川村 陶子

J-GLOBALへ         更新日: 15/06/06 23:42
 
アバター
研究者氏名
川村 陶子
 
カワムラ ヨウコ
所属
成蹊大学
部署
文学部 国際文化学科
職名
教授
学位
学術修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
成蹊大学 文学部国際文化学科 教授
 
2007年4月
 - 
2013年3月
成蹊大学 文学部国際文化学科 准教授
 
2002年4月
 - 
2007年3月
成蹊大学 文学部国際文化学科 助教授
 
2000年4月
 - 
2002年3月
成蹊大学 文学部 専任講師
 
1998年
 - 
2000年
東京大学 助手
 

学歴

 
 
 - 
1998年
東京大学 総合文化研究科 国際社会科学
 
 
 - 
1992年
早稲田大学 政治経済学部 政治
 

委員歴

 
2013年4月
 - 
現在
武蔵野市  NPO補助金交付事業 審査委員
 
2012年4月
 - 
現在
武蔵野市  社会教育委員
 
2008年
 - 
2009年
外務省  政策評価
 
2007年
 - 
現在
日本国際文化学会  常任理事
 
2007年
 - 
現在
日本文化政策学会  理事
 

受賞

 
2012年7月
日本国際文化学会 平野健一郎賞 (論文)「『移民国』ドイツを揺るがしたザラツィン論争—多様性の多次元性、文化間対話の可能性」
 

論文

 
国際文化交流政策における「自由」と「パートナーシップ」—1970年代西独の事例—
川村 陶子
文化政策研究   7 27-40   2013年3月   [査読有り]
西ドイツ対外文化政策におけるダーレンドルフ改革の挫折—国際関係における文化のポリティクス—
川村 陶子
成蹊大学文学部紀要   48 241-267   2013年3月
「移民国」ドイツを揺るがしたザラツィン論争—多様性の多次元性、文化間対話の可能性—
川村 陶子
インターカルチュラル   10 147-160   2012年2月   [査読有り]
冷戦期ドイツの対外文化政策—「外交の第三の柱」の形成
川村 陶子
国際政治   168 74-87   2012年2月   [査読有り]
ドイツ多文化社会とセキュリティ:テロ、暴力、スティグマ
川村 陶子
成蹊大学文学部紀要   (44) 45-72   2009年3月

Misc

 
ドイツ対外文化政策の変容 ヨーロッパ統合進展の中で:
新たな一歩か、原点回帰か
坂井 一成・岩本 和子(編)
EUアイデンティティの構築とその政治的意義(神戸大学大学院国際文化学研究科異文化研究交流センター2013年度研究報告書)   3-9   2014年3月   [依頼有り]
(書評)福島安紀子著『紛争と文化外交—平和構築を支える文化の力』(慶應義塾大学出版会、2012年、283+4頁)
川村 陶子
国際政治   173 177-180   2013年6月   [依頼有り]
報告書『21世紀、新しい文化交流を』
国際交流基金文化交流研究委員会
   2010年2月   [依頼有り]
研究ノート 「国際文化学」の確立—シンポジウムと考察—
松井 賢一 ほか
龍谷大学国際社会文化研究所紀要   (10) 185-214   2008年6月
The Power of an Architect in Cultural Policymaking
川村 陶子
H-Net Book Review      2006年4月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
大学生の文章術 レポート・論文の書き方
川村 陶子 (担当:監修)
旺文社   2015年   ISBN:9784010527450
Kultur und Aussenpolitik
Kurt-Jürgen Maaß (Hrsg.) (担当:分担執筆, 範囲:6.3 “Eigenes Konzept: Die auswaertige Kuturpolitik Japans”)
Nomos Verlagsgesellschaft   2015年   ISBN:089384871546
3rd Edition (2nd Edition 2009, 1st Edition 2005)
平和を考えるための100冊+α
日本平和学会(編) (担当:分担執筆, 範囲:第29章「『敵の顔—憎悪と戦争の心理学』」)
法律文化社   2014年   ISBN:9784589035660
「多文化共生」を問い直す:グローバル化時代の可能性と限界
権 五定、斎藤 文彦(編) (担当:共著, 範囲:第5章「国際文化関係運営における共生のパラドクス—西ドイツ対外文化政策の事例から—」)
日本経済評論社   2014年   ISBN:9784818823488
国際文化関係史研究
平野 健一郎、古田 和子、土田 哲夫、川村 陶子 (担当:共編者, 範囲:全体編集作業および第24章「文化会館と国際関係—東京『独日センター』設立構想の展開と挫折—」)
東京大学出版会   2013年   ISBN:9784130301565

講演・口頭発表等

 
ドイツ対外文化政策の刷新と継続—歴史的考察— [招待有り]
川村 陶子
日本国際政治学会研究大会   2014年11月14日   
Methodological Duality and Conceptual Plurality of Culture in International Relations: Towards Collaboration of Cultural Policy Research and International Relations
川村 陶子
8th International Conference on Cultural Policy Research (ICCPR 2014)   2014年9月10日   
東京ドイツ文化会館の設立 〜「モデル・インスティトゥート」構想の展開と挫折〜
川村 陶子
日本文化政策学会   2011年12月17日   
国際文化交流:その可能性とディレンマ [招待有り]
川村 陶子
日本文化政策学会   2010年12月11日   
冷戦期西ドイツの対外文化政策:「外交の第三の柱」の形成
川村 陶子
日本国際政治学会   2010年10月31日   

競争的資金等の研究課題

 
異文化交流と近代外交の変容
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 桑名 映子
2014年度より研究分担者として参加
国際関係における文化のポリティクス:ドイツ対外政策にみる文化の活用と対象化
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 川村 陶子
戦後日本の対東南アジア文化政策の総括的研究
トヨタ財団: 1998計画助成
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 平野 健一郎
現代ドイツの文化交流政策とナショナル・アイデンティティ
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 川村 陶子

社会貢献活動

 
日独フォーラム
【その他】  日本国際交流センター、ベルリン日独センター  2014年
WEBRONZA(朝日新聞社論壇サイト)「政治・国際」分野 執筆者
【寄稿】  朝日新聞者  WEBRONZA  2010年6月 - 2013年12月
国際交流基金 文化交流研究委員会 専門委員
【報告書執筆】  国際交流基金  2009年9月 - 2010年2月
成蹊大学公開講座
【講師】  成蹊大学  2008年6月 - 2008年6月
武蔵野市五大学共同講演会
【講師】  武蔵野市  武蔵野市五大学共同事業  2003年10月 - 2003年10月