満倉 浩一

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/06 03:06
 
アバター
研究者氏名
満倉 浩一
 
ミツクラ コウイチ
eメール
mitukuragifu-u.ac.jp
所属
岐阜大学
部署
工学部 化学・生命工学科 生命化学コース
職名
准教授
学位
博士 (工学)(岡山大学)
その他の所属
工学研究科

プロフィール

微生物の異性化酵素を利用した光学活性2-フェニルプロパン酸の合成/Nocardia diaphanozonaria (JCM3208)の休止菌体を用いてラセミ体の2-フェニルプロパン酸(2-PPA)から対応するR体の2-PPA(光学純度95.8%e.e.)を合成した。/微生物酸化によるアルデヒド類から有用カルボン類の合成/酢酸菌あるいは酸化細菌を用いたフルフラール類やバニリンから対応するカルボン酸の効率的な生産を行った。また、芳香族や複素環ジアルデヒド類を基質とした場合、高いモル変換率で対応するホルミルカルボン酸を生成した。/天然資源ロジンの位置選択的・立体選択的水酸化/松ヤニから得られるジテルペン化合物のアビエチン酸類(ロジン)は、再生可能で天然に豊富に存在している資源であり、樹脂、サイズ剤、プリンターインク等の原料として使われている。そこで、このロジンに新しい機能性を付与するために微生物がもつ水酸化活性に着目した。Mucor属あるいはMortierella属菌をロジンに作用させたところ、位置選択的かつ立体選択的な水酸化を触媒し、対応するα-ヒドロキシアビエチン酸類を生成した。/アダマンタン類の位置選択的水酸化/新規イミン還元酵素の発見と光学活性アミンの効率的な生産

研究分野

 

経歴

 
 
   
 
岐阜大学 工学部化学・生命工学科 准教授
 
2007年4月
 - 
2013年10月
岐阜大学 助教
 
2000年4月
 - 
2007年3月
岐阜大学 助手
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2000年3月
岡山大学 自然科学研究科 
 
1991年4月
 - 
1995年3月
岡山大学 工学部 生物応用工
 
1995年4月
 - 
1997年3月
岡山大学大学院理学研究科  
 

論文

 
Remarkable Acceleration of Lipase-Catalayzed Reaction by Thiacrown Ether Additive: Buffer Free Highly Regioselective Partial Hydrolysis of 4-Acetoxy-2-methyl-2-butenyl Acetate.
満倉 浩一(岐阜大学)
J. Chem Soc. Perkin Trans 1.   2275-2278   1997年4月
Thiacrown Ether Technology in Lipase-Catalyzed Reaction: Scope and Limitation for preparing OpticallyActive 3-Hydroxyalkanenitriles and Application to Insect Pheromone Synthesis.
満倉 浩一(岐阜大学)
J. Org. Chem.   62 9165-9172   1997年4月
Efficient Synthesis of Enantiopure 1,2-Bis(hydroxymethyl)-3,3-difluorocyclopropane Derivatives through Lipase-Catalyzed Reaction.
満倉 浩一(岐阜大学)
Chem. Lett.   903-904   1998年4月
Synthesis of Optically Active Bisdifluorocyclopropanes through a Chemo-Enzymatic Reaction Strategy.
満倉 浩一(岐阜大学)
Tetrahedron Lett.   40 5739-5742   1999年4月
Thiacrown Ether Additive Effect on Diastereoselectivity of the Lipase-Catalyzed Reaction.
満倉 浩一(岐阜大学)
Bull. Chem. Soc. Jpn.   1589-1595   1999年4月

Misc

 
Mitsukura K, Kuramoto T, Yoshida T, Kimoto N, Yamamoto H, Nagasawa T
Applied microbiology and biotechnology   97 8079-8086   [査読有り]
A NADPH-dependent (S)-imine reductase (SIR) was purified to be homogeneous from the cell-free extract of Streptomyces sp. GF3546. SIR appeared to be a homodimer protein with subunits of 30.5 kDa based on SDS-polyacrylamide gel electrophoresis and ...
Mitsukura K, Suzuki M, Tada K, Yoshida T, Nagasawa T
Organic & biomolecular chemistry   8(20) 4533-4535   [査読有り]
Streptomyces sp. GF3587 and 3546 were found to be imine-reducing strains with high R- and S-selectivity by screening using 2-methyl-1-pyrroline (2-MPN). Their whole-cell catalysts produced 91 mM R-2-methylpyrrolidine (R-2-MP) with 99.2%e.e. and 27...
Mitsukura K, Sakamoto H, Kubo H, Yoshida T, Nagasawa T
Journal of bioscience and bioengineering   109(6) 550-553   [査読有り]
To efficiently produce 1,3-adamantanediol (1,3-ad(OH)2) from 1-adamantanol (1-adOH), our stocks of culture strains and soil microorganisms were surveyed for hydroxylation activity towards 1-adOH. Among them, the soil actinomycete SA8 showing the h...
K. Mitsukura, M. Shimizu, K. Matsushita, T. Yoshida, T. Nagasawa
Journal of Applied Microbiology   108 1263-1270   2010年4月
Aims: Alcaligenes sp. NBRC 14130 was found as a strain hydrolysing a mixture of (±)-trans- and (±)-cis ethyl chrysanthemates to (1R,3R)-(+)-trans-chrysanthemic acid. The Alcaligenes cells also have hydrolytic activity for 6-aminohexanoate-cyclic d...
Toshiyuki Itoh, Koichi Mitsukura, Miyuki Furutani
Chemistry Letters   903-904
Efficient synthesis of chiral difluorocyclopropane building block has been accomplished; prochiral diacetate of 1,2-bis(hydroxymethyl)-3,3-difluorocyclopropane was converted to the corresponding monoacetate through Alcaligenes sp. lipase-catalyzed...

書籍等出版物

 
Future Directions in Biocatalysis 2nd Edition
満倉 浩一 (担当:共著, 範囲:Chapter 5 Imine reductase for chiral amine synthesis)
Elsevier   2017年8月   
エコバイオリファイナリー
満倉 浩一 (担当:分担執筆)
シーエムシー出版   2010年   
はじめての有機スペクトル解析
満倉浩一他11名 (担当:分担執筆)
丸善   2004年   

講演・口頭発表等

 
Occurrence and Characterization of Novel Imine Reductase
満倉 浩一(岐阜大学工学部生命工学科),吉田 豊和(岐阜大学工学部生命工学科),長澤 透(岐阜大学工学部生命工学科)
10th Biotrans2011   2011年10月   
Enzymatic imine reduction is a promising method for the synthesis of chiral amine. However, no information about imine reductase acting on nonnatural imine has been reported yet. This might be attributable to the remarkable instability of most of ...

競争的資金等の研究課題

 
新規エナンチオ選択的イミン還元酵素の発見と光学活性アミンの効率的合成
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 滿倉 浩一
キラルアミンは、医薬品等の合成において有用な化合物である。キラルアミンを効率的に化学合成する方法として、イミンの不斉還元が検討されているが、酵素による合成イミンの不斉還元に関する報告はなかった。そこで、土壌からイミン還元酵素を探索し、世界に先駆けて R体とS体選択的イミン還元酵素を見出した。酵素精製と特徴解析を行ったのち、遺伝子解析、組換え体の作製を行った。イミン還元酵素を用いて、高光学純度の光学活性アミンを効率的に合成した。
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A), 若手研究(B))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 滿倉 浩一
Nocardia diaphanozaria(JCM3208)の異性化反応について検討した結果、0.075%(v/v)のラセミ体の2-フェニルプロパン酸を培養液に添加することで異性化酵素が誘導され、酵素活性が約25倍に向上した。また、休止菌体反応によって4.56mMのR体の2-フェニルプロパン酸を光学純度95.8%e.e.で得ることができ、スケールアップを行っても光学純度、収率が低下することなくR体の2-フェニルプロパン酸(92%e.e.)を0.68gL^<-1>で生産できた。本異性化反応...
新規エピメラーゼの発見とラセミ体からの直接的光学活性体合成プロセスの構築
笹川科学研究助成金
研究期間: 2001年4月 - 2002年2月    代表者: 満倉 浩一(岐阜大学)
新規エピメラーゼの発見とラセミ体からの直接的光学活性体合成法の確立
研究期間: 2001年4月 - 2002年3月    代表者: 満倉 浩一(岐阜大学)

社会貢献活動

 
講師
【】  大阪府立大学酵素工学研究会  大阪府立大学酵素工学研究会  2016年4月22日 - 2016年4月22日