大場 裕一

J-GLOBALへ         更新日: 16/06/16 14:13
 
アバター
研究者氏名
大場 裕一
 
オオバ ユウイチ
学位
理学博士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
名古屋大学
 
1996年4月
 - 
2000年10月
 岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所発生生物学研究系 リサーチ・アソシエイト
 
2000年10月
   
 
 名古屋大学大学院生命農学研究科 助手
 
2007年4月
   
 
 助教
 

学歴

 
 
 - 
1996年
総合研究大学院大学 生命科学研究科 分子生物機構論
 

委員歴

 
 
   
 
昆虫DNA研究会  代表幹事・事務局
 

Misc

 
ステロイドホルモンの膜作用
"吉国通庸,大場裕一,長濱嘉孝"
ホルモンと臨床   43 489-494   1995年1月
Inhibitory guanine-nucleotide-binding-regulatory protein a subunits in medaka (Oryzias latipes) oocytes: cDNA cloning and decreased expression of proteins during oocyte maturation
Eur. J. Biochem.   249 846-853   1997年
Inhibitory guanine-nucleotide-binding-regulatory protein α subunits in medaka (Oryzias latipes) oocytes: cDNA cloning and decreased expression of proteins during oocyte maturation.
"Oba Y, Yoshikuni M, Tanaka M, Mita M and Nagahama Y"
Eur. J. Biochem.   249 846-853   1997年11月
Cloning, functional characterization, and expression of a gonadotropin receptor cDNA in the ovary and testis of amago salmon (Oncorhynchus rhodurus)
Biochem. Biophys. Res. Commun.   263 584-590   1999年
The duality of fish gonadotropin receptors: cloning and functional characterization of a second gonadotropin receptor cDNA expressed in the ovary and testis of amago salmon (Oncorhynchus rhodurus)
Biochem. Biophys. Res. Commun.   265 366-371   1999年

書籍等出版物

 
21世紀初頭の藻学の現況・渦鞭毛藻の発光
日本藻類学会   2002年   
昆虫ミメティックス
エヌ・ティー・エス   2008年10月   
Bioluminescence in Focus- A Collection of Illuminating Essays
research signpost   2009年   
地球からのおくりもの
風媒社   2011年3月   
光るキノコと夜の森
岩波書店   2013年7月   

講演・口頭発表等

 
"A pertussis toxin sensitive GTH-binding protein is involved in the signal transduction pathway of the maturation-inducing hormone (17α,20β-dihydroxy-4-pregnen3-one) of rainbow trout (Oncorhynchus mykiss) oocytes."
5th International Symbosium of the Reproductive Physiology   1995年   
魚類の卵成熟誘起ホルモンの作用機構:VII卵成熟誘起ホルモンの情報伝達に関与する抑制性G蛋白質の卵成熟過程に伴う量的変化
日本動物学会第66回大会   1995年   
メダカ卵成熟誘起ホルモンの情報伝達に関与する抑制性G蛋白質αサブユニット
日本動物学会第67回大会   1996年   
卵細胞膜における卵成熟誘起ステロイドホルモンの働き
日本動物学会中部支部大会   1997年   
メダカ卵成熟誘起ホルモンの情報伝達に関する抑制性G蛋白質
Third Medaka and Zebrafish Meeting in Okazaki   1997年   

Works

 
魚類における糖タンパク質ホルモン受容体の機能と遺伝子起源に関する研究
2001年1月 - 2003年12月
生物発光の発光メカニズムおよび発光基質の生合成経路に関わる鍵物質の研究
2001年1月 - 2003年12月
シャコ貝と渦鞭毛藻の共生に関わる因子の探索
2002年4月 - 2003年4月
発光する甲虫の進化―ルシフェリン・ルシフェラーゼ反応の起源
2004年 - 2005年
富山の深層水と八丈島の発光生物群を標的とした生物発光のショットガン的解明の試み
2006年 - 2007年

競争的資金等の研究課題

 
発光生物の未知発光メカニズムの探索
研究期間: 2000年 - 2000年
ルシフェリンの生合成メカニズム
研究期間: 2000年 - 2000年
発光形質の進化
研究期間: 2000年 - 2000年
生物毒の作用メカニズム
研究期間: 2000年 - 2000年