鷲谷 いづみ

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/30 02:58
 
アバター
研究者氏名
鷲谷 いづみ
 
ワシタニ イヅミ
URL
http://ir.c.chuo-u.ac.jp/researcher/profile/00015156.html
所属
中央大学
部署
理工学部
職名
教授
学位
理学博士(東京大学), 修士(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
   
 
~ 中央大学理工学部人間総合理工学科教授
 
2004年12月
 - 
2005年3月
 東北大学環境科研究科非常勤講師
 
2004年4月
 - 
2005年3月
 千葉大学理学部非常勤講師
 
2004年4月
 - 
2004年9月
 東京工業大学大学院総合理工学研究科非常勤講師
 
2003年4月
 - 
2003年9月
 東京工業大学大学院総合理工学研究科非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1978年
東京大学 理学系研究科 
 
 
 - 
1974年
東京大学 理学系研究科 
 
 
 - 
1972年
東京大学 理学部 生物学科
 

委員歴

 
2014年
   
 
日本学術会議  連携会員
 
2004年
   
 
日本生態学会  会長
 

受賞

 
2013年
第7回みどりの学術賞
 
2011年
第9回日本生態学会 功労賞
 
2008年
平成20年度環境保全功労者環境大臣表彰
 
1997年
第5回花の万博記念奨励賞
 

Misc

 
生物学
培風館発行図書総目録2017   p.156   2017年
随筆:多発する気象事故
信濃毎日新聞夕刊   p.1   2017年9月
随筆:絶滅危惧種商標のロイヤルティー
信濃毎日新聞夕刊   p.1   2017年9月
随筆:グルメと環境
信濃毎日新聞夕刊   p.1   2017年9月
随筆:変動気候への適応策
信濃毎日新聞夕刊   p.1   2017年8月

書籍等出版物

 
繪圖解說 用圖了解生態
晨星出版   2017年5月   
遺伝学―遺伝子から見た生物―
培風館   2017年1月   
「自然の恵み」の伝え方
清水弘文堂書房   2016年8月   
基礎生物科学
培風館   2016年7月   
共生する生き物たち-アブラムシからワニ、サンゴまで
PHP研究所   2016年5月   

講演・口頭発表等

 
Discrimination of Wild and Stocked Japanese Eels Based on Otolith Stable Isotope Ratios.
第1回国際ウナギ科学シンポジウム   2017年   
奄美大島における二ホンミツバチのコロニー成長と採餌活動 ―観察巣箱を用いた調査―
第64回日本生態学会大会   2017年   
奄美大島における録音データに基づく森林性野鳥類の個体数推定
第64回日本生態学会大会   2017年   
亜熱帯照葉樹林におけるCCDカメラを用いた樹洞の内部環境と利用生物の把握
第64回日本生態学会大会   2017年   
止水性トンボを用いた保全上重要な生息地とその指標種の特定
第64回日本生態学会大会   2017年   

競争的資金等の研究課題

 
生物多様性の保全と生態系サービスに関する研究
研究期間: 2000年