元田弘敏

J-GLOBALへ         更新日: 15/04/28 11:45
 
アバター
研究者氏名
元田弘敏
 
モトダ ヒロトシ
ハンドル
handle0069875
eメール
hmotodakiui.ac.jp
所属
吉備国際大学
部署
保健医療福祉学部 理学療法学科
職名
准教授
学位
修士(農学)(岡山大学), 博士(学術)(岡山大学)
その他の所属
吉備国際大学保健福祉研究所

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
吉備国際大学保健医療福祉学部 准教授
 
2007年4月
 - 
2012年3月
吉備国際大学保健科学部 講師
 
1995年
 - 
1998年
吉備国際大学助手
 

学歴

 
2004年10月
 - 
2007年9月
岡山大学 大学院自然科学研究科 後期博士課程 資源管理科学専攻
 
2000年4月
 - 
2004年3月
京都大学 大学院医学研究科 博士課程病理系専攻 腫瘍生物学(学修)
 
1991年3月
 - 
1994年4月
京都大学医療技術短期大学部  理学療法学科
 

論文

 
入院期心疾患者における集団反復起立運動の効果ついて
横谷浩士, 三浦秀之, 岩瀬浩一, 関優, 藤本幹雄, 原田和宏, 川浦昭彦, 元田弘敏
心臓リハビリテーション   20(1) 222-232   2015年1月   [査読有り]
井上茂樹, 西谷拓也, 高木龍一, 尾崎凌, 門脇章人, 川上真幸, 元田弘敏, 河村顕治
吉備国際大学保健福祉研究所研究紀要   (14) 37-40   2013年3月
元田弘敏, 井上茂樹, 加納良男, 平上二九三
吉備国際大学保健福祉研究所研究紀要   (14) 41-44   2013年3月
加納良男, 平上二九三, 元田弘敏, 小池好久, 四宮美佐枝, 井上茂樹, 河村顕治
吉備国際大学保健福祉研究所研究紀要   (14) 45-48   2013年3月
MATSUMOTO Hideaki, MOTODA Hirotoshi
Plant and Soil   363(1-2) 399-410   2013年2月   [査読有り]
藍原章子, 藍原章子, 玉利光太郎, 解良武士, 横山茂樹, 元田弘敏
理学療法学   39(5) 314-321   2012年8月
Matsumoto H, Motoda H
Plant science : an international journal of experimental plant biology   185-186 1-8   2012年4月   [査読有り]
井上 茂樹, 平上 二九三, 元田 弘敏
吉備国際大学保健福祉研究所研究紀要   0(13) 9-13   2012年
加納 良男, 平上 二九三, 元田 弘敏
吉備国際大学保健福祉研究所研究紀要   0(13) 47-50   2012年
元田 弘敏, 下田 健朗, 須山 竜二
吉備国際大学保健福祉研究所研究紀要   0(13) 37-40   2012年
Neurite outgrowth of PC12 mutant cells induced by orange oil and d-limonene via the p38 MAPK pathway.
Shinomiya M, Kawamura K, Tanida E, Nagoshi M, Motoda H, Kasanami Y, Hiragami F, Kano Y
Acta medica Okayama   66 111-118   2012年   [査読有り]
加納良男, 堀江登, 平上二九三, 松田勇, 元田弘敏, 小池好久, 井上茂樹, 三宅優紀, 河村顕治
吉備国際大学保健福祉研究所研究紀要   (12) 41-44   2011年3月
Changes in rupture formation and zonary region stained with Evans blue during the recovery process from aluminum toxicity in the pea root apex.
Motoda H, Kano Y, Hiragami F, Kawamura K, Matsumoto H
Plant signaling & behavior   6 98-100   2011年1月   [査読有り]
平上 二九三, 元田 弘敏, 若竹 雄治
吉備国際大学保健福祉研究所研究紀要   0(12) 17-20   2011年
元田 弘敏, 橋本 直樹, 中川 昌幸, 井上 茂樹, 加納 良男, 平上 二九三
吉備国際大学研究紀要. 保健科学部   0(20) 27-32   2010年3月
加納 良男, 堀江 登, 平上 二九三, 元田 弘敏, 井上 茂樹, 松田 勇, 河村 顕治
吉備国際大学研究紀要. 保健科学部   0(20) 77-81   2010年3月
元田弘敏, 橋本直樹, 中川昌幸, 井上茂樹, 加納良男, 平上二九三
吉備国際大学研究紀要 保健科学部   (20) 27-32   2010年3月
加納良男, 堀江登, 平上二九三, 元田弘敏, 井上茂樹, 松田勇, 河村顕治
吉備国際大学研究紀要 保健科学部   (20) 77-81   2010年3月
