奥野淳一

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/07 15:19
 
アバター
研究者氏名
奥野淳一
 
オクノ ジュンイチ
URL
http://polaris.nipr.ac.jp/~okuno
所属
国立極地研究所
部署
地圏研究グループ
職名
助教
学位
博士(理学)(九州大学)

プロフィール

以下の研究課題を基本的なテーマとして研究を進めています.
1. 現実的な粘弾性地球モデルによる地球変形の理論研究
2. Glacial Isostatic Adjustment モデルを用いた第四紀グリーンランド・南極氷床盛衰史の解明

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
国立極地研究所 助教
 
2015年2月
 - 
2015年3月
国立極地研究所 特任助教
 
2008年
 - 
2015年1月
国立極地研究所 特任研究員
 

論文

 
Secular variations in zonal harmonics of Earth’s geopotential and their implications for mantle viscosity and Antarctic melting history due to the last deglaciation
M. Nakada, J. Okuno
Geophysical Journal International   209 1660-1676   2017年   [査読有り]
State dependence of climatic instability over the past 720,000 years from Antarctic ice cores and climate modeling
Dome Fuji Ice Core Project Members
Science Advances   3:e1600446 1-13   2017年   [査読有り]
Inference of mantle viscosity for depth resolutions of GIA observations
M. Nakada, J. Okuno
Geophysical Journal International   207 719-740   2016年   [査読有り]
Total meltwater volume since the Last Glacial Maximum and viscosity structure of Earth’s mantle inferred from relative sea level changes at Barbados and Bonaparte Gulf and GIA-induced J2dot
M. Nakada, J. Okuno, Y. Yokoyama
Geophysical Journal International   204 1237-1253   2016年   [査読有り]
Viscosity structure of Earth’s mantle inferred from rotational variations due to GIA process and recent melting events
M. Nakada, J. Okuno, K. Lambeck, A. Purcell
Geophysical Journal International   202 976-992   2015年   [査読有り]

Misc

 
グラシオ・ハイドロアイソスタシー
中田正夫,奥野淳一
地形   32(3) 327-331   2011年   [依頼有り]
南極周辺域の海水準変動から推定される第四紀後期の南極氷床融解史
奥野淳一, 中田正夫
月刊地球   24(1) 58-64   2002年
海洋酸素同位体ステージ 3 における南極氷床縁辺部の融解の可能性
三浦英樹, 奥野淳一, 中田正夫, 瀬戸浩二, 五十嵐厚夫, 高田将志, 前杢英明
月刊地球   24(1) 65-69   2002年
海水準変動と地球のレオロジー
中田正夫,奥野淳一
月刊地球   20(5) 271-276   1998年
西九州の完新世海面変化より推定される低粘性層について
奥野淳一,横山祐典,中田正夫
月刊地球   号外No.17 94-100   1997年

書籍等出版物

 
後氷期地殻変動:『図説 固体地球の事典』
奥野淳一 (担当:分担執筆)
朝倉書店 (印刷中)   2017年   
地形の辞典
奥野淳一 (担当:分担執筆)
朝倉書店   2017年   
海岸線環境の変化と湾岸都市の盛衰:『インダス 南アジアの基層を探る』
宮内崇裕,奥野淳一 (担当:分担執筆)
京都大学学術出版会   2013年   
最終氷期最盛期以降の大陸氷床融氷史:南極氷床変動の位置づけと課題. 『最新デジタル第四紀学』,CD-ROM 版
三浦英樹, 奥野淳一
日本第四紀学会   2010年   

講演・口頭発表等

 
GIA-induced crustal deformation in Greenland
J. Okuno
第7回極域科学シンポジウム   2016年11月   
Some remarks on the depth of the continental shelf around the Antarctic continental margin
J. Okuno, Y. Nogi, H. Miura
第6回極域科学シンポジウム   2015年11月   
Effect of ice sheet loading on the depth of Antarctic continental shelf
J. Okuno, H. Miura, Y. Nogi
XIX INQUA (International Union for Quaternary Research) Congress   2015年7月   
The development of 3D ice sheet modelling (IcIES) including viscoelastic bedrock deformation: Implications for the relative sea-levels in Greenland
J. Okuno, F. Saito, A. Abe-Ouchi, K. Takahashi
PALSEA2 (PALeo constraints on SEA level rise 2) 2015 Workshop: Data-Model Integration and Comparison   2015年7月   
GIA-related sea-level changes in Greenland based on the loading histories derived from IcIES
J. Okuno, F. Saito, A. Abe-Ouchi, K. Takahashi
第5回極域科学シンポジウム   2014年12月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
『弥生の海退』は存在したのか
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 奥野淳一
過去300万年間における東南極氷床高度の定量的復元とその変動メカニズムの解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(海外B))
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 菅沼悠介(分担 奥野淳一)
南極大陸周縁域の大陸棚はなぜ深いのか?
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 奥野淳一
粘弾性地球変形モデルを用いた第四紀海水準変動の理論研究
東京大学大気海洋研究所: 学際連携研究
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 奥野淳一
第四紀後期の東南極氷床変動史の復元と地球環境変動システムの解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究A海外)
研究期間: 2009年4月 - 2014年3月    代表者: 三浦英樹(分担 奥野淳一)

社会貢献活動

 
海面の高さの変化
【講師】  国立極地研究所  サイエンスカフェ  2015年
氷と地球がおりなす海面の高さの歴史
【講師】  国立極地研究所  一般公開 サイエンスカフェ  2015年
地球の変動を測る
【講師】  日本測地学会  測地学サマースクール  2015年