大塚 一郎

J-GLOBALへ         更新日: 10/12/24 00:00
 
アバター
研究者氏名
大塚 一郎
 
オオツカ イチロウ
所属
神奈川大学
部署
工学部 神奈川大学 工学部
職名
神奈川大学 工学部 教授
学位
農学士(大阪府立大学), 農学博士(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1968年
 - 
1984年
 財団法人木原生物学研究所 研究員
 
1984年
 - 
1986年
 神奈川大学 非常勤講師
 
1984年
 - 
1986年
 横浜市立大学木原生物学研究所 研究員
 
1985年
 - 
1986年
 関東学院大学 非常勤講師
 
1986年
 - 
1996年
 神奈川大学 工学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1968年
大阪府立大学 農学部 園芸学科
 

Misc

 
Synthesis of the hexaploid club wheat and analysis about the homoeo-alleles of club gene C
Proceedings of the 11th International Wheat Genetics Symposium (Sydney University Press)      2008年
Possible horizontal transfer of two subclasses of Mutator-like elements within PoaceaePossible horizontal transfer of two subclasses of Mutator-like elements within Poaceae
Proceedings of the 11th International Wheat Genetics Symposium (Sydney University Press)      2008年
Sequence diversity and copy number Variation of Mutator-like transposases in wheat
Sociedade Brasileira de Genetica・Genetics and Molrcular Biology   539-546   2008年
Tow Classes of Mutator taransposable element-like sequences in the wild einkorn wheat.
Proc.10th Int. Wheat Genetic Symp.Vol.2:   469-471   2003年
HMW and LMW glutenin alleles among putative tetraploid and hexaploid European spelt wheat (Triticum spelta L.) progenitors
Springer - Verlag ・ Theoretical and Applied Genetics (TAG)      2003年

所属学協会

 
 

Works

 
小麦の遺伝育種学的研究
1981年
小麦の遺伝育種学的研究
1987年 - 1989年

競争的資金等の研究課題

 
細胞小器官の遺伝的分化の生物進化上の意義(役割)
研究期間: 2005年   
細胞質雄性不稔の遺伝子的機構
研究期間: 2005年   
コムギ族に於けるBおよびGゲノムの起源