Differential response of heat-shock-induced p38 MAPK and JNK activity in PC12 mutant and PC12 parental cells for differentiation and apoptosis.
Murai H, Hiragami F, Kawamura K, Motoda H, Koike Y, Inoue S, Kumagishi K, Ohtsuka A, Kano Y
Acta medica Okayama   64 55-62   2010年2月   [査読有り]
Motoda, Hirotoshi1; Kano, Yoshio2; Hiragami, Fukumi2; Kawamura, Kenji2; Matsumoto, Hideaki2
Plant and Soil   333(1-2) 49-58   2010年2月   [査読有り]
Hiragami F, Motoda H, Takezawa T, Takabayashi C, Inoue S, Wakatake Y, Kano Y
International journal of molecular sciences   10 4963-4976   2009年11月   [査読有り]
加納 良男, 平上 二九三, 元田 弘敏, 井上 茂樹, 友國 由美子, 河村 顕治
吉備国際大学研究紀要. 保健科学部   0(19) 85-90   2009年3月
井上 茂樹, 平上 二九三, 元田 弘敏
吉備国際大学保健福祉研究所研究紀要   0(10) 39-43   2009年
若竹 雄治, 元田 弘敏, 井上 茂樹
吉備国際大学保健福祉研究所研究紀要   0(10) 27-32   2009年
元田 弘敏, 若竹 雄治, 井上 茂樹
吉備国際大学保健福祉研究所研究紀要   0(10) 23-26   2009年
Kano Y, Horie N, Doi S, Aramaki F, Maeda H, Hiragami F, Kawamura K, Motoda H, Koike Y, Akiyama J, Eguchi S, Hashimoto K
Neurochemical research   33 1795-1803   2008年9月   [査読有り]
井上茂樹, 元田弘敏, 若竹雄治, 加納良男, 平上二九三
総合リハビリテーション   36(8) 791-796   2008年8月
平上 二九三, 元田 弘敏, 井上 茂樹, 若竹 雄治, 加納 良男
吉備国際大学保健科学部研究紀要   0(13) 63-71   2008年3月
三宅勝久, 平上二九三, 河村顕治, 元田弘敏, 小池好久, 井上茂樹, 若竹雄治, 加納良男
吉備国際大学保健福祉研究所研究紀要   (9) 45-49   2008年3月
Inoue S, Motoda H, Koike Y, Kawamura K, Hiragami F, Kano Y
Neuroscience letters   432 35-39   2008年2月   [査読有り]
元田 弘敏, 井上 茂樹, 若竹 雄治
吉備国際大学保健福祉研究所研究紀要   0(9) 9-14   2008年
小寺澤 基博, 元田 弘敏
吉備国際大学保健福祉研究所研究紀要   0(9) 35-40   2008年
松本 英明, 元田 弘敏
吉備国際大学保健福祉研究所研究紀要   0(9) 27-33   2008年
The Membrane Topology of ALMT1, an Aluminum-Activated Malate Transport Protein in Wheat (Triticum aestivum).
Motoda H, Sasaki T, Kano Y, Ryan PR, Delhaize E, Matsumoto H, Yamamoto Y
Plant signaling & behavior   2 467-472   2007年11月   [査読有り]
Osmotic shock-induced neurite extension via activation of p38 mitogen-activated protein kinase and CREB.
Kano Y, Nohno T, Shimada K, Nakagiri S, Hiragami F, Kawamura K, Motoda H, Numata K, Murai H, Koike Y, Inoue S, Miyamoto K.
Brain Res.   1154 1-7   2007年4月   [査読有り]
平上 二九三, 元田 弘敏, 井上 茂樹, 秋山 純一, 小池 好久, 竹澤 俊明, 高林 千幸, 加納 良男
吉備国際大学保健科学部研究紀要   0(12) 51-60   2007年3月
KOIKE Yoshihisa, IWAMOTO Soutarou, FUKUMOTO Yasuho, HIRAGAMI Fukumi, KAWAMURA Kenji, MOTODA Hirotoshi, KANO Yoshio
