高岡 明

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/08 20:06
 
アバター
研究者氏名
高岡 明
 
タカオカ アキラ
所属
玉川大学
部署
芸術学部 メディア・デザイン学科
職名
教授
学位
Ph.D. (博士)(コロンビア大学), M.Phil.(コロンビア大学), MA (修士)(コロンビア大学), 文学修士(慶應義塾大学), 文学士(慶應義塾大学)

プロフィール

作曲、無調音楽のピッチ理論、メタファーと音楽理論の方法論、音楽認知、自動作曲プログラム開発、楽曲分析プログラム開発

経歴

 
2014年
 - 
現在
東京芸術大学 音楽学部 非常勤講師
 
2013年10月
 - 
現在
コロンビア大学大学院 音楽科 専任研究員
 
2009年4月
 - 
現在
中央大学理工学部大学院 非常勤講師
 

学歴

 
 
   
 
慶應義塾大学 文学部 哲学科
 
 
   
 
慶應義塾大学大学院後期博士課程 文学研究科 哲学専攻
 
 
   
 
コロンビア大学大学院 音楽科 
 

委員歴

 
2013年3月
 - 
2013年8月
国際コンピュータ音楽会議(International Computer Music Conference)2013、パース、オーストラリア、音楽審査員
 
2010年9月
 - 
2010年10月
日本感性工学会 論文審査委員
 
2009年
 - 
2009年
国際コンピュータ音楽会議 (International Computer Music Conference) 2009、モントリオール、カナダ、論文審査委員
 
2009年
 - 
2009年
文部科学省/日本学術振興会「大学教育推進プログラム」ペーパー・レフリー
 
2009年
 - 
2009年
情報処理学会 論文査読委員
 

論文

 
現代音楽の有意性について:レナード・マイヤーによる現代音楽批判
高岡 明
Japanese Society for Sonic Arts 会報   3(1) 5?24   2011年7月
Metaphor and Methodological Foundations of Atonal Theory
高岡 明
玉川大学芸術学部紀要   3 80-109   2011年4月   [査読有り]
Twelve-Tone Composition in a Bayesian Framework: A Case Study in Stravinsky’s “Libera me”
玉川大学芸術学部紀要   3 110-140   2011年4月   [査読有り]
音楽に対する感性の情報処理
高岡 明
電子情報通信学会誌   92(11) 943-945   2009年11月   [査読有り]
JDubiel: A Java Applet for Pitch-Class Set Analysis
Akira Takaoka
73-76   2009年8月   [査読有り]

Misc

 
Metaphor and Methodological Foundations of Atonal Theory
高岡 明
玉川大学芸術学部紀要   3 80-109   2011年
Twelve-Tone Composition in a Bayesian Framework: A Case Study in Stravinsky’s “Libera me”
-
玉川大学芸術学部紀要   3 110-140   2011年
現代音楽の有意性について:レナード・マイヤーによる現代音楽批判
高岡 明
Japanese Society for Sonic Arts 会報   3(1) 5?24   2011年
JDubiel: A Java Applet for Pitch-Class Set Analysis
Akira Takaoka
-   73-76   2009年
音楽に対する感性の情報処理
高岡 明
電子情報通信学会誌   92(11) 943-945   2009年

書籍等出版物

 
クラシック知性主義
青弓社   2013年6月   ISBN:978-4-7872-7334-5

講演・口頭発表等

 
特別講演: Category Formation and ??Style Change in Music
脳科学リトリート 玉川大学脳科学研究所主催 神奈川県湯河原町   2016年2月10日   
シンポジウム「東京サミット:21世紀における日本音楽 --未来への提言--」企画委員
東京サミット:21世紀における日本音楽 --未来への提言--   2014年6月15日   
委嘱作品 _Prelude and Variation_ がJason Callowayによりニューヨークで初演
Jason Calloway リサイタル   2014年2月17日   
シンポジウム「ニューヨークサミット:21世紀における日本音楽の行方」議長
ニューヨークサミット:21世紀における日本音楽の行方 ニューヨーク、アメリカ   2013年3月8日   
「高岡明の音楽」
アメリカ、ダートマス大学音楽学部における特別講義   2012年9月13日   

Works

 
委嘱作品 Five Movements on Modulations がニューヨークの9th Season of Glories of the Japanese Music Heritage ANCIENT SOUNDSCAPES REBORNコンサートで初演
コロンビア大学中世日本研究所から委嘱された作品 Five Movements on Modulations がニューヨークの9th Season of Glories of the Japanese Music Heritage ANCIENT SOUNDSCAPES REBORNコンサートで初演
マルチメディア作品 _Vanishing Trajectories_ is accepted at The 2016 New York City Electroacoustic Music Festival.
2016年 - 2016年
マルチメディア作品 _Vanishing Trajectories_ is accepted at The 2016 New York City Electroacoustic Music Festival. 田中敬一教授と共同制作。
_French Overture_ がSonic Arts Project Vol. 4 No.1にて招待作品として初演
2016年 - 2016年
主催:JSSA (Japanese Society for Sonic Arts)
後援: 日本電子音楽協会、日本現代音楽協会、一般社団法人 日本作曲家協議会
助成: 公益財団法人 アサヒグループ芸術文化財団、公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション
マルチメディア作品 _Vanishing Trajectories_ がイタリア、フィレンツェの芸術祭 Diffrazioni - Firenze Multimedia Festivalに入線
2016年 - 2016年
マルチメディア作品 _Vanishing Trajectories_ がイタリア、フィレンツェの芸術祭 Diffrazioni - Firenze Multimedia Festivalに入線
作曲作品 Aeolian VariationsがアメリカのSEAMUS Conference 2015 (the Society for Electro-Acoustic Music in the United States)に入選
2015年 - 2015年
作曲作品 Aeolian VariationsがアメリカのSEAMUS Conference 2015 (the Society for Electro-Acoustic Music in the United States)に入選

競争的資金等の研究課題

 
ビジュアル・ミュージック (写真、ビデオのDSPと同期した音楽作品)
研究期間: 2004年 - 現在
作曲、無調音楽のピッチ理論、メタファーと音楽理論の方法論、自動作曲プログラム開発、楽曲分析プログラム開発、Visual music作品の制作,写真およびビデオのDSPプログラムの開発
研究期間: 1990年 - 現在

その他

 
2016年   マルチメディア作品 Vanishing Trajectories が The 2016 New York City Electroacoustic Music Festival に入選
-
2016年   マルチメディア作品 Vanishing Trajectories が Diffrazioni - Florence Multimedia Festival(イタリア、フィレンツェ) に入選
-
2016年   作曲作品 _French Overture_ が招待作品として Sonic Arts Project Vol. 4 No.1にて初演
-
2015年   作曲作品 Aeolian VariationsがアメリカのSEAMUS Conference 2015 (the Society for Electro-Acoustic Music in the United States)に入選
-
2015年   作曲作品Twelfth Aitake I がニューヨークの音楽祭New York City Electroacoustic Music Festivalに入選
-