渡辺 賢一

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/05 04:28
 
アバター
研究者氏名
渡辺 賢一
eメール
k-watanabeenergy.nagoya-u.ac.jp
URL
http://www9.nucl.nagoya-u.ac.jp/member/kenichi/
学位
博士(工学)(名古屋大学)

経歴

 
2000年7月
 - 
2007年3月
名古屋大学 核燃料管理施設 助手
 
2007年4月
   
 
名古屋大学大学院工学研究科 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1998年
名古屋大学 工学研究科 原子核工学専攻
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
2017年3月
学振第186委員会  運営委員
 
2014年4月
 - 
2016年3月
日本電気協会 原子力規格委員会 放射線管理分科会  委員
 

Misc

 
Kenichi Watanabe, Triestino Minniti, Winfried Kockelmann, Robert Dalgliesh, Genoveva Burca, Anton S. Tremsin
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section A   861 55-63   2017年7月   [査読有り]
M. Matsumura, K. Watanabe, A. Yamazaki, A. Uritani, N. Kimura, N. Nagano, K. Hitomi
JPS Conf. Proc.   11 030005   2016年11月   [査読有り]
T. Yanagida, G. Okada, K. Fukuda, K. Watanabe, N. Kawaguchi
Radiation Measurements      2016年11月   [査読有り]
T. Mizukoshi, K. Watanabe, A. Yamazaki, A. Uritani, T. Iguchi, T. Ogata, T. Muramatsu
Journal of Radiation Protection and Research   41(3) 185-190   2016年9月   [査読有り]
Y. Hirata, K. Watanabe, A. Uritani, A. Yamazaki, Y. Koba, N. Matsufuji
Journal of Radiation Protection and Research   41(3) 222-228   2016年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
放射線計測学
納冨昭弘 編 (担当:共著)
国際文献社   2015年3月   
原子力・量子・核融合辞典 第IV分冊 量子ビームと放射線医療
編集委員長 工藤和彦 他多数 (担当:共著)
丸善出版   2014年12月   
*4th International Conference on Laser Probing--LAP 2008,AIP Conference Proceedings Volume 1104
Tetuso Iguchi and Kenichi Watanabe (担当:共著)
American Institute of Physics   2009年4月   
Conferenece proceedings of 4th International Conference on Laser Probing--LAP 200.
Anti-personnel Landmine Detection for Humanitarian Demining- The Current Situation and Future Direction for Japanese Research and Develpoment, Chapter 11, Development of Compact Neutron Capture Gamma-ray Imaging System for Anti-personnel Landmine Detectio
T. Iguchi, J. Kawarabayashi, K. Watanabe, T. Shoji, T. Osawa, S. Mihoya, T. Hasegawa, M. Shimazaki, T. Monaka (担当:共著)
Springer   2009年   ISBN:978-1-84882-345-7

講演・口頭発表等

 
Development of a Novel Neutron Energy Spectrometer Using Onion-like Single Bonner Sphere
Masato Ushida, Kenichi Watanabe, Atsushi Yamazaki, Akira Uritani, Tetsuo Iguchi, Tomohiro Ogata, Takashi Muramatsu
2014 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference   2014年11月8日   2014 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference
Characterization of large area Transparent RUbber SheeT (TRUST) LiCaAlF6 neutron scintillator
Kenichi Watanabe, Atsushi Yamazaki, Dai Sugimoto, Takuya Yamazaki, Akira Uritani, Tetsuo Iguchi, Kentaro Fukuda, Sumito Ishidu, Takayuki Yanagida, Yutaka Fujimoto
2014 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference   2014年11月8日   2014 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference
Tomographic imaging from one-side using backscattered X-ray
Kenichi Watanabe, Jin Yoshida, Atsushi Yamazaki, Takayuki Tohyama and Akira Uritani
2014 Symposium on Radiation Measurements and Applications   2014年6月9日   2014 Symposium on Radiation Measurements and Applications
Wavelength-shifting fiber signal readout from Transparent Rubber SheeT (TRUST) type LiCaAlF6 neutron scintillator
Kenichi Watanabe, Takuya Yamazaki, Dai Sugimoto, Atsushi Yamazaki, Akira Uritani, Tetsuo Iguchi, Kentaro Fukuda, Sumito Ishidu, Takayuki Yanagida, Yutaka Fujimoto
2014 Symposium on Radiation Measurements and Applications   2014年6月9日   2014 Symposium on Radiation Measurements and Applications
Response evaluation of a small radiation detector using OSL with optical fiber readout to high energy carbon ions
Kenichi Watanabe, Hidefumi Miyamae, Atsushi Yamazaki, Akira Uritani, Yusuke Koba, Naruhiro Matsufuji
2014 Symposium on Radiation Measurements and Applications   2014年6月9日   2014 Symposium on Radiation Measurements and Applications

競争的資金等の研究課題

 
後方散乱X線トモグラフィによる大型構造物内断層撮像法の実現
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 渡辺賢一
通常のX線管と平行平板コリメータ付後方散乱X線線撮像装置を組み合わせトモシンセシスの原
理を適用することで、これまで実現不可能であったX線照射面側からの後方散乱X線撮像のみで被写体内部の断層
像を取得可能とする後方散乱X線トモグラフィ技術の実現を目指す。
第三世代コンプトン散乱X線CTによる高速電子密度イメージング
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 渡辺賢一
本提案課題では、コンプトン散乱X線CT技術に基づく新しい高速な電子密度イメージング法について、1)その成立性の実証を行うと共に、2)性能の最適化に向けた系統的な基礎検討と3)実用化のためのシステム設計提案を行うことを目的とする。提案する実用化システムでは、以下のような性能目標を掲げる。
同位体選択的レーザー光脱離を用いたコンパクト化汎用加速器質量分析法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 井口哲夫
任意の応答関数を持たせることが可能な中性子測定器の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 瓜谷章
多重散乱型飛行時間法に基づくトリチウム燃焼率測定用中性子スペクトロメータの開発
文部科学省: 科学研究費助成事業
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 井口哲夫

特許

 
特願2015-028014 : 中性子測定装置
尾方智洋、松村貴史、粟屋伊知郎、望月慶佑、渡辺賢一、水越友亮、山﨑淳、瓜谷章、井口哲夫
特願2013-044350 : 中性子測定装置
尾方智洋、村松貴史、粟屋伊知郎、安達丈泰、渡辺賢一、牛田雅人、山崎淳、瓜谷章、井口哲夫、
特願2012-38263 : 放射線検出器
渡辺賢一、高橋嘉彦、山﨑淳、瓜谷章、井口哲夫、福田健太郎、河口範明、石津澄人、吉川彰、柳田健之
特願2012-29364 : 中性子検出器
渡辺賢一、川端勇矢、山﨑淳、瓜谷章、井口哲夫、福田健太郎、河口範明、石津澄人、吉川彰、柳田健之
特願2012-22482 : 中性子測定装置
牛田雅人、渡辺賢一、山﨑淳、瓜谷章、井口哲夫、河原林順、富田英生、尾方智洋、粟屋伊智郎、村松貴史、高木俊治