Tissue culture research communications : the journal of experimental & applied cell culture research = 組織培養研究   25(3) 129-136   2006年12月   [査読有り]
Oh J, Takahashi R, Adachi E, Kondo S, Kuratomi S, Noma A, Alexander DB, Motoda H, Okada A, Seiki M, Itoh T, Itohara S, Takahashi C, Noda M
Oncogene   23 5041-5048   2004年6月   [査読有り]
Ezaki B, Suzuki M, Motoda H, Kawamura M, Nakashima S, Matsumoto H
Plant physiology   134(4) 1672-1682   2004年4月   [査読有り]
Immunosuppressant FK506 induces neurite outgrowth in PC12 mutant cells with impaired NGF-promoted neuritogenesis via a novel MAP kinase signaling pathway.
Kano Y, Nohno T, Hasegawa T, Takahashi R, Hiragami F, Kawamura K, Iwama MK, Motoda H, Miyamoto K
Neurochemical research   27 1655-1661   2002年12月   [査読有り]
cAMP and calcium ionophore induce outgrowth of neuronal processes in PC12 mutant cells in which nerve growth factor-induced outgrowth of neuronal processes is impaired.
Kano Y, Nohno T, Takahashi R, Hasegawa T, Hiragami F, Kawamura K, Motoda H, Sugiyama T.
Neurosci Lett.   27(303) 21-24   2001年4月   [査読有り]
Retinoblastoma protein-initiated cellular growth arrest overcomes the ability of cotransfected wild-type p53 to induce apoptosis.
Shinohara H, Zhou J, Yoshikawa K, Yazumi S, Ko K, Yamaoka Y, Mizukami T, Yoshida T, Akinaga S, Tamaoki T, Motoda H, Benedict WF, Takahashi R.
Br J Cancer.   83(8) 1039-1046   2000年10月   [査読有り]
Yoshikawa K, Ogawa T, Baer R, Hemmi H, Honda K, Yamauchi A, Inamoto T, Ko K, Yazumi S, Motoda H, Kodama H, Noguchi S, Gazdar AF, Yamaoka Y, Takahashi R.
Int J Cancer.   88(1) 28-36   2000年10月   [査読有り]
加納良男, 高口真一郎, 平上二九三, 元田弘敏, 濃野勉, 宮本寛治
慢性とう痛   18(1) 66-69   1999年7月
KANO Yoshio, MOTODA Hirotoshi, HIRAGAMI Fukumi, MATSUI Ken, LITTLE John B., NAMBA Masayoshi
Cell structure and function   24(1) 35-41   1999年2月   [査読有り]
平上 二九三, 寺延 治, 三宅 信一郎, 元田 弘敏, 加納 良男
日本硬組織研究技術学会雑誌   7(2) 57-61   1998年10月   [査読有り]
Hydroxyapatite ceramics (HAP) are widely used as implant materials for periodontal bonedefects because of their excellent biocompatibility. We demonstrated that HAP medicated C3H10T1/2 mouse fibroblasts can from 3-dimensional tissue-like structure...
武田 功, 小寺 有, 祢屋 俊昭, 藤野 英己, 中嶋 正明, 元田 弘敏, 加納 良男, 加藤 稔啓
柔道整復・接骨医学 = Japanese journal [of] judo therapy   6(3) 157-161   1998年3月   [査読有り]
武田功, 藤野英己, 祢屋俊昭, 元田弘敏, 中嶋正明
総合リハビリテーション   25(8) 731-735   1997年8月

