virtual library   12 2693-2705   2007年1月   [査読有り]
Kato Y, Imabayashi H, Mori T, Tani T, Taniguchi M, Higashi M, Matsumoto M, Umezawa A, Tsunoda Y
Biology of reproduction   70(2) 415-418   2004年2月   [査読有り]

Misc

 
山口正義, 谷哲弥, 加藤容子
J Reprod Dev   61(Suppl Japanese Issue) J156   2015年9月
秦仁樹, 谷哲弥, 加藤容子
J Reprod Dev   61(Suppl Japanese Issue) J135   2015年9月
大畠一輝, 谷哲弥, 加藤容子
J Reprod Dev   61(Suppl Japanese Issue) J150   2015年9月
大畠一輝, 谷哲弥, 加藤容子
J Mamm Ova Res   32(2) S27   2015年4月
大畠一輝, 谷哲弥, 加藤容子
J Reprod Dev   60(Suppl Japanese Issue) J142   2014年8月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 谷 哲弥
転写活性化法による体細胞初期化促進法の開発
科研費: 若手研究B
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 谷 哲弥
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 谷 哲弥
iPS細胞による転写因子型初期化において、Oct4の標的領域への結合力が極めて重要であり、他の転写因子MyoD及びVP16の転写活性化領域をOct4に付加することでその結合を強め効率的にまた均一にiPS細胞へ初期化されることを見いだした。しかしながら体細胞核移植による卵細胞質型初期化は促進しなかった。
核リプログラミング誘導因子を利用した新規体細胞核移植技術の開発
科研費: 若手研究B
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 谷 哲弥
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 谷 哲弥
体細胞核移植における核リプログラミング能力を強化するために、iPS細胞の誘導に必要な核リプログラミング関連因子(Oct3/4,sox2,klf4,c-Myc,Nanog,Gadd45a)を強発現させたブタ未受精卵を作出してレシピエント卵細胞として用いたが、核移植卵の体外発生能を向上させることはできなかった。