中村 幸治

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/09 02:56
 
アバター
研究者氏名
中村 幸治
eメール
nakamura.koujibiol.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学
部署
生命環境系
職名
教授
学位
理学博士

研究分野

 
 

経歴

 
1989年4月
 - 
1990年6月
日本学術振興会 特別研究員
 
1990年7月
 - 
1992年6月
筑波大学 生物科学系 助手
 
1992年6月
 - 
2002年5月
筑波大学 生物科学系 講師
 
2002年5月
 - 
2004年3月
筑波大学 生物科学系 助教授
 
2004年4月
 - 
2007年3月
筑波大学 大学院生命環境科学研究科 助教授
 
2007年4月
   
 
筑波大学 大学院生命環境科学研究科 准教授
 
2011年2月
   
 
筑波大学 大学院生命環境科学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1989年
筑波大学 生物科学研究科 生物物理化学
 

受賞

 
2002年
日本農芸化学奨励賞
 

論文

 
Obana, Nozomu; Nakao, Ryoma; Nagayama, Kyoko; Nakamura, Kouji; Senpuku, Hidenobu; Nomura, Nobuhiko
Infection and immunity   85(5)    2017年2月   [査読有り]
Recently, many Gram-positive bacteria as well as gram-negative bacteria have been reported to produce MVs, but little is known regarding the regulators involved in MV formation. We found that a Gram-positive anaerobic pathogen, Clostridium perfrin...
Clostridium属細菌の温度に応答したバイオフィルム形態変化の解析
尾花,望;中村,幸治;野村,暢彦
日本生物工学会大会講演要旨集   64 54   2012年9月
Obana, Nozomu; Nomura, Nobuhiko; Nakamura, Kouji
JOURNAL OF BACTERIOLOGY   195(12) 2937-2946   2013年6月   [査読有り]
Stabilization of Clostridium perfringens collagenase mRMA by VR-RNA-dependent cleavage in 5' leader sequence.
Nakamura,Kouji
Molecular Microbiology   77(6) 1416-1428   2010年7月   [査読有り]
A Bacillus subtillis secretion vector system derived from the B. subtilis α-amylase promoter and signal sequence region and secretion of Escherichia coli β-lactamase by the vector system.
Ohmura, K, Shiroza, T, Nakamura, K, Nakayama, A, Yamane, K, Yoda, K, Yamasaki, M and Tamura, G
J. Biochem.   95 87-93   1984年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Bacillus subtilis secretion vectors for proteins and oligopeptides constructed from Bacillus subtilis alpha amylase genes.
中村 幸治;
Molecular Biology of Microbial Differentiation (American Society for Microbiology)   1985年1月   
Secretion activity of the Bacillus subtilis alpha-amylase signal peptides with different lengths in Bacillus subtilis and Escherichia coli
Ohmura;K.;Shiroza;T.;Nakamura;K.;Yamane;K.;+中村, 幸治
In Bacillus subtilis Molecular genetics and biotechnology   1986年1月   
Signal peptide cleavage and processing of artificial extracellular hybrid alpha-amylase in Bacillus subtilis
Yamane;K.;Nakamura;K.;Takamatsu, H.;+中村, 幸治
In Bacillus subtilis Molecular genetics and biotechnology application (Academic Press)   1990年1月   
タンパク質分泌系におけるシグナルペプチドの機能
中村, 幸治
微生物の機能開発-バイオ研究の最前線(東大出版会)   1992年1月   
枯草菌における蛋白質分泌系と分泌装置
山根國男;中村幸治 (担当:監修)
日本農芸化学会誌   1995年1月   

競争的資金等の研究課題

 
納豆製造過程における精製タンパク質のプロテオーム解析
タカノフーズ: 国内共同研究
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月
生物機能を活用した生産プロセスの基盤技術の開発
財団法人バイオインダストリー協会: 国内共同研究
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月
歯周病菌が生産するプロテアーゼの生産システムの開発とこれを利用した診断薬の開発
ライオン(株): 国内共同研究
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月
生物機能を活用した生産プロセスの基盤技術開発
国内共同研究
研究期間: 2005年4月 - 2009年3月
枯草菌による物質生産系に関する基盤技術に関する研究
学内共同研究
研究期間: 2008年8月 - 2009年8月