Misc

 
入院期集団起立運動の効果
横谷 浩士1,2、三浦 秀之1、岩瀬 浩一1、関 優1、藤本 幹雄1、元田 弘敏
第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会      2014年7月
松本英明, 元田弘敏
日本土壌肥料学会講演要旨集   58 73   2012年9月
大石信節, 小樋雅隆, 玉利光太郎, 元田弘敏
理学療法学   39 ROMBUNNO.1209   2012年
変形性股関節症患者における歩行速度に影響を及ぼす因子の検討
田中繁治, 玉利光太郎, 元田弘敏, 三谷茂, 椿原彰夫, 川上照彦
理学療法学   39 ROMBUNNO. 1368   2012年
元田弘敏, 松本英明
日本土壌肥料学会講演要旨集   57 79   2011年8月
須山竜二, 下田健朗, 元田弘敏, 平上二九三
理学療法学   38 ROMBUNNO.PI2-032   2011年
藍原章子, 藍原章子, 解良武士, 玉利光太郎, 横山茂樹, 元田弘敏
理学療法学   38 ROMBUNNO.OF1-090   2011年
元田弘敏, 松本英明
日本土壌肥料学会講演要旨集   56 86   2010年9月
渡利太, 渡利太, 横山茂樹, 玉利光太郎, 元田弘敏, 西崎真里, 末澤典子
理学療法学   37 ROMBUNNO.O2-187   2010年
中川昌幸, 橋本直樹, 元田弘敏, 井上茂樹, 平上二九三
理学療法学   37 ROMBUNNO.P1-243   2010年
元田 弘敏, 松本 英明
日本土壌肥料学会講演要旨集   0(55)    2009年9月
井上茂樹, 元田弘敏, 若竹雄治, 日高正巳, 平上二九三
理学療法学   36 ROMBUNNO.S1-011   2009年
若竹雄治, 若竹雄治, 元田弘敏, 井上茂樹, 井上茂樹, 平上二九三
理学療法学   36 ROMBUNNO.P3-146   2009年
若竹雄治, 元田弘敏, 井上茂樹, 平上二九三
理学療法学   35(Supplement 2) 797   2008年4月
井上茂樹, 若竹雄治, 元田弘敏, 平上二九三
理学療法学   35(Supplement 2) 797   2008年4月
佐々木孝行, 元田弘敏, 山本洋子
日本土壌肥料学会講演要旨集   53 78   2007年8月
佐々木 孝行, 元田 弘敏, 山本 洋子
日本土壌肥料学会講演要旨集   0(53)    2007年8月
井上茂樹, 元田弘敏, 秋山純一, 平上二九三
理学療法学   34(Supplement 2) 247   2007年4月
元田弘敏, 佐々木孝行, 山本洋子
日本植物生理学会年会要旨集   48th 163   2007年3月
元田弘敏, 佐々木孝行, 松本英明, 山本洋子
日本植物生理学会年会要旨集   47th 218   2006年3月
元田弘敏, 水上民夫, 吉田哲郎, 吉川清次, 高橋玲
日本癌学会総会記事   63rd 129   2004年8月
元田弘敏, 小嶋真理, 高橋玲
日本病理学会会誌   93(1) 295   2004年5月
江崎文一, 鈴木正勝, 元田弘敏, 中島進, 松本英明
日本植物生理学会年会要旨集   45th 127   2004年3月
元田弘敏, 水上民夫, 吉田哲郎, 高橋玲
日本癌学会総会記事   62nd 482   2003年8月
元田弘敏, 高橋玲
日本癌学会総会記事   61st 250   2002年8月
江崎文一, 鈴木正勝, 元田弘敏, 河村雅子, 松本英明
日本土壌肥料学会講演要旨集   48 46   2002年3月
江崎 文一, 鈴木 正勝, 元田 弘敏, 河村 雅子, 松本 英明
日本土壌肥料学会講演要旨集   0(48)    2002年3月
江崎文一, 鈴木正勝, 元田弘敏, 河村雅子, 松本英明
日本植物生理学会年会要旨集   42nd 205   2002年3月
元田弘敏, 長町大志, 高橋玲
日本病理学会会誌   91(1) 208   2002年2月
長町大志, 元田弘敏, 利光しょう, 高橋玲
日本病理学会会誌   91(1) 267   2002年2月
元田弘敏, 吉川清次, 高橋玲
日本癌学会総会記事   60th 340   2001年9月
長町大志, 元田弘敏, 高橋玲
日本病理学会会誌   90(1) 209   2001年3月
高橋玲, 篠原尚, 元田弘敏, KO K, 八隅秀二郎, 水上民夫, 吉田哲郎, 秋永士朗, 玉沖達也
Jpn J Cancer Res   91(Supplement (Sept)) 328   2000年9月
KO K, 八隅秀二郎, 千葉勉, 元田弘敏, 高橋玲
Jpn J Cancer Res   91(Supplement (Sept)) 331   2000年9月
佐々木孝行, 江崎文一, 元田弘敏, 松本英明
日本土壌肥料学会講演要旨集   46 80   2000年3月
佐々木 孝行, 江崎 文一, 元田 弘敏, 松本 英明
日本土壌肥料学会講演要旨集   0(46)    2000年3月
元田弘敏, 江崎文一, 松本英明
日本土壌肥料学会講演要旨集   45 92   1999年7月
江崎 文一, 江崎 由香, SUVAGURU M, 元田 弘敏, 松本 英明, GARDNER R. C.
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   21(0)    1998年12月
江崎文一, 江崎由香, SIVAGURU M, 元田弘敏, 松本英明, GARDNER R C
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   21st 309   1998年11月
祢屋 俊昭, 田邊 美彦, 中嶋 正明, 元田 弘敏
柔道整復・接骨医学 = Japanese journal [of] judo therapy   6(4)    1998年4月
中嶋 正明, 河村 顕治, 武田 功, 藤野 英己, 高田 素宏, 元田 弘敏
理学療法学   25(2)    1998年4月
藤野 英己, 祢屋 俊昭, 武田 功, 中嶋 正明, 高田 素宏, 元田 弘敏
理学療法学   25(2)    1998年4月
祢屋俊昭, 田辺美彦, 中嶋正明, 元田弘敏
柔道整復接骨医学   6(4) 296   1998年4月
藤野 英己, 祢屋 俊昭, 武田 功, 中嶋 正明, 元田 弘敏
体力科學   46(6)    1997年12月
藤野 英己, 祢屋 俊昭, 武田 功, 元田 弘敏, 中嶋 正明
理学療法学   24(2)    1997年4月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C), 基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 松本 英明
昨年までに回復処理のモデル系としてエンドウ幼植物のAl処理根をAl含まないCa培地に移した回復根と処理を継続した継続処理根を比較すると回復根のRRGは継続根のRRTの2倍であった。またその過程でエバンスブルー(EB)染色により帯状のEBで強く染まる部位[ZR]とEBでほとんど染色されないRRが認められ,ZRは回復根でも消滅せず、RRの部位は回復過程で伸長することを認めた。23年度はAl障害・回復過程で認められる構造的な変化に酸化的ストレスが関係していることを生理学的に解明した。すなわちDH...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C), 基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 元田 弘敏
RT-PCR法を用いて伸展刺激後のyoDファミリー(MyoD、Myogenin、Myf5、MRF4)の経時的な発現量を解析した。材料は骨格筋様に分化されることが知られているラット心筋由来のH9c2(2-1)培養細胞を用いた。機械的伸展刺激は培養細胞伸展装置NS-550(スカラテック大阪)を用いた。伸縮可能なシリコン性のチャンバーの底面をコラーゲン膜でコーティングし、約70%confluenceで伸展率4%、刺激の頻度6往復/1分で15分間伸展刺激を行った。total RNAは15分間の刺激...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2011年    代表者: 平上 二九三
本研究の目的は、温熱療法の細胞学的根拠を明らかにすることである。そのために我々は、正常ヒト線維芽細胞の平面絹媒体三次元様増殖のための最適温熱量とそれを引き起こす細胞内シグナル伝達経路について研究を行った。その結果、我々は43℃で10分間の温熱刺激を与えると三次元様増殖が起こることを観察し、その時同じ温熱条件によってp38MAPKとHsp27経路が働いて三次元様増殖に寄与していることが判明した。