林 誠司

J-GLOBALへ         更新日: 16/06/11 03:37
 
アバター
研究者氏名
林 誠司
 
ハヤシ セイジ
URL
http://www.eps.nagoya-u.ac.jp/~seiken/Members/Hayashi2/index.html
所属
名古屋大学
学位
博士(理学)(名古屋大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1997年4月
 - 
2000年3月
 日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2000年9月
 - 
2001年3月
 名古屋大学大学院理学研究科助手
 
2001年4月
 - 
2003年10月
 名古屋大学大学院環境学研究科助手
 
2003年11月
   
 
 名古屋大学環境学研究科講師
 

学歴

 
 
 - 
1997年
名古屋大学 理学研究科 
 

Misc

 
Phylogenetic affiliation of ancient and contemporary humans inferred from mitochondrial DNA.
Satoshi Horai, Rumi Kondo, Kumiko Murayama, Seiji Hayashi, Hiroko Koike and Nobuyuki Nakai
Philosophical Transactions of the Royal Society of London(The Royal Society of London) Series B   333 409-417   1991年9月
*Man's place in Hominoidea revealed by mitochondrial DNA genealogy.
Satoshi Horai, Yoko Satta, Kenji Hayasaka, Rumi Kondo, Tadashi Inoue, Takefumi Ishida, Seiji Hayashi and Naoyuki Takahata
Journal of Molecular Evolution   35(32-43)    1992年7月
Peopling of the Americas, founded by four major lineages of mitochondrial DNA.
Satoshi Horai,Rumi Kondo, Yoko Nakagawa-Hattori, Seiji Hayashi, Shunro Sonoda and Kazuo Tajima
Molecular Biology and Evolution   10 23-47   1993年1月
古生物の遺伝子を探る.
小澤智生・林誠司・加藤研
名古屋大学アイソトープ総合センター紀要, 第16巻, 6-7   16 6-7   1994年3月
化石DNAからみたマンモスの系統学的位置
小澤智生・林誠司
遺伝   48 6-7   1994年6月

書籍等出版物

 
「地球からのおくりもの~生物多様性を理解するために~」・貝ひろいで楽しむ生物多様性 ―干潟の掃除屋アラムシロの話題を中心に ―
図書出版風媒社   2011年3月   

講演・口頭発表等

 
二枚貝の特定部位を用いた沿岸域汚染指標の確立に向けて
第57回日本地球化学会年会   2010年   
アラムシロ Nassarius festivus の分子系統地理学的研究
日本貝類学会23年度大会   2011年   
二枚貝を構成する臓器を用いた潮間帯重金属汚染評価指標の確立
第58回日本地球化学会年会   2011年   
アラムシロ Nassarius festivus の分子系統地理‐古地理と分散過程との関係から
日本ベントス・日本プランクトン学会合同大会2011年度大会   2011年   
日本産現生および化石アサリ属にみられる殻形態差の再検討
日本貝類学会平成24年度大会   2012年   

Works

 
エゾバイ類の地理的分布パターンに関する研究―海洋生物の種分化のケーススタディ―
2004年4月 - 2006年3月
新腹足目エゾバイ科の古生物学的・分子系統学的研究
1997年4月 - 2000年3月
被災地レポート  震災半年後の陸前高田 ~人・まち・海・博物館~.In: 名古屋大学環境学研究科編「名古屋大学環境学研究科教員の見た東日本大震災」, pp.3-16.
2011年9月
干潟の巻き貝アラムシロを用いた「種内の多様性」を認識させる環境・理科教育の試み
2014年4月 - 2016年3月

競争的資金等の研究課題

 
軟体動物における形態的・遺伝的多様性の研究
研究期間: 2000年 - 2000年
新腹足類エゾバイ科の古生物学的・分子系統学的研究
研究期間: 1997年 - 1997年
ムシロガイ類の形態変異の研究
研究期間: 2007年 - 2007年