荻原 直道

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/31 02:54
 
アバター
研究者氏名
荻原 直道
 
オギハラ ナオミチ
eメール
ogiharamech.keio.ac.jp
URL
http://www.ogihara.mech.keio.ac.jp
所属
慶應義塾大学
部署
理工学部機械工学科
職名
教授
学位
修士(工学)(慶應義塾大学), 博士(工学)(慶應義塾大学)
科研費研究者番号
70324605

経歴

 
1999年1月
 - 
2000年5月
日本学術振興会特別研究員(DC2)
 
2000年6月
 - 
2009年3月
京都大学大学院理学研究科動物学教室 助手・助教
 
2009年4月
 - 
2011年3月
慶應義塾大学理工学部 専任講師
 
2011年4月
 - 
2016年3月
慶應義塾大学理工学部 准教授
 
2016年4月
   
 
慶應義塾大学理工学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
2000年5月
慶應義塾大学 理工学研究科 生体医工学専攻
 

委員歴

 
2016年
   
 
日本機械学会・神奈川ブロック幹事会  第23期委員
 
2011年
 - 
2012年
日本機械学会・関東支部  関東学生会・会員校役員
 
2016年
   
 
Anthropological Science  Associate Editor
 
2015年
   
 
Primates  Advisory Board
 
2014年
   
 
バイオメカニズム学会  評議員
 

論文

 
Three-dimensional kinematic and kinetic analysis of quadrupedal walking in the common marmoset (Callithrix jacchus)
Shimada, H., Kanai, R., Kondo, T., Yoshino-Saito, K., Uchida, A., Nakamura, M,, Ushiba, J., Okano, H., Ogihara, N.
Neuroscience Research   (in press)   2017年
Age- and sex-associated morphological variations of metatarsal torsional patterns in humans
Kitashiro, M., Ogihara, N., Kokubo, T., Matsumoto, M., Nakamura, M., Nagura, T.
Clinical Anatomy   (in press)   2017年
A new species of Mioeuoticus (Lorisiformes, Primates) from the early Middle Miocene of Kenya
Kunimatsu, Y., Tsujikawa, H., Nakatsukasa, M., Shimizu, D., Ogihara, N., Kikuchi, Y., Nakano, Y., Takano, T., Morimoto, N., Ishida, H.
Anthropological Science   125(2) 59-65   2017年8月
解剖学的筋骨格モデルによるヒト二足歩行運動の計算機シミュレーション
荻原 直道
バイオマテリアル-生体材料-   35(3) 173-179   2017年7月
Muscle architectural properties in the common marmoset (Callithrix jacchus)
Ogihara, N., Oishi, M., Kanai, R., Shimada, H., Kondo,T., Yoshino-Saito, K., Ushiba, J., Okano, H.
Primates   58 461-472   2017年7月

書籍等出版物

 
把握性の手
荻原 直道
朝倉書店、バイオメカニズム学会 編   2017年   
手の筋骨格モデル
荻原 直道
朝倉書店、バイオメカニズム学会 編   2017年   
手の運動
荻原 直道
朝倉書店、バイオメカニズム学会 編   2017年   
手の筋の作用
荻原 直道
朝倉書店、バイオメカニズム学会 編   2017年   
Cerebellar Size Estimation from Endocranial Measurements: An Evaluation Based on MRI Data, In: Dynamics of Learning in Neanderthals and Modern Humans Vol. 2 Cognitive and Physical Perspectives
Kubo, D., Tanabe, H.C., Kondo, O., Ogihara, N., Yogi, A., Murayama, S., Ishida, H.
Springer   2014年1月   

講演・口頭発表等

 
Morphofunctional analysis of the human foot using three dimensional finite element model
Ito, K., Suzuki, R., Hosoda, K., Nagura, T., Seki, H., Kitashiro, M., Imanishi, N., Aiso, S, Jinzaki, M., Ogihara, N.
The 26th Congress of the International Society of Biomechanics   2017年7月25日   
Two-dimensional kinematic and biomechanics analyses of swimming in pacific white-sided dolphins
Kurita, A., Okutsu, K, Ogihara, N.
The 26th Congress of the International Society of Biomechanics   2017年7月25日   
Gait recovery is associated with improvement of weight-shifting ability in post-stroke hemiplegic patients
Kamono, A., Ogihara, N.
The 26th Congress of the International Society of Biomechanics   2017年7月25日   
Generation of 3-D precision grip movement based on a neuro-musculoskeletal model
Tanaka, Y., Moritani, Y., Ogihara, N.
The 26th Congress of the International Society of Biomechanics   2017年7月25日   
Three-dimensional measurement of the human cadaver foot bone kinematics under axial loading condition using biplane X-ray fluoroscopy
Ito, K., Hosoda, K., Shimizu, M., Ikemoto, S, Nagura, T, Seki, H., Kitashiro, M., Jinzaki, M., Imanishi, N., Aiso, S., Ogihara, N.
13th Footwear Biomechanics Symposium   2017年7月22日   

Works

 
立ったまま撮影できるCT 慶応大で臨床研究
産経新聞   その他   2017年6月
世界初の「全身用320列面検出器型の立位・座位CT」を産学連携により開発
医学部放射線科学教室の陣崎雅弘教授、医学部の名倉武雄特任准教授、荻原直道   その他   2017年5月
「道具を使う」カラス
伊澤栄一、荻原直道、山崎剛史   その他   2016年3月
ナゾ謎かがく「直立二足歩行 人類なぜ進化?」
荻原 直道   その他   2009年3月
二本足で歩くサル!
荻原 直道   その他   2008年4月

競争的資金等の研究課題

 
人類における肩甲難産の進化:胎児・生後骨格成長との関連を探る種間比較研究
科学研究費補助金(基盤研究C): 
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 中務真人
初期人類二足歩行運動の生体力学的復元
科学研究費補助金(基盤研究A): 
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 荻原直道
BMI、年齢、性別による足裏軟組織スティフネスの定量的変化
二国間交流事業共同研究: 
研究期間: 2017年 - 2018年    代表者: 荻原直道
確率共鳴現象と触覚呈示により歩行を補助するインテリジェントシューズの開発
JKA Ring!Ring!プロジェクト 機械工業振興補助事業: 
研究期間: 2017年 - 2018年    代表者: 荻原直道
発掘調査から解明する人類・アフリカ類人猿系統と旧世界ザルの競合進化
科学研究費補助金(基盤研究A): 
研究期間: 2016年 - 2019年