澤田 直之

J-GLOBALへ         更新日: 07/06/12 00:00
 
アバター
研究者氏名
澤田 直之
 
サワダ ナオユキ
所属
旧所属 白百合女子大学 文学部 フランス語フランス文学科
職名
教授,言語・文学研究センター長(白百合女子大学)
学位
博士(哲学)(パリ第1大学(フランス)), 修士(文学)(法政大学), 修士(哲学)(パリ第1大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1995年
 - 
1996年
流通経済大学専任講師
 
1996年
 - 
2000年
流通経済大学助教授
 
2000年
 - 
2002年
白百合女子大学助教授
 
2002年
   
 
- 白百合女子大学教授
 
2004年
 - 
2005年
グルノーブル大学客員研究員
 

学歴

 
 
 - 
1994年
パリ第1大学大学院 哲学研究科 哲学
 
 
 - 
1984年
法政大学 文学部 哲学
 

委員歴

 
1999年
   
 
Groupe d'Etudes Sartriennes(国際サルトル学会)  理事
 
1997年
 - 
1999年
日本フランス語フランス文学会  幹事、編集委員
 
1996年
 - 
2000年
日仏哲学会  編集委員、 理事
 
1995年
   
 
日本サルトル学会  理事
 

Misc

 
国境なき文学(編著)
芸林書房      2004年
来るべき民主主義----反グローバリズムの政治哲学(共著)
藤原書店      2003年
アブデルケビール・ハティビ『マグレブ 複数文化のトポス』 (編訳書、共訳)
青土社      2004年
<自由>と<語る主体>-サルトルのデカルト読解
思想   (869) 155-172   1996年
<呼びかけ>としての文学-サルトルにおける文学論と道徳論の切り結び
思想   (888) 47-68   1998年

書籍等出版物

 
<呼びかけ>の経験—サルトルのモラル論
人文書院   2002年   
新・サルトル講義—未完の思想,実存から論理へ
平凡社   2002年   
多言語主義とは何か(共著)
藤原書店   1997年   
デカルト読本(共著)
法政大学出版局   1998年   
タハール・ベン・ジェルーン著『気狂いモハ、賢人モハ』 (翻訳・解説)
現代企画室   1996年   

Works

 
国際シンポジウム:20世紀の総括:サルトルの遺産
2000年

競争的資金等の研究課題

 
現代哲学
その他の研究制度
フランス文学
その他の研究制度
フェルナンド・ペソア
その他の研究制度
研究期間: 1990年