塩原匡貴

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/13 11:01
 
アバター
研究者氏名
塩原匡貴
 
シオバラ マサタカ
所属
国立極地研究所
部署
国際北極環境研究センター
職名
准教授
学位
理学博士、1987年(東北大学)

プロフィール

研究課題と活動状況:
1.極域エアロゾルの放射特性と気候影響に関する観測的研究: リモートセンシング手法と現場観測手法により、エアロゾルの物理特性、化学特性を調べ、エアロゾルが放射過程を通して極域の気候形成に及ぼす影響を調べる。
2.極域エアロゾルと雲の相互作用に関する研究: 南極・昭和基地および北極・ニーオルスンにおける雲・エアロゾルのリモートセンシング観測に基づき、エアロゾルの間接効果としての雲の光学特性の経年変化や季節変動特性等の実態を調べる。

極域観測歴:
(1)南極域:第25次南極地域観測隊(越冬隊員)(1983-1985)、第42次南極地域観測隊(夏隊)(2000-2001)、アムンゼンスコット南極点基地(交換科学者)(2004)
(2)北極域:北極圏横断航空機大気観測(AAMP)(1998, 2002)、日独共同北極対流圏エアロゾル放射総合観測(ASTAR)(2000, 2004)、極域エアロゾル光学的厚さ国際比較観測(2006)、北極ニーオルスン混合相雲集中観測(2011)、北極雲エアロゾル放射総合観測(A-CARE)(2014, 2015)、ニーオルスンにおけるエアロゾル・雲のリモートセンシング観測(1998-現在)

研究分野

 
 

経歴

 
1996年10月
 - 
現在
国立極地研究所 准教授(助教授)
 
1992年8月
 - 
1996年9月
気象庁気象研究所 主任研究官
 
1991年8月
 - 
1992年7月
米国航空宇宙局ゴダード宇宙飛行センター NRC研究員
 
1985年4月
 - 
1991年7月
気象庁気象研究所 研究官
 
1983年7月
 - 
1985年3月
東北大学 助手
 

学歴

 
1979年4月
 - 
1983年7月
東北大学大学院 理学研究科 地球物理学専攻
 
1972年4月
 - 
1979年3月
東北大学 理学部 物理学第二学科
 

委員歴

 
2014年9月
 - 
現在
Svalbard Science Forum  Atmosphere Flagship Programme Science Steering Committee
 
2013年7月
 - 
2016年3月
放射観測機器の較正に関するWG
 
2013年5月
 - 
2016年3月
EarthCARE委員会
 
2003年3月
 - 
2004年2月
WMO/GAW Aerosol Science Advisory Group Member
 
1996年7月
 - 
1998年6月
日本気象学会理事
 

論文

 
Impact of North American intense fires on aerosol optical properties measured over the European Arctic in July 2015
K.M. Markowicz, P. Pakszys, C. Ritter, T. Zielinski, R. Udisti, D. Cappelletti, M. Mazzola, M. Shiobara, P. Lynch, O. Zawadzka, J. Lisok, T. Petelski, P. Makuch, G. Karasiński
J. Geophys. Res. Atmos.      2016年11月   [査読有り]
Cloud Fractions Estimated from Shipboard Whole-Sky Camera and Ceilometer Observations
M. Kuji, R. Fujimoto, M. Miyagawa, R. Funada, M. Hori, H. Kobayashi, S. Koga, J. Matsushita, and M. Shiobara
Trans. JSASS Aerospace Tech. Japan   14(ists30) Pn_7-Pn_13   2016年   [査読有り]
Development of new shipborne aureolemeter to measure the intensities of direct and scattered solar radiation on rolling and pitching vessel
Kobayashi, H. and Shiobara, M
Proc. SPIE 9640, Remote Sensing of Clouds and the Atmosphere XX   9640 1A 1-9   2015年
Improvement of shipborne sky radiometer and demonstration aboard the Antarctic R/V Shirase
Tanaka, N., H. Kobayashi, T. Murayama, M., M. Shiobara
Antarctic Record   58 358-368   2014年   [査読有り]
Case study on microphysical properties of boundary layer mixed-phase cloud observed at NyÅlesund, Svalbard: Observed cloud microphysics and calculated optical properties on 9 June 2011
Uchiyama, A., A. Yamazaki, M. Shiobara, H. Kobayashi
Polar Science   8 57-72   2014年   [査読有り]

書籍等出版物

 
「大気と微粒子の話-エアロゾルと地球環境」
笠原三紀夫・東野達監修(共著)
京都大学学術出版会   2008年   
「8.2 エアロゾルの光学・化学特性」 エアロゾルの大気環境影響
笠原三紀夫・東野達編(分担執筆)
京都大学学術出版会   2007年   
「北極ヘイズ」 エアロゾル用語集
日本エアロゾル学会編(分担執筆)
京都大学学術出版会   2004年   
「大気光学現象」他 南極・北極の百科事典
国立極地研究所編(分担執筆)
丸善   2004年   

講演・口頭発表等

 
Nocturnal Aerosol Optical Thickness Measured with a Moon Photometer Developed by Improving the Prede Sky-Radiometer
Shiobara, M., H. Kobayashi, K. Hishida, A. Uchiyama
EGU General Assembly 2017, Vienna, Austria   2017年4月27日   
Development of a Moon Photometer based on the Prede Sky-Radiometer to measure aerosol optical thickness during polar night
Shiobara, M., A. Uchiyama, H. Kobayashi, K. Hishida, K. Inei
The 97th AMS Annual Meeting, Seattle, USA   2017年1月24日   
Challenging new remote-sensing of aerosols and clouds from surface at the polar sites
Shiobara, M., M. Yabuki, T. Takano, H. Okamoto, M. Kuji, H. Kobayashi, A. Uchiyama
22nd International Symposium on Polar Sciences, Incheon   2016年5月10日   
Performance of a Moon Photometer by Modification of Prede Sky-radiometer
Shiobara, M., A. Uchiyama, H. Kobayashi, K. Inei
The 4th International SKYNET Workshop, Rome   2016年3月3日   
Physical Characteristics of Arctic Clouds from Ground-based Remote-sensing with a Polarized Micro-Pulse Lidar and a 95-GHz Cloud Radar in Ny-Ålesund, Svalbard
Shiobara, M., T. Takano, H. Okamoto, M. Yabuki
AGU Fall Meeting, San Francisco   2015年12月16日   
A case study on microphysical characteristics of Arctic clouds based on simultaneous measurements with a polarized Micro-Pulse Lidar and a 95-GHz Cloud Radar at Ny-Ålesund, Svalbard
Shiobara, M., T. Takano, H. Okamoto, M. Yabuki, C. Ritter
12th Ny-Ålesund Seminar, Tromso   2015年9月25日   
Perspective for lunar photometry in Japan and modification plan of Prede sky-radiometer
Shiobara Masataka
Lunar Photometry Workshop, Valladolid   2015年6月24日   
Ground-based remote-sensing of clouds and aerosol in the arctic Svalbard
Shiobara, M., M. Yabuki, M. Kuji, T. Takano, H. Okamoto
JpGU 2015, Makuhari   2015年5月28日   
Ground-based remote-sensing for clouds, aerosol and water vapor in Ny-Alesund, Svalbard and the GRENE Arctic campaign
Shiobara, M., M. Yabuki, K. Ohora, M. Kuji, H. Okamoto, T. Takano, H. Kobayashi, M. Koike, J. Ukita
ASSW2015 ISAR-4/ICARP III, Toyama   2015年4月28日   
Preliminary study for ground truth of EarthCARE products at the polar sites operated by NIPR
Shiobara, M., T. Shibata, and M. Yabuki
JAXA FY26 EarthCARE PI Workshop   2015年1月12日   
Ground-based remote-sensing measurements for clouds, aerosol and water vapor in Ny-Alesund, Svalbard
Masataka Shiobara
GRENE-AWI Workshop on Atmospheric Research   2014年10月15日   
Atmospheric research activities based on multi-platform in the Arctic
Masataka Shiobara
Germany-Japan Marine-Earth Science Workshop, Bremen   2014年9月15日   
Preliminary study for ground truth of EarthCARE products at the polar sites operated by NIPR
Shiobara, M., T. Shibata, and M. Yabuki
JAXA Joint PI Workshop of Global Environment Observation Mission 2013   2014年1月14日   
Long-term monitoring of clouds and aerosols by ground-based remote sensing instruments operated by NIPR in Ny-Ålesund
Shiobara, M., M. Kuji, M. Yabuki, H. Kobayashi, K. Aoki, T. Takano, H. Okamoto, M. Koike, and J. Ukita
11th Ny-Ålesund Science Managers Committee Seminar   2013年10月10日   
Preliminary study for ground truth of EarthCARE products at the polar sites operated by NIPR
Shiobara, M., T. Shibata, and M. Yabuki
JAXA 1st EarthCARE Science Team Meeting, 17-18 June 2013, Tokyo, Japan   2013年   
Sky-radiometer measurement for monitoring aerosol optical properties in the Arctic and Antarctica
Shiobara, M., H. Kobayashi, N. Tanaka, M. Yabuki, K. Aoki, M. Kuji, M. Yamano, and Y. Muraji
Proc. International SKYNET Workshop 2013, 4-5 July 2013, Chiba, Japan   2013年   
In-cloud and below-cloud aerosol characteristics and mixed-phase cloud microphysics during the May-June 2011 field experiment in Ny-Alesund, Svalbard
Shiobara, M., H. Kobayashi, A. Yamazaki, A. Uchiyama
92nd AMS Annual Meeting, New Orleans, LA, USA   2012年   
Skyradiometer measurements for monitoring columnar aerosol properties in the Antarctic research program of Japan
Shiobara, M., H. Kobayashi, M. Yabuki, M. Yamano, and Y. Muraji
7th Asian Aerosol Conference, Xi'an, China   2011年   
In-situ cloud measurements performed at Zeppelin Station in May-June 2011
Shiobara, M., A. Uchiyama, A. Yamazaki, and H. Kobayashi
10th Ny-Alesund Seminar, Kjeller, Norway   2011年   
An observational study on cloud-aerosol interaction in Ny-Ålesund
Shiobara, M.
Japan-Norway Joint Workshop, Tromso, Norway   2010年   
Field experiment of cloud-aerosol interaction study planned for May 2011 in Ny-Ålesund, Svalbard
Shiobara, M., A. Uchiyama, A. Yamazaki, H. Kobayashi, and M. Yabuki
2nd International Symposium on Arctic Research, Tokyo   2010年   

競争的資金等の研究課題

 
(1)科研費補助金:特定領域研究(A)計画研究「エアロゾルの直接的地球冷却化効果」(平成14~17年度)
(2)科研費補助金:基盤研究(B)「北極域の混合相雲の放射・微物理特性の解明研究」(平成21~23年度)
(3)JAXA委託研究:EarthCARE検証RA1「国立極地研究所による極地観測サイトでのEarthCARE検証観測に関する予備的研究」(平成25-26年度)
(4)科研費補助金:基盤研究(B)「西太平洋~インド洋海域洋上エアロゾルの光学特性と変質」(平成27~30年度)
代表者: 塩原匡貴

特許

 
特許1943365 : 大気混濁度計の検定定数を求める方法
田中正之、中島映至、塩原匡貴
大気混濁度計の検定定数を求める方法(特許番号:特許1943365)(1994)

社会貢献活動

 
社会活動・貢献など
【その他】
神奈川県理科教員研修講座講演(2010.7)
社会活動・貢献など
【その他】
日本気象学会夏季大学講演(2012.8)
社会活動・貢献など
【その他】
たちかわ市民交流大学公開講座講演(2012.10)
社会活動・貢献など
【その他】
彩の国いきがい大学熊谷学園講演(2013.1)
社会活動・貢献など
【その他】
たちかわ市民交流大学協働企画公開講座講演(2013.11)

その他

 
エアロゾルの直接効果と間接効果の度合いは北極と南極とで大きく異なることが予想される。そのため、両極域において、直接効果に関するエアロゾルの光学観測データを蓄積し、また、間接効果については、雲の放射特性の変化など、極域のエアロゾルと雲の相互作用に関する観測的研究を特に両極の相違という観点で行うことが重要である。地球温暖化等の気候変化の将来予測をより精度良く行うためには、温室効果ガス、エアロゾル、雲等の大気微量成分の実態把握とそれらの動態に関する素過程の物理化学的解明が求められる。そのため、今後も観測を主体とする研究手法により、極域のエアロゾル・雲の気候影響の解明に貢献したいと